通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
良心の危機 「エホバの証人」組織中枢での葛藤 がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 細かいキズあり。アンダーラインや書き込み・切り抜きはなく、本文はたいへんよい状態です(見落としの可能性あり)。帯なし。そのため「良い」としました。ゆうパケットでお送りする予定です(追跡番号あり)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


良心の危機 「エホバの証人」組織中枢での葛藤 単行本(ソフトカバー) – 2001/1/12

5つ星のうち3.9 13件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ハードカバー
¥9,119
単行本(ソフトカバー)
¥4,104
¥4,104 ¥3,592

booksPMP

2冊で最大6%(期間限定)、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大6~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 良心の危機 「エホバの証人」組織中枢での葛藤
  • +
  • よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話 (KCデラックス)
  • +
  • カルト宗教信じてました。 「エホバの証人2世」の私が25年間の信仰を捨てた理由
総額: ¥6,156
ポイントの合計: 91pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

著者からのコメント

いろいろな読み方ができる、興味深い本 レイモンド・フランズ氏は、「エホバの証人」組織内部に数十年を過ごし、その最高幹部の一員として活躍し、そして辞めた人物です。そしてこの本を書きました。こういう本は、めったにありません。

エホバの証人組織というのは、世界にざっと500万人、日本でざっと20万人の成員を有する、ちょっとした大組織です。(もちろん、ものすごいお金も動いています。実際のところ、なかなかの優良企業なのです。)自ら知りつくしたその組織について、内部の文献や実際の出来事に基づいて、淡々と語ります。

エホバの証人の教義はどのようにして作られるのか。聖書を信じるとはどういうことなのか。組織(の上層部)はなぜ腐敗するのか。そもそも信仰とは何なのか。― いろいろなことを問いかける本です。エホバの証人の皆さんや家族にエホバの証人がおられる人はもちろん、クリスチャンにとっても、一般の人々にとっても、参考になる内容です。

本書の構成は、次の通り:序論(第1章);エホバの証人組織内部での生活を回想する部分(第2-6章);特に年代予言に関する教義の成立を詳述する部分(第7-10章);組織をやめた前後経緯の回想(第11-12章);その後の心境(第13章)。聖書やキリスト教になじみの薄い方は、やたらに聖書の引用などが出てくるので閉口なさるかもしれませんが、話の本質は十分に味わって頂けることと思います。

わが国では、宗教の話題は一種のタブーです。触りたくない式の心理がまだまだ広く見られます。そんな風潮の中でこそ、「宗教はコワイ」式の安っぽい通念を越え、実感に基づく当たり前の感覚を取り戻すのが重要でしょう。本書は、人間の怖さ、団体の恐ろしさを描きつつ、またそれに気づくことのできる人間精神の健康さ、魂のしなやかさを表現した、稀有な記録です。

著者からのコメント

いろいろな読み方ができる、興味深い本 レイモンド・フランズ氏は、「エホバの証人」組織内部に数十年を過ごし、その最高幹部の一員として活躍し、そして辞めた人物です。そしてこの本を書きました。こういう本は、めったにありません。

エホバの証人組織というのは、世界にざっと500万人、日本でざっと20万人の成員を有する、ちょっとした大組織です。(もちろん、ものすごいお金も動いています。実際のところ、なかなかの優良企業なのです。)自ら知りつくしたその組織について、内部の文献や実際の出来事に基づいて、淡々と語ります。

エホバの証人の教義はどのようにして作られるのか。聖書を信じるとはどういうことなのか。組織(の上層部)はなぜ腐敗するのか。そもそも信仰とは何なのか。― いろいろなことを問いかける本です。エホバの証人の皆さんや家族にエホバの証人がおられる人はもちろん、クリスチャンにとっても、一般の人々にとっても、参考になる内容です。

本書の構成は、次の通り:序論(第1章);エホバの証人組織内部での生活を回想する部分(第2-6章);特に年代予言に関する教義の成立を詳述する部分(第7-10章);組織をやめた前後経緯の回想(第11-12章);その後の心境(第13章)。聖書やキリスト教になじみの薄い方は、やたらに聖書の引用などが出てくるので閉口なさるかもしれませんが、話の本質は十分に味わって頂けることと思います。

わが国では、宗教の話題は一種のタブーです。触りたくない式の心理がまだまだ広く見られます。そんな風潮の中でこそ、「宗教はコワイ」式の安っぽい通念を越え、実感に基づく当たり前の感覚を取り戻すのが重要でしょう。本書は、人間の怖さ、団体の恐ろしさを描きつつ、またそれに気づくことのできる人間精神の健康さ、魂のしなやかさを表現した、稀有な記録です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 492ページ
  • 出版社: せせらぎ出版 (2001/1/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4884161025
  • ISBN-13: 978-4884161026
  • 発売日: 2001/1/12
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 72,990位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
評価の数 13

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

13件のカスタマーレビュー

2011年12月17日
Amazonで購入
64人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年6月30日
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年9月25日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年10月16日
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年4月26日
Amazonで購入
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年4月7日
Amazonで購入
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年10月9日
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告

この商品のレビューをもっとご覧になりますか?