舟を編む 通常版 [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ケース、盤面共にキレイです!こちらの商品は擦れ・汚れ防止対策としてクリスタルパックへ入れ、Amazonの倉庫で保管されており、Amazonより迅速に発送され、代引きやお急ぎ便などの発送オプションをご利用可能です。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,799
通常配送無料 詳細
発売元: ヒカリ商事
カートに入れる
¥ 3,922
通常配送無料 詳細
発売元: オンラインショップセロー
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

舟を編む 通常版 [DVD]

5つ星のうち 4.3 184件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,131 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 973 (24%)
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 3,131より 中古品の出品:5¥ 2,149より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ舟を編む¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 舟を編む 通常版 [DVD]
  • +
  • 舟を編む (光文社文庫)
総額: ¥3,801
ポイントの合計: 61pt (2%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 松田龍平, 宮崎あおい, オダギリジョー, 黒木華, 渡辺美佐子
  • 監督: 石井裕也
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2013/11/08
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 184件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00E8F42HK
  • JAN: 4988105067707
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 17,918位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【2012年本屋大賞 第1位! 三浦しをんのベストセラー映画化】
掲載見出し語:24万語 編集方針:「今を生きる辞書」 完成までの期間:なんと"15年"!
マジメって、面白い。 辞書【舟】を編集する【編む】人たちの感動エンタテインメント!


■2012年本屋大賞第1位! 年間ベストセラー第1位! 原作は三浦しをんのベストセラー小説!
原作は「まほろ駅前多田便利軒」で第135回直木賞を受賞した、三浦しをんの傑作小説「舟を編む」。2012年本屋大賞第1位、年間ベストセラー(文芸書)第1位、発行部数は累計72万部突破の話題作!

■劇場ヒット! 今、辞書が熱い! 言葉と人への愛を謳う、感動エンタテインメント!
興行収入8億円を突破し、劇場ヒット! 名立たる作品の中、2012年度NO.1の呼び声も高い。 山田洋次監督は「このような映画がヒットしてくれれば日本映画は安心だ。松田龍平君がすばらしい。」とコメント! 人と人との思いをつなぐ“言葉"というものを整理し、意味を示し、もっともふさわしい形で使えるようにするもの―辞書。辞書という【舟】を、編集する=【編む】、ある出版社の編集部の物語。24万語におよぶ言葉の海に奮闘する新人編集部員・馬締光也とその同僚たちの姿、そして、馬締が暮らす下宿屋の孫娘・林香具矢に初めて感じたある思いを、なんとか“言葉"にし伝えようとする、もどかしくも微笑ましいやりとりを描く。誰かに思いを伝えたい、つながりたい――“言葉"という絆を得て、それぞれの人生が優しく編みあげられていく!

■松田龍平(『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』、『まほろ駅前多田便利軒』「あまちゃん」)&宮崎あおい(『わが母の記』、『ツレがうつになりまして。』)出演!
オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草薫、小林薫、加藤剛ら、日本映画界を代表する錚々たる演技派キャストが豪華共演!

■『川の底からこんにちは』、『ハラがコレなんで』の若き俊英・石井裕也監督作!
国内外から注目を集め、これからの日本映画界を担う石井裕也監督作。2014年には妻夫木聡主演『ぼくたちの家族』のメガホンもとる。とりまくスタッフは、精鋭のベテラン勢!


<ストーリー>
出版社・玄武書房に勤める馬締光也(まじめ みつや)は、営業部で変わり者として持て余されていたが、言葉に対する天才的なセンスを見出され、辞書編集部に異動になる。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」――見出し語は24万語。完成まで15年。編集方針は「今を生きる辞書」。個性派ぞろいの辞書編集部の中で、馬締は辞書編纂(へんさん)の世界に没頭する。 そんなある日、出会った運命の女性。しかし言葉のプロでありながら、馬締は彼女に気持ちを伝えるにふさわしい言葉がみつからない。問題が山積みの辞書編集部。果たして「大渡海」は完成するのか?馬締の思いは伝わるのだろうか?


<映像特典>
・予告編集(特報・予告・TVスポット)

※商品仕様、特典などは変更になる場合があります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

松田龍平、宮●崎あおいの共演で、三浦しをんの同名小説を映画化した感動ドラマ。出版社勤務の馬締光也は言葉に対する天才的なセンスを見出され、辞書編集部に異動になる。個性派揃いの辞書編集部の中で、馬締は辞書編纂の世界に没頭していく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
良い映画でした。悪人も登場しませんし、ライバルや劇的な展開もありません。
しかし映画そのもの構成と、淡々と仕事に打ち込む主人公の姿がとてもマッチしており、それが良い味を出しているように感じました。
後半にはアツさが加わり引き込まれます。現実はフィクション通りにはいかないでしょうが、仕事に打ち込むという姿は本来格好良いのだと、
楽をするのがよしという昨今の風潮に対するメッセージと受け取れました。
私事ですが、「作り手」を強く考えさせられたせいか、Primeビデオでは初めてエンドロールをちゃんと観ました笑 

