通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
興亡の世界史 モンゴル帝国と長いその後 (講談社学... がカートに入りました
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【ステータス:古書・初版・帯付き・状態経年相応】通販限定在庫なので、注文後キャンセルはございません。 中古品のため商品は相応の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。ステータス欄に古書との表記がある場合は、経年相応のダメージがある上での評価となります。その他状態につきましてはAmazonコンディションガイドラインに準拠致しますのでご確認をお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


興亡の世界史 モンゴル帝国と長いその後 (講談社学術文庫) 文庫 – 2016/4/12

5つ星のうち3.9 11個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
文庫
¥1,265
¥1,265 ¥800

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 興亡の世界史 モンゴル帝国と長いその後 (講談社学術文庫)
  • +
  • 興亡の世界史 オスマン帝国500年の平和 (講談社学術文庫)
  • +
  • 興亡の世界史 スキタイと匈奴 遊牧の文明 (講談社学術文庫)
総額: ¥4,081
ポイントの合計: 50pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

13世紀初頭にチンギス・カンが興した「大モンゴル国」は、ユーラシア全域をゆるやかに統合して、東西の大交流をもたらした。この大帝国は、従来は「元朝」と呼ばれ、中国史やアジア史の枠でのみ語られがちだったが、近年は、この「モンゴル時代」を、世界史の重大な画期とみなす考え方が、「日本発信の世界史像」として、内外に広まりつつある。壮大な歴史観と筆力で多くのファンを持つ著者が、新たな世界史の地平を描き出す。


講談社創業100周年記念企画として刊行された全集「興亡の世界史」の学術文庫版第一期のうちの第3冊目。
13世紀初頭にチンギス・カンが興した「大モンゴル国」は、5代・クビライの頃にはユーラシア全域をゆるやかに統合して、東西の大交流をもたらした。この大帝国は、従来は「元朝」と呼ばれ、中国史やアジア史の枠でのみ語られがちだったが、近年は、この大帝国の時代――すなわち「モンゴル時代」を、世界史の重大な画期とみなす考え方が、「日本発信の世界史像」として、内外に広まりつつある。人類の歴史は、「モンゴル時代」の以前と以後でまったく様相が異なるという。
そして、大モンゴル国すなわち「モンゴル帝国」の解体後も、「モンゴルの残影」は20世紀にいたるまで各地に息づいていた。ロシアのイヴァン雷帝も、後のムガル帝国へと続くティムール帝国も、また、大清帝国も、「チンギス家の婿どの」の地位を得ることで、その権威と権力を固めてきたのだ。そして今なお混迷のなかにあるアフガニスタンを、「遊牧民とユーラシア国家」の歴史を通してみると、何が見えてくるのか?
壮大な歴史観と筆力で多くのファンを持つ著者が、新たな世界史の地平を描き出す。
[原本:『興亡の世界史 第09巻 モンゴル帝国と長いその後』講談社 2008年2月刊]

内容(「BOOK」データベースより)

チンギス・カンが創始し、ユーラシアをゆるやかに統合した「大モンゴル国」。その権威と統治システムは、帝国解体後も各地に息づいていた。ロシアのイヴァン雷帝、ティムール帝国とムガル帝国、そして大清帝国。初めて「世界史」と「世界地図」を生み出し、人類史の画期となった「モンゴル時代」の現代にいたる長い影を追う。空前の帝国が常識を覆す!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 368ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/4/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062923521
  • ISBN-13: 978-4062923521
  • 発売日: 2016/4/12
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 68,337位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
評価の数 11

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

10件のカスタマーレビュー

レビュー を日本語に翻訳する
2017年8月21日
形式: Kindle版Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年2月11日
形式: Kindle版Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト100レビュアー
2018年10月25日
形式: 文庫
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年7月31日
形式: 文庫
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年1月28日
形式: 文庫
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年6月21日
形式: 文庫
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年10月7日
形式: Kindle版