通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
舞妓の言葉――京都花街、人育ての極意 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★★☆カバー上部にヨレ折れ、1ページ角折れ等の多少の使用感はございますが、その他は概ねきれいな状態です。【帯有り】◆アルコール除菌クリーニング済!記載のない場合には、基本的に帯・ハガキ・チラシ等につきましては付属していないとお考え下さい。(当店では帯・ハガキ・チラシ等については広告と判断しておりますので、商品の一部とは認識をしておりません。帯の有無や使用感などにつきましてもご了承下さい。なお、ディスク等の付属品につきましては必ず有無は記載させて頂いております。)◆通常24時間以内に配送業者(日本郵便)に出荷致しまして、配送となります。迅速丁寧な対応を心掛けております。※ご注文の際は再度、住所(マンション・アパート名・部屋番号等)氏名(配達可能なお名前でお願い致します)のご確認をお願い致します。◆当店より出荷後、あて先不明・不備・相違・保管期間経過等の理由により、商品が返戻された場合は、キャンセル処理の手続きを行わせていただき、全額より送料と手数料を差し引いた金額のご返金となりますのでご了承下さい。(お客様のご都合による返品も同様の返金処理をさせて頂きます)◆あくまでも、中古品という事をご理解の上ご購入下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

舞妓の言葉――京都花街、人育ての極意 単行本 – 2012/10/19

5つ星のうち 4.9 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 243
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 舞妓の言葉――京都花街、人育ての極意
  • +
  • おもてなしの仕組み - 京都花街に学ぶマネジメント (中公文庫)
  • +
  • 京都花街の経営学
総額: ¥4,048
ポイントの合計: 123pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

少女が舞妓(プロ)になる瞬間、
彼女たちはどんな言葉を発し、
どんな言葉をかけられるのか――

折れることなく自分を勇気づけ、
舞い上がることなく自分を見つめ、
周囲との関係性に配慮できる、
しなやかな「心の芯」を作るための珠玉の教えを、
350年の伝統が育んだ言葉に込めて紹介する。

著者からのメッセージ
いつの時代も若者は、未経験で、未熟で、自信もない。
でも、ひたむきさを持って取り組んでいることを認めてほしいと願っています。
350年続く伝統産業である「京都花街」が、現代の10代半ばの少女たちを
舞妓さんというプロフェッショナルに育成できる秘密は、
伝統文化や人材育成の仕組みとともに、自分の経験や周囲の関係性を大切にしながら
自律的なキャリア形成をうながす、「言葉の力」にもあるのではないかと思います。

内容(「BOOK」データベースより)

心の中に、しなやかな「芯」を作る言葉。折れることなく自分を勇気づけ、舞い上がることなく自分を見つめ、周囲にも配慮して良い関係性を作るための教えとは―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 160ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2012/10/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492044795
  • ISBN-13: 978-4492044797
  • 発売日: 2012/10/19
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 149,887位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
本書は、中学を出たばかりの少女を、舞妓というおもてなしのプロフェッショナルに育成するプロセスを、象徴的な言葉で綴りながら、丁寧に解説しています。

実際に行われている人材育成の現場が、丹念なフィールドワークに基づき精緻に解説されており、これほど実践的な内容は、類書に例を見ません。
数多の人材育成本のように、ロジック(もしくは著者の考え方)の解説のあとに、具体例がいくつか紹介されているのとは訳が違います。1冊丸ごと、実例といってもよい内容です。折々に挿入されている美しい写真ともあいまって、現場の雰囲気や臨場感がよく伝わってきます。

また、人材育成と言えば、最近は「ほめる」系が流行のようですが、本書に出てくる言葉には、どちらかというと「叱る」系、「諭す」系が多く含まれています。
そして、その前提として、「叱られる、諭されることは、自分のためになる」ということを理解させ、「教せてもらう用意」が大切と説いています。
ほめて伸ばすだけでも、単に叱るだけでもない、「教える」側だけでなく「教わる」側に準備が必要、という視点を明確に示していることだけでも、「教える」ことばかりに紙幅を割く類書とは一線を画しています。

専門性の高い仕事をしている方、部下や後輩がなかなか育たないと悩んでいる方には、ぜひ一読をお
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 シュタインバッハ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/3/15
形式: 単行本 Amazonで購入
amazonのこの本の写真(表紙に赤い花の絵)を見て、装幀に舞妓さんがどうして出てこないのだろうかと思いつつ注文したら、
届いた本にはこの赤い花の絵の上に綺麗な舞妓さんの写真が別カバーで付いていました。大満足の美しい装幀です。
そして内容。西尾久美子先生は京都の花街(かがい)の伝統をアカデミックに研究していらっしゃる学者さんです。
でも衒学的な世界に陥らずに、舞妓の美しい世界観が正確な言葉で描写されています。私も長く京都に住んでいましたが、京都の花街に通い詰めて取材しなければ書けない内容に大満足です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
成果主義という言葉が流行して、それを採用した日本企業で成功したところは本当にあるのだろうか?

京都花街での人材育成に関して著者は論文をふくめて調査結果の公表をきちんとしておられるが、その調査の一環としての本書は、人育てに時間がかかること、その意味を学習者に理解してもらえなくても、ある「ヤマ」をこえると自然と納得できるときがくることの証言集としてまとめられている。

 まわりまわって自分のため、自分の拠って立つ業界のためというのは、まかり間違えば「ムラ社会」として非難を浴びることもあるだろうが、時代に合わせて変化し続けている京都という不思議な土地柄の片りんを本書は醸し出していると思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書ほど『女性の品格』という言葉が似合う本はない!

350年の伝統がはぐくんだ礼儀作法などが、芸舞妓さんの「品格」をつくっている。
それは誇りでもあり、謙虚さとなってあらわれている。

「一生、一人前にはなれへんのどす」

このようなことを言える二十歳前後の女性が(女性だけでなく男性も)、この京の花街のほかにいるだろうか。

今の時代、その辺の大学を出て自分でお金を稼ぐようになったら「一人前」のような顔をしている人が多いが、それは男女問わず傲慢だ。
そのような傲慢さを持たない彼女たちの姿勢が記してある本書は、新入社員だけでなく、初心を忘れないよう、役職に就いた中年の方々、定年退職間際の初老の方々も読んで、今一度、兜の緒を締め直した方が良い。

150ページくらいで、綺麗な芸舞妓さんの写真もあるので、文字数は大したことはない。
是非とも多くの人に読んでもらいたいと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 舞妓研究は著者の独壇場だ。舞妓の研究をとおして、人材育成やキャリア形成の仕組みを考えるユニークな書。
 
 企業では徒弟制は過去のものとなり、今では高学歴者を採用し、組織的に育成するのが当たり前になっている。しかし、そのようにして育成しても短期間のうちに離職したり、いつまでも自立できなかったりで、決して満足な成果をあげているとはいえない。
 舞妓の世界は大相撲や古典芸能などと同じように、中学出たての子に技能を教えながら、並行して一人前の大人に育ててゆく。だからこそ、技能はもとより職業人としての姿勢や生き方が体にしみこんでいくのだろう。企業のなかでも、このような育成方法が必要な部分はまだ残っているはずだ。もしかすると、枢要な部分にそれが必要かもしれない。
 人材育成、キャリア形成についてもう一度考え直すきっかけを与えてくれる。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー