この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

舞台「夜は短し歩けよ乙女」 [DVD]

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 田中美保, 渡部豪太, ベンガル, 辺見えみり, 綾田俊樹
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日 2009/10/28
  • 時間: 134 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002NDT3DM
  • JAN: 4988001208006
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 83,557位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

●2007年本屋大賞第2位となった人気作品を、渡部豪太、田中美保主演で舞台化。
●京都を舞台にした、“先輩”と“黒髪の乙女”の不思議でキュートな恋物語。

2007年本屋大賞第2位、第20回山本周五郎賞受賞。森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」を、劇団桟敷童子主宰 東憲司演出で舞台化。2009年4月から全国5都市、全22公演で1万人以上を動員した。出演は、「黒髪の乙女」に今回が初舞台となる人気モデルの田中美保、「先輩」に渡部豪太ほか、ベンガル、辺見えみりなど多彩なキャストたちが集結。京都を舞台にしたキュートな恋物語!

後輩の「黒髪の乙女」に片思いしてしまった「先輩」。吉田神社、出町柳駅、百万遍交差点、銀閣寺、哲学の道、京都の様々な場所で「先輩」は周到に偶然の出会いを演出しようとするものの、天真爛漫な「黒髪の乙女」のほうは、微笑みながら「あ、先輩、奇遇です!」。一歩も前進することのない2人の関係。ましてやさまざまな奇奇怪怪な面々との出会いが、事態を「珍」な方向に…。

原作:森見登美彦
脚本・演出:東憲司
出演:田中美保、渡部豪太、ベンガル、辺見えみり、綾田俊樹、西村直人、高山都、宮菜穂子、原口健太郎、板垣桃子

収録日/2009年4月8日
収録場所/東京 東京グローブ座

2009年作品 約134分収録
片面2層,チャプター有,メニュー画面
カラー/16:9
音声 ステレオ/ドルビーデジタル

内容(「Oricon」データベースより)

2007年本屋大賞第2位となった森見登美彦原作の京都を舞台にしたキュートな恋物語を、田中美保、渡部豪太主演で舞台化。後輩の黒髪の乙女に片思いをしてしまった先輩。吉田神社、出町柳駅、百万遍交差点、銀閣寺、哲学の道、京都の様々な場所で先輩は周到に偶然の出会いを演出しようとするものの、一歩も前進することのない2人の関係。そして様々な奇奇怪怪な面々との出会いが、事態を珍な方向に…。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
正直舞台版は駄作です。
気になる方は、小説と同名の別作品程度と覚悟された方が良いかと。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作に準じた作りはいい。まさか4章全部演じるとは思わなかった。
原作を知っていれば没頭できるだろう。
しかし飽くまで「原作を知っていれば」だ。
そうでなければ荒唐無稽なファンタジー劇になってしまうかも知れないし、無理に舞台化した感も湧いてしまうだろう。
けれども、総じてよくできている。原作を知らずとも楽しめるほどに。
主人公「私」なぞ、明らかにモデルより年かさだが、童貞理想主義者らしくて好感が持てる。登場人物もなべて好ましい。
しかし、
だがしかし、
肝心の「黒髪の乙女」が微妙に黒髪でないのはどうか。
ライトの当たり具合ではやや茶色に映るし、もとより余りにカツラ過ぎる。
あまつさえ、他の役者に較べて明らかにカラ元気でセリフをカラカラと叫ぶばかり。
彼女に演技はまるでない。原作から膨らんだ他者に較べて台本通り。
原作のような天真爛漫な萌え少女ではなく、単なる不思議ちゃんになっている。
それだけが残念だ。
この物語は乙女が主体なので、それが主人公に夢想させるほど魅力的な存在あるいは演技でないと、興醒めしてしまう。なぜ彼は彼女にこれまで夢中になるのか、わからなくなってしまう。
万人の絶対的な存在などありやしないが、
せめて、黒髪の
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
公演後のトークショーにて主演の田中美保に対して

「恋人にするなら誰がいいですか?

 結婚するなら誰がいいですか?」という質問がされたそうです。

もちろん(?)その答えは「先輩」ではない!!

では、それぞれ誰を田中美保は選んだのか?

この答えから、日本浪漫派の系譜に森見登美雄を位置づけ

大伴家持以降の日本文学を

「萌え」系とそれ以外の2系統に分類してしまう解説に興味がある方は

浅羽通明氏発行の流行神241号を。

昭和三十年代主義―もう成長しない日本
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す