中古品:
¥1,588
お届け日 (配送料: ¥320 ): 5月20日 - 22日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 古本バカ一代
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 外観に軽いスレあり。その他は概ね良好です。お役立て下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

良寛和尚逸話選 (日本語) 単行本 – 2003/12/1

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,588
¥16,077 ¥1,568

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

子供達とかくれんぼうをして一晩中隠れていたり、まりつきや、おはじきをして遊ぶ良寛さん。泥棒に間違われて穴埋め寸前になるかと思うと、泥棒に布団や綿入れを与えて風邪をひいてしまう良寛さん。庶民や子供達とともに生き続け、今もなお愛され続ける無邪気な良寛さん。心温まる数々の逸話を集めました。

抜粋

秋の頃、良寛和尚は、子供たちとかくれんぼうをした。和尚は、刈り入れが終わって高く積まれた稾ぐまの中に隠れたが、夕暮れになり、子供達は、和尚を一人残して帰ってしまった。翌朝早く、近隣の農夫が、稾を抜こうとそこへ行くと、奥から和尚が出て来た。驚いた農夫は、「おや、良寛さま」と叫んだ。すると和尚、「黙れ、子供に見つかるではないか」と。
(本文「かくれんぼうで一夜を明かす」より)

登録情報

  • 出版社 : 禅文化研究所; 第2版 (2003/12/1)
  • 発売日 : 2003/12/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 219ページ
  • ISBN-10 : 488182189X
  • ISBN-13 : 978-4881821893
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2016年6月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入