舟を編む 通常版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,799
通常配送無料 詳細
発売元: ヒカリ商事
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

舟を編む 通常版 [DVD]

5つ星のうち 4.3 197件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 3,175より 中古品の出品:11¥ 1,000より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ舟を編む¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 舟を編む 通常版 [DVD]
  • +
  • 舟を編む (光文社文庫)
総額: ¥3,845
ポイントの合計: 22pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 松田龍平, 宮崎あおい, オダギリジョー, 黒木華, 渡辺美佐子
  • 監督: 石井裕也
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2013/11/08
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 197件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00E8F42HK
  • JAN: 4988105067707
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 32,980位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【2012年本屋大賞 第1位! 三浦しをんのベストセラー映画化】
掲載見出し語:24万語 編集方針:「今を生きる辞書」 完成までの期間:なんと"15年"!
マジメって、面白い。 辞書【舟】を編集する【編む】人たちの感動エンタテインメント!


■2012年本屋大賞第1位! 年間ベストセラー第1位! 原作は三浦しをんのベストセラー小説!
原作は「まほろ駅前多田便利軒」で第135回直木賞を受賞した、三浦しをんの傑作小説「舟を編む」。2012年本屋大賞第1位、年間ベストセラー(文芸書)第1位、発行部数は累計72万部突破の話題作!

■劇場ヒット! 今、辞書が熱い! 言葉と人への愛を謳う、感動エンタテインメント!
興行収入8億円を突破し、劇場ヒット! 名立たる作品の中、2012年度NO.1の呼び声も高い。 山田洋次監督は「このような映画がヒットしてくれれば日本映画は安心だ。松田龍平君がすばらしい。」とコメント! 人と人との思いをつなぐ“言葉"というものを整理し、意味を示し、もっともふさわしい形で使えるようにするもの―辞書。辞書という【舟】を、編集する=【編む】、ある出版社の編集部の物語。24万語におよぶ言葉の海に奮闘する新人編集部員・馬締光也とその同僚たちの姿、そして、馬締が暮らす下宿屋の孫娘・林香具矢に初めて感じたある思いを、なんとか“言葉"にし伝えようとする、もどかしくも微笑ましいやりとりを描く。誰かに思いを伝えたい、つながりたい――“言葉"という絆を得て、それぞれの人生が優しく編みあげられていく!

■松田龍平(『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』、『まほろ駅前多田便利軒』「あまちゃん」)&宮崎あおい(『わが母の記』、『ツレがうつになりまして。』)出演!
オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草薫、小林薫、加藤剛ら、日本映画界を代表する錚々たる演技派キャストが豪華共演!

■『川の底からこんにちは』、『ハラがコレなんで』の若き俊英・石井裕也監督作!
国内外から注目を集め、これからの日本映画界を担う石井裕也監督作。2014年には妻夫木聡主演『ぼくたちの家族』のメガホンもとる。とりまくスタッフは、精鋭のベテラン勢!


<ストーリー>
出版社・玄武書房に勤める馬締光也(まじめ みつや)は、営業部で変わり者として持て余されていたが、言葉に対する天才的なセンスを見出され、辞書編集部に異動になる。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」――見出し語は24万語。完成まで15年。編集方針は「今を生きる辞書」。個性派ぞろいの辞書編集部の中で、馬締は辞書編纂(へんさん)の世界に没頭する。 そんなある日、出会った運命の女性。しかし言葉のプロでありながら、馬締は彼女に気持ちを伝えるにふさわしい言葉がみつからない。問題が山積みの辞書編集部。果たして「大渡海」は完成するのか?馬締の思いは伝わるのだろうか?


