通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
色の歳時記 がカートに入りました
+ ¥280 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバーうすいやけ、きず、よれしわあり。包装後、都内より発送いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

色の歳時記 (日本語) 単行本 – 2011/11/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,200
¥2,200 ¥1
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 色の歳時記
  • +
  • 京都 和の色の歳時記 (楽学ブックス)
  • +
  • 王朝のかさね色辞典 (染司よしおか日本の伝統色)
総額: ¥8,250
ポイントの合計: 83pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

季節の移ろいを、植物染によるあざやかな色あいで表現―。歳時記にこめられた意味と、歴史的考察を染織史家・吉岡幸雄がつづる。本書収蔵作品全24点を吉岡幸雄氏が制作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

吉岡/幸雄
昭和21年、京都府生まれ。染織史家。早稲田大学卒業後、家業の「染司よしおか」5代目当主を継ぎ、伝統的な植物染による日本の色を国内外に向け紹介している。東大寺、薬師寺、石清水八幡宮などでの行事に用いられる造り花、衣裳、道具などを制作している。平成22年、第58回菊池寛賞受賞

小林/庸浩
昭和18年、東京都生まれ。写真家。大判のカメラで、工芸、茶の湯、料理、骨董の世界を中心に撮り続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2011/11/1
  • 単行本 : 117ページ
  • ISBN-10 : 4860293754
  • ISBN-13 : 978-4860293758
  • 出版社 : 清流出版 (2011/11/1)
  • 言語: : 日本語