通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
自閉症スペクトラムとは何か: ひとの「関わり」の謎... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 el-shop
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■帯なし■カバーにキズ(スレ・ヨレ・折れ)とページに小さな角折れが1ページあります■書き込みなどはなくページは良好な状態です■中古品のため経年劣化のある場合があります通読に支障は有りませんが了承の上お買い求めください
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

自閉症スペクトラムとは何か: ひとの「関わり」の謎に挑む (ちくま新書) 新書 – 2014/1/7

5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 353
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 自閉症スペクトラムとは何か: ひとの「関わり」の謎に挑む (ちくま新書)
  • +
  • 自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体 (SB新書)
  • +
  • 自閉症スペクトラムがよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)
総額: ¥3,034
ポイントの合計: 93pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

気づく、真似する、目を合わせる……。私たちの「関わり」の正体!
他者や社会との「関わり」に困難さを抱える自閉症。その原因は何か。その障壁とはどのようなものか。診断・遺伝・発達などの視点から、脳科学者が明晰に説く。

【目次】
はじめに
第1章 発達障害とは何か
第2章 自閉症スペクトラム障害とは何か
第3章 自閉症はなぜ起こる?
第4章 自閉症者の心の働きI――他者との関わり
第5章 自閉症者の心の働きII――こだわりと才能
第6章 自閉症を脳に問う
第7章 発達からみる自閉症
第8章 社会との関わりからみる自閉症
第9章 自閉症という「鏡」に映るもの
第10章 個性と発達障害
おわりに
参考文献

【著者略歴】
千住淳(せんじゅう・あつし)
1976年長崎県生まれ。ロンドン大学バークベックカレッジリサーチフェロー。東京大学大学院総合文化研究科修了。博士(学術)取得。専門は発達社会神経科学。東京大学総長賞、日本心理学会国際賞奨励賞、英国心理学会ニールオコナー賞などを受賞。著書に『社会脳の発達』(東京大学出版会、2012年)、『社会脳とは何か』(新潮社、2013年)。

内容(「BOOK」データベースより)

自閉症とは、人との「関わり」に困難さを抱える発達障害である。対人コミュニケーションの困難さと、強いこだわりとを特徴とする「社会的な病理」だ。本書は社会脳の研究者が、その最先端の状況をあぶりだす。自閉症とはなにか。その障害(ハードル)とはどのようなものか。人との「関わり」をどう処理しているのか。診断・遺伝・発達・社会・脳と心といった側面から、その内実を明晰に説く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2014/1/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480067493
  • ISBN-13: 978-4480067494
  • 発売日: 2014/1/7
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 32,170位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
脳と自閉症の関わりについて研究する基礎研究者が書いた自閉症の一般書。
医師、心理学者といった人が書いたものとは一線を画する。

アメリカ精神医学会のDSM-5における診断基準いついて知っている人は、
第3章「自閉症はなぜ起こる?」から、読めばよいだろう。

まだ基礎研究段階であるが「自閉症が回復」した当事者についての論文。

現代人にはびこる「定型発達者症候群」の診断基準が面白い。
診断基準としては
・他人の気持ちを自分の気持ちのように感じてしまう。
・相手の行動を必要以上に真似る一人で遊べない。
・本当はうれしくないプレゼントをもらったときにありがとうと言う。
・物事をありのまま伝えることができず嘘を多用する。
・他人と同じものを持つことにこだわる。

途中でわかった人は偉い。
これはもちろん、人口の98%もいる定型発達者と呼ばれる人のことである。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
夫がASDです。長年それに気づかず、私自身が疲弊し壊れかけた時、この本に出会いました。この本に出会えてよかったです。救われた思いです。自閉症スペクトラム関連の本はたくさん読みましたが、ご本人やご家族の体験談は「同じことで苦しんでいる人がいるんだ」という一時的な安堵感は得られますがそこまででした。また「周りが支えてあげなくちゃ」というような本も読みましたが(この類の本は多いですね)これは家族や周りの人を追い詰めるだけだと感じていました。
この「 自閉症スペクトラムとは何か: ひとの「関わり」の謎に挑む」は、研究者という、当事者からは少し離れた、いい意味で客観的かつ冷静な視点で書かれており、それでいて人間の尊厳に対する敬意と愛情を感じられる文章です。
「どう対処したらいいか」的なことは書かれていません。しかし、それ以上に、ASDの脳のメカニズム、なぜいろいろな特徴的な思考・行動が起こるのかを、やさしい言葉でわかりやすく書かれており、夫に対する「理解不能」な部分や「怒りを感じる」部分の「正体」がわかったのが一番の感動でした。
わかったからといって現状が変わるわけではありませんが、正体のわからないものに怒り、戦い、疲弊していくのは辛いものです。「正体」がわかっただけでも かなり救われます。
個々の人間は遺伝子の奇跡的な組み合わせによって存在すること、
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者は自閉症の研究者であり、当事者(本人、家族)や支援者(医師、教師)の協力を得ながら基礎研究を行い何らかの形で役に立つことを目指しているという。そのような立ち位置の方がいることを初めて知った。

自閉症は障害(障碍、障がい)なのか、個性なのか、病気なのか、視点によって変わり、個人と社会の関わりの中で捉えることの重要性を説いている。

自閉症に関わる遺伝子の稀な変異の組合せは膨大で、しかも他の遺伝子との相互作用や環境との関わりもあるため、遺伝子から見ると一人一人異なる多様な症候群であること、また年齢と環境の関わりの中で自閉症が消えることもあることを知った。

誤信念課題、人まね、視線効果、くっつく注意、カード分類、組合せ探索、埋め込み図形検査は、具体的で非常に興味深かった。
早期発見、早期介入、発達支援の具体例をもっと知りたいし、今後の研究でブレイクスルーがあった際は更新版を継続的に出して欲しいと思いました。

以下の文章に惹かれ反芻しています。

「それぞれの遺伝子多型は、それぞれ単独では多くの人が持っている、ごくごくありふれたものです。しかし個別にはありふれたものであり、多くの人が持っている遺伝子型が、偶然数多く集まり、独特の組合せになったとき、それらの相互作用が自閉症
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
障害か個性か、文化や時代によってかわってくる、ということを、わかりやすくはっきりと提示してる内容でした。なんか希望がわいてくるというのか、そんな雰囲気もありました。
優生学についての明確な否定も、すっきりした。

自閉症について「基礎研究」している、ってどういうことかはよくわからんけど、
具体的にどこがどうっていうのは説明できないけど、
当事者や支援者、親御さんが書く内容とはまた違っていて、

とてもよかったです。
自閉症界隈の人たちだけじゃなく、いろんな人に読んでもらえるといいなと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー