中古品
¥ 610
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね状態良好です。安心のアマゾンによる梱包、発送です。年中無休。書籍送料無料です。速達、代引、コンビニ払、受取可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

船旅の愉しみ クルーズ入門 (青春新書・インテリジェンス) 新書 – 2005/8

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 348
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

時間と遊ぶ優雅な旅。客船でめぐる世界各地の名航路の感動から、人生を変えてみませんか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

米山/公啓
1952年山梨県生まれ。医学博士。専門は神経内科。臨床医として多くの患者の治療に当たりながら、エッセイ、ミステリー、実用書などの執筆から、講演、テレビ・ラジオ出演など、幅広い活動を行っている。年間1ケ月以上は世界中の船に乗ってクルーズ取材を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 218ページ
  • 出版社: 青春出版社 (2005/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4413041267
  • ISBN-13: 978-4413041263
  • 発売日: 2005/08
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 980,739位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 羽田シルバー VINE メンバー 投稿日 2008/5/19
形式: 新書
神経内科医でもあり、作家でもある著者の書いたクルーズ案内。著者のクルーズ体験に基づいたクルーズ案内になっています。クルーズ船の紹介、クルーズコースの紹介、船内の様子などが書かれています。レストランでの様子、船内アトラクションの様子、船内での過ごし方が書かれています。また、寄港地でのオプショナルツアーや、港や停泊中の過ごし方が書かれています。クルーズでの究極のぜいたくは、何もしないで、のんびりした時間を満喫し、船旅だけを楽しむというのは、クルーズ達人の名言といって良いでしょう。クルーズはあこがれではなくなり、誰でも味わえるとも言っています。クルーズに行こうと考えている人はとても参考になるし、楽しい本です。項目ごとに書かれていて、知りたいことがよくまとまっている本だとも思います。著者の多数のクルーズ経験が生かされ、肩肘はらない本だと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
昔、海外旅行は高値の花だった。
そしてLCCが浸透した現在、
飛行機は、もはや空飛ぶ高速バスになった感もある。

しかし、今の時代でも高値の花の旅行手段であるのは、海外クルーズ。
これは、何十年経っても、夢の夢。
多くの人に定着する時代は来るのだろうか? 
それくらいハードルが高いのは、まず日数の確保と、高額な旅行費用である。
この2点を併せ持つ該当者は、資産持ち=つまりリタイヤした悠々自適の、いわば“上がった”方というイメージしかない。

しかし、そんな事を言って諦めていては、多分一生行けないだろう。
そこで、著者は、自ら実践し事細かく、いろいろな世界を紹介してくれる。

本書は、旅行しながら車中の中で読むと、格別。
耽美な快楽への誘いの1冊である。

そして、こう思うのである。
「これは、クルーズに乗らねば! 生きているうちに!!」
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本を読んでクルーズに行っても良いかなと思う方は多いと思いますが実際に初めてのクルーズを計画している方には情報が不足しています。 
その意味でクルーズを夢見る方への入門書と言えます。  
出来ればこの続編として具体的な手続きとかを知りたいものです。
例えばカリブ海クルーズでは日本からはどんな経路で行くのが良くてマイアミではどんなホテルが良いのか。 前泊、後泊のホテルの決め方、過ごし方、注意する点。 乗船前の手続きをスムースにするにはインターネットでオンラインチェックインするのが便利ですがもしオンラインチェックインが済んでるのに乗船出来なかった場合はどうすれば良いのかと海外クルーズの場合は不安が一杯です。 この辺の不安に応えるような具体的計画編と言うものを出して頂ければ是非買いたいものです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告