ところで宮崎あおいがパッケージに大きく出ており、また作品紹介を読むと恋愛の話が主題の一つかと思いますが、そこまで押されてはいません。
とはいえ、これまたprimeで観た「ツレが鬱になりまして」に続き良妻ですねー^ ^
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
松田龍平演じる主人公は、一歩間違うと普通の幸せすら手にすることが難しそうなキャラクター。
コミュニケーション能力が著しく低く、不器用で何だか冴えない。
でも、あきれるほど実直で責任感が強く、ひとつ没頭できるものを持っている。

そんな一人の男が、辞書編纂という、本人にとっては天職とも言える仕事に偶然にも出会い、使命感を燃やす。
ささやかではあるけど仕事を通じて魂と魂が触れ合うような出会いを経験し、小さいながらも自分の居場所もできて、
気の遠くなるような編纂作業とともに、少しずつ本当に少しずつ、作業と同じような歩みでゆっくり成長していく。

すべてがどこかこぢんまりとしていて、一見するとあまりにも地味な人生なのですが、
でも、一本筋が通っていて、理解してくれる人にも恵まれ、好きな仕事を通して成長している……
結局のところ、「この人、本物の幸せを手に入れてるんだな」と強く感じました。
そもそも、一生を捧げてもいいと言い切れる仕事があるだけでも稀なことなのに、さらにその仕事に就くことができる人がどのくらいいるのでしょうか?

視点がずれているかもしれませんが、私にとってこの映画は、辞書の編纂作業の大変さその価値云々よりも、
時代のギリギリのところで運
...続きを読む ›
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「新しい発想の辞書」をつくるという作業。まるで小さな舟で大海に漕ぎ出すような大仕事。その気の遠くなるような事業をやり遂げようとする人々の静かな熱意と絆。そういうものをゆったりと、ていねいに描いた、とても美しい日本映画です。

90年代の東京で始まります。けれど舞台はまるで昭和中期のような独身者寮。ねじまきの古時計やレトロな階段。そしてこれも古っぽい出版社の辞書編集室のアナログな空気。背景には素朴に流れるピアノの調べと、ときおり小舟が漂う海をイメージするかのような波音。みているうちとても懐かしいような、ノスタルジックな情感に包まれていってしまいました。

キャステイングが抜群とおもいます。極端に不器用だが、辞書制作の事業で真価を発揮する主人公「みっちゃん」役に松田龍平さん。すばらしい熱演、好演です。そのやんちゃな先輩役のオダギリジョーさん、存在感を発揮してハマリ役とおもいます。特にネタバレになるので具体的には書きませんが泣かせてくれる場面があり、お見事、快演とおもいました。そしてみっちゃんを支えるパートナー「かぐやさん」役、宮崎あおいさんが大変素晴らしいです。宮崎さんのシンプルでおちついた演技がこの映画に大きな安定感を与えたとおもいます。文句なしの好演です。最後に辞書作成の総指導者役、大ベテラン加藤剛さん。重厚な演技でこの作品の風韻を高めたよう
...続きを読む ›
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/1/2
形式: DVD
素晴らしい映画でした。
「良かった」といろんな人から聞かされていて、少し眉に唾して見ましたが、やっぱり良かったです。
この映画を見て感じましたのは、良い仕事に巡り合った時人は幸福になる、ということです。
『舟を編む』は、辞書編纂の様子を描いた作品です。
日頃、当たり前のように使っている辞書の背後にこれ程のご苦労が備わっていたとは正直驚きでした。
15年懸って作り上げる辞書は、出版まで漕ぎ着くのが大変ですし、編集者がすっかり入れ替わってしまいます。
これ程の時間と手間暇がかかれば会社の中では日の目も見ませんし変わり者の集団と見られがちです。
生き馬の目を抜く出版業界の喧騒とはかけ離れた場所で、辞書編纂は黙々と続けられています。
なぜ、それができるのか?
それはやはりその仕事が好きだという人たちが情熱を傾けているのですね。
生きてゆく上で、好きな仕事と職場に巡り合えることがどんなに素晴らしいことか、と思いました。
たくさんのお金を稼ぐことばかり考えがちですが、その仕事を自分が本当に好きかどうか、という視点でも見なければならないですね。
特に、これから就職をしようという若い人にお勧めです。
松田龍平さんが主演ですが、共演の人たちが素晴らしいです。
加藤剛さん、小林薫さん、オダギリ・ジョーさん。
映画の醍醐味を味わえる、通好みの映画でもあると思います。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す