舟を編む 通常版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【国内正規品】レンタル中古品でしたが、 新品のケースに交換済です。 (ディスクについて)再生に問題はありません。 内容は、新品ケース1枚、DVD1枚です。(内容物は写真でも確認できます) レンタル中古品の為、 多少のキズや、ディスク、ジャケットに管理シールが貼って有ります。 (傷み防止の為、防水包装+プチプチ包装で保管しています) 「発送について」 AMAZON配送センター管理の為  品切れがなく、すぐに発送します! (注文完了後、通常24時間以内) コンビニ受け取りも対応しています。 「支払いについて」 代金引換、お急ぎ便、コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネー払いも可能です。 【プレゼント対応】 ギフト包装、ギフトメッセージにも 対応しています。 「お問合せ」 万が一、違う商品が届いたり、 不具合等ございましたら、 評価される前に、 ご連絡ください。 迅速に返品、返金などの対応をさせていただきます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,799
通常配送無料 詳細
発売元: ヒカリ商事
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

舟を編む 通常版 [DVD]

5つ星のうち 4.3 189件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 3,175より 中古品の出品:6¥ 2,146より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ舟を編む¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 舟を編む 通常版 [DVD]
  • +
  • 舟を編む (光文社文庫)
総額: ¥3,845
ポイントの合計: 22pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 松田龍平, 宮崎あおい, オダギリジョー, 黒木華, 渡辺美佐子
  • 監督: 石井裕也
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2013/11/08
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 189件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00E8F42HK
  • JAN: 4988105067707
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 28,656位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【2012年本屋大賞 第1位! 三浦しをんのベストセラー映画化】
掲載見出し語:24万語 編集方針:「今を生きる辞書」 完成までの期間:なんと"15年"!
マジメって、面白い。 辞書【舟】を編集する【編む】人たちの感動エンタテインメント!


■2012年本屋大賞第1位! 年間ベストセラー第1位! 原作は三浦しをんのベストセラー小説!
原作は「まほろ駅前多田便利軒」で第135回直木賞を受賞した、三浦しをんの傑作小説「舟を編む」。2012年本屋大賞第1位、年間ベストセラー(文芸書)第1位、発行部数は累計72万部突破の話題作!

■劇場ヒット! 今、辞書が熱い! 言葉と人への愛を謳う、感動エンタテインメント!
興行収入8億円を突破し、劇場ヒット! 名立たる作品の中、2012年度NO.1の呼び声も高い。 山田洋次監督は「このような映画がヒットしてくれれば日本映画は安心だ。松田龍平君がすばらしい。」とコメント! 人と人との思いをつなぐ“言葉"というものを整理し、意味を示し、もっともふさわしい形で使えるようにするもの―辞書。辞書という【舟】を、編集する=【編む】、ある出版社の編集部の物語。24万語におよぶ言葉の海に奮闘する新人編集部員・馬締光也とその同僚たちの姿、そして、馬締が暮らす下宿屋の孫娘・林香具矢に初めて感じたある思いを、なんとか“言葉"にし伝えようとする、もどかしくも微笑ましいやりとりを描く。誰かに思いを伝えたい、つながりたい――“言葉"という絆を得て、それぞれの人生が優しく編みあげられていく!

■松田龍平(『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』、『まほろ駅前多田便利軒』「あまちゃん」)&宮崎あおい(『わが母の記』、『ツレがうつになりまして。』)出演!
オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草薫、小林薫、加藤剛ら、日本映画界を代表する錚々たる演技派キャストが豪華共演!

■『川の底からこんにちは』、『ハラがコレなんで』の若き俊英・石井裕也監督作!
国内外から注目を集め、これからの日本映画界を担う石井裕也監督作。2014年には妻夫木聡主演『ぼくたちの家族』のメガホンもとる。とりまくスタッフは、精鋭のベテラン勢!


<ストーリー>
出版社・玄武書房に勤める馬締光也(まじめ みつや)は、営業部で変わり者として持て余されていたが、言葉に対する天才的なセンスを見出され、辞書編集部に異動になる。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」――見出し語は24万語。完成まで15年。編集方針は「今を生きる辞書」。個性派ぞろいの辞書編集部の中で、馬締は辞書編纂(へんさん)の世界に没頭する。 そんなある日、出会った運命の女性。しかし言葉のプロでありながら、馬締は彼女に気持ちを伝えるにふさわしい言葉がみつからない。問題が山積みの辞書編集部。果たして「大渡海」は完成するのか?馬締の思いは伝わるのだろうか?


