この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

良寛さん暦 2008[カレンダー] (2008) 大型本 – 2007/10/1

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本, 2007/10/1

【対象商品が3点で20%OFF】コマンド 人気のフック・タブがまとめ買いでお買い得
※2021年5月17日(月)23:59まで >詳細はこちら
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

良寛(りょうかん)さんは1758年、越後国(新潟県)に生まれ、18歳で出家。諸国を歩き、48歳のとき越後の国上山(くがみやま)に小さな庵を結んだ。
良寛さんの漢詩・和歌は、四季の自然をおのずから反映し、飾りを排除したもの。子どもたちと手毬をつき、隠れん坊をして遊んだ良寛さんのエピソードは豊富だが、ただ純粋で天真爛漫の人ではない。苦悩と孤独を突き抜けた先の、明るさと暖かさが、書の線に息づいている。
1831年の没後、今なお「良寛さん」と親しみを持って呼ばれ、その人と書はますます敬愛されている。生誕250年記念の本カレンダー(ちなみに活字以外の総ての書き文字は、良寛さんの書によるもの)は、高級原色印刷による珠玉の名品集である。

レビュー

良寛(りょうかん)さんは1758年、越後国(新潟県)に生まれ、18歳で出家。諸国を歩き、48歳のとき越後の国上山(くがみやま)に小さな庵を結んだ。
良寛さんの漢詩・和歌は、四季の自然をおのずから反映し、飾りを排除したもの。子どもたちと手毬をつき、隠れん坊をして遊んだ良寛さんのエピソードは豊富だが、ただ純粋で天真爛漫の人ではない。苦悩と孤独を突き抜けた先の、明るさと暖かさが、書の線に息づいている。
1831年の没後、今なお「良寛さん」と親しみを持って呼ばれ、その人と書はますます敬愛されている。生誕250年記念の本カレンダー(ちなみに活字以外の総ての書き文字は、良寛さんの書によるもの)は、高級原色印刷による珠玉の名品集である。 --出版社からのコメント

登録情報

  • 出版社 : 芸術新聞社 (2007/10/1)
  • 発売日 : 2007/10/1
  • ISBN-10 : 4875861397
  • ISBN-13 : 978-4875861393
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2007年11月13日に日本でレビュー済み