<映像特典>
・予告編集(特報・予告・TVスポット)

※商品仕様、特典などは変更になる場合があります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

松田龍平、宮●崎あおいの共演で、三浦しをんの同名小説を映画化した感動ドラマ。出版社勤務の馬締光也は言葉に対する天才的なセンスを見出され、辞書編集部に異動になる。個性派揃いの辞書編集部の中で、馬締は辞書編纂の世界に没頭していく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
自分は学生時代よくお世話になっていたのが辞書でしたが、考えてみればあの薄い紙に何万という単語が収録されてて、作るのに時間が掛からないわけがないんですが、まさかこんなに時間のかかるものとは想像したこともありませんでした。
マジメくんの性格にとても共感出来る。ずっと敬語でいるのも最初から集中して観ていれば納得できると思います。
悪く言えば退屈かもしれませんが、この作品はドラマチックさとかそういうものを求めるものではないので、刻々と時間が刻まれるように積み重ねられていくのが、とても心穏やかに観れました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
私は過去にテキストの編集を担当したことがあり、見出し語の抜けが発覚したシーンでは担当時代を思い出してしまい、背筋に鳥肌が立つほどの怖さを感じました。そうなんですよ、抜けなんて許されないんですよ。でも、校了日もずらせないんですよ。あぁ、怖い。
配役もテンポもよくて、最初から最後まで楽しめます。オススメです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
まじめさんの間に耐えられなくなりそうな瞬間はたくさんあったけど、他の登場人物がカバーしつつ物語としてはとても良かった。
地味だけど情熱的な作品で自分の軽薄さが嫌になるほどだった。
なにかに打ち込むってすごい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
当初はからかいのネタでしかなかった真面目の言葉が、漕ぎ進めるにつれて意味を変える。
画面の中で命を宿し周囲で支える役者さんに負けじと、マジメくんを応援したくなる。
そんな暖かさで詰まった本作が、今の世に生まれ共感されるのはなんだか誇らしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
リズムは淡々と、静かな映画。ただ、なぜか引き込まれてしまういい映画です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
映画も原作も読んだ。大好きです。
これがあれば、いつでも、見られる!安かった
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
良い映画でした。悪人も登場しませんし、ライバルや劇的な展開もありません。
しかし映画そのもの構成と、淡々と仕事に打ち込む主人公の姿がとてもマッチしており、それが良い味を出しているように感じました。
後半にはアツさが加わり引き込まれます。現実はフィクション通りにはいかないでしょうが、仕事に打ち込むという姿は本来格好良いのだと、
楽をするのがよしという昨今の風潮に対するメッセージと受け取れました。
私事ですが、「作り手」を強く考えさせられたせいか、Primeビデオでは初めてエンドロールをちゃんと観ました笑 

ところで宮崎あおいがパッケージに大きく出ており、また作品紹介を読むと恋愛の話が主題の一つかと思いますが、そこまで押されてはいません。
とはいえ、これまたprimeで観た「ツレが鬱になりまして」に続き良妻ですねー^ ^
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
辞書編集といういかにも地味な仕事に、真摯に向き合うその姿が神々しかった。
”大渡海”と命名されたその辞書は、言葉の海を渡るために作られるのだけれども、
その制作に取り組む人にとっては、世界の海を渡るほどの執念と努力がなければ
成し遂げられないだけのプロジェクトなのだと思い知らされた。
仕事は見かけではなく、取り組む人の気持ち次第で全く違う世界を生む出すのだと感じさせれた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
継続は力なり。

主人公、馬締光也(まじめ みつや)の経験を通じて、
たくさんの人々の協力を得ながら、一つの偉業を成し遂げる事への情熱や信念を、
擬似体験し学べます。

馬締自身も、新しい辞書 大渡海 を作る日々のなかで、消極的だった性格が積極的
に変わって行きます。

言葉の海を渡る舟。大渡海。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
子どものころ、辞書がとても好きでした。その辞書の制作過程を拝見し、時代とともに変遷し続ける言葉を「辞書」として編纂することの難しさと努力を感じることのできる映画です。いつぞや、どこかで観たか?読んだか?失念しましたが、古代エジプトにも若者の言葉の乱れを嘆いている石版があったように記憶しています。時代とともに変遷し続ける言葉を丁寧に捉えて「辞書」とする淡々とはしていますが、真摯な姿勢が素敵だと感じた映画です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。dvd 邦画

関連商品を探す