<映像特典>
・予告編集(特報・予告・TVスポット)

※商品仕様、特典などは変更になる場合があります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

松田龍平、宮●崎あおいの共演で、三浦しをんの同名小説を映画化した感動ドラマ。出版社勤務の馬締光也は言葉に対する天才的なセンスを見出され、辞書編集部に異動になる。個性派揃いの辞書編集部の中で、馬締は辞書編纂の世界に没頭していく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
良い映画でした。悪人も登場しませんし、ライバルや劇的な展開もありません。
しかし映画そのもの構成と、淡々と仕事に打ち込む主人公の姿がとてもマッチしており、それが良い味を出しているように感じました。
後半にはアツさが加わり引き込まれます。現実はフィクション通りにはいかないでしょうが、仕事に打ち込むという姿は本来格好良いのだと、
楽をするのがよしという昨今の風潮に対するメッセージと受け取れました。
私事ですが、「作り手」を強く考えさせられたせいか、Primeビデオでは初めてエンドロールをちゃんと観ました笑 

ところで宮崎あおいがパッケージに大きく出ており、また作品紹介を読むと恋愛の話が主題の一つかと思いますが、そこまで押されてはいません。
とはいえ、これまたprimeで観た「ツレが鬱になりまして」に続き良妻ですねー^ ^
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
私は過去にテキストの編集を担当したことがあり、見出し語の抜けが発覚したシーンでは担当時代を思い出してしまい、背筋に鳥肌が立つほどの怖さを感じました。そうなんですよ、抜けなんて許されないんですよ。でも、校了日もずらせないんですよ。あぁ、怖い。
配役もテンポもよくて、最初から最後まで楽しめます。オススメです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
当初はからかいのネタでしかなかった真面目の言葉が、漕ぎ進めるにつれて意味を変える。
画面の中で命を宿し周囲で支える役者さんに負けじと、マジメくんを応援したくなる。
そんな暖かさで詰まった本作が、今の世に生まれ共感されるのはなんだか誇らしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
最近になって、ついに文庫版が出た、原作小説の映画化。

原作を読んでから映画を鑑賞しても良し、映画では扱い切れなかった内容を原作で堪能するのも良し、という“双方向OK”の作品です。

言葉の大海を渡る舟を編む「今を生きる辞書」、という本作のテーマ自体がお好きな方には、そのコンセプトをじっくりと楽しめる、特典映像つきのDVD2枚組(「豪華版DVD・初回限定生産」で検索)をお薦めします。

●ヴィジュアルに浮かび上がってこなかった小説の登場人物たちが、選り抜きの俳優どうしの“化学反応”によって、みごとによみがえってくるのが、楽しいです。私の場合、このDVDはもう十回くらいはみているが、その理由を考えてみると、2組の男女のイイ雰囲気を眺めるのが、わけもなくうれしい、ということがあるかと思います。

その名字のとおり、生真面目な“まじめ(馬締光也)くん”(松田龍平)と、板前修業に邁進する林香具矢さん(宮﨑あおい)の、いちずな生き方。下宿のタケおばあさん(渡辺美佐子)、玄武書房・辞書編集部の松本朋佑先生(加藤剛)と佐々木薫さん(伊佐山ひろ子)たちが後押しする恋の行方が、微笑ましいです。

その一方で、軽薄そうだが、人を傷つけるような人柄ではない、気配り上手な西岡正志(オダギリジョー)と、営業部
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
宮崎あおい見たさに、この作品に期待する人へ(ネタバレは含みませんのでご安心を)。

・残念ながら、宮崎あおいさんは、開始37分まで出てきません。
・ジャケット写真や作品の紹介文では、まるで映画の半分くらいが主人公と香具矢(宮崎あおい)との
 恋愛話のように思わせていますが、それはほとんどサギといえるレベル。
 この作品は9割方「辞書作り」の話で、宮崎あおいは1割程度しか出ません。
・しかも残念なことに、香具矢(宮崎あおい)の存在は、本筋にほとんど影響を与えていません。
 せいぜい、主人公の(性格の変化や人間的成長ではなく)ただ「性格の描写の1エピソード」くらいです。
・しかしながら! それでも宮崎あおいの演技は、さすがです!
 登場場面は少ないですが、「これぞ宮崎あおい!」と思えます。だから観ても損はありません。
・最後の最後にもう一度登場しますが、それがまた非常に良い! ぜひ最後まで観ましょう!

以下、映画そのものの感想(多少のネタバレを含みます)。

かなり高評価が多いようですが、私はどうしてもそう思えませんでした。

・あまり指摘する人がいないようですが、そもそも「大渡海」という辞書名があり得ない。
 大い
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す