通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
自閉症の現象学 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 こば書房
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯なし、表紙カバーに軽微なスレ、微キズ、本体は読み癖なく、ごく僅かな使用感しか感じない綺麗な状態です、除菌後クリスタルパック梱包にて茨城より迅速丁寧発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

自閉症の現象学 単行本 – 2008/5/26

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,808
¥ 2,808 ¥ 1,910
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 自閉症の現象学
  • +
  • 仙人と妄想デートする: 看護の現象学と自由の哲学
  • +
  • 摘便とお花見: 看護の語りの現象学 (シリーズ ケアをひらく)
総額: ¥7,452
ポイントの合計: 224pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

自閉症の人たちは、世界をどのように経験しているのか?フィールドワークをもとに、現象学によってその経験の構造を明らかにする。

呼びかけられても人の存在に気がつかない、くすぐられるとパニックを起こすが転んでけがをしても痛がらない、といった自閉症児の行動はどうして起こるのか。一見不可解な自閉症児の行動に一貫した論理を見出し、自閉症の現象学を立ち上げる。既存の哲学の前提を組み替える、画期的な試み!

内容(「BOOK」データベースより)

自閉症の人たちは、世界をどのように経験しているのか?フィールドワークの成果をもとに、自閉症児の発達に一貫した論理を見いだし現象学に新たな領域と概念を与える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 247ページ
  • 出版社: 勁草書房 (2008/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4326153954
  • ISBN-13: 978-4326153954
  • 発売日: 2008/5/26
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 108,945位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 自閉症の外面についてはKannerから始まる膨大な知見が集積し、また、内面については高機能自閉症者の自伝から得られたものは大きかった。だが、自閉症の発達を記述するとき、比較されるのは従来の発達心理学であり、それ以外のものはなかった。あるいは、レビュアーが寡聞にして知らなかっただけかもしれない。漠然とではあるが、自閉症の内面を記述するには、異なる方法論あるいは理解体系が必要なのではと考えていた時、目にしたのが本書である。現象学で自閉症を記述するという営みは新鮮であり、かつ納得しやすく、この記述が成功しているのは、世界をどのように認識するかを記述することを目的とした現象学ならではとも思える。定型発達と自閉的発達の2つの方向性をもつ発達心理学が成立して、始めて我々は自閉症も含めた発達の意味を理解できるのだろうか。今後も筆者の思索に期待したい。
 蛇足ながら、初めの部分で「社会的微笑」の意味を取り違えているようだ。

 この書籍は、何度も読み直す必要がある。その都度発見があり、筆者の手探り的に進んでいる思考が読み取れる。
 この部分も検討すべきであろう。
P92〜93
 もし裏側が存在しないなら、裏側までも展開図にして描くことはないだろう。つまり、彼は裏側の面の恒常性に気づいている。

 これは、「時間秩序
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 糸音 VINE メンバー 投稿日 2009/5/17
形式: 単行本
哲学の立場から自閉症について考察した書である。医療・福祉・教育以外からの視点で自閉症を扱った書物というものに初めてお目にかかった。フィールドワークの成果をもとに綿密な考察を行っているので、決して机上の空論ではない。否、かえって一般的な方向性からでは見えてこなかった地平の広がりが見えてくる、知的刺激をもたらす書である。

考えてみれば哲学は人間の意識を考えることには深い伝統を持っている。自閉症の人々がどのように物事を捉えているか、自分と周囲の世界の関係をどのように感じているかということを考察するには哲学からのアプローチというものは意外と適しているのかもしれない。

哲学の立場から自閉症を眺めると、興味深い風景が広がっている。
個人的には第3章の「流れない時間」、第4章「平らな空間」に強く興味を引かれた。時間や空間は数千年来哲学が取り組んできた課題である。そして、医学ではふれることの少ない課題である。

また、これまでの哲学の議論のうち、自閉症の人の世界を包摂できない論に異議を唱えていく著者の思索はより深い見解への道を開くもののように思われた。自閉症の人も当然人間である。ある種の人間の世界を説明しきれないような論が人間普遍の論として通用することはないだろう。自閉症の人のあり方がより深い人間理解や哲学の構築につながると言う事実には爽快なものを感じる。
1 コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアー 投稿日 2012/9/22
形式: 単行本 Amazonで購入
すばらしいのは自閉症の理解が、凡百の発達障害の専門家よりも
極めて性格で妥当な点である。
現象学に寄せての理解という方法論ゆえ、自閉症の特異的な点を抽出主ているきらいはあるが、
そこは、目をつむっても読むべきである。
・人間が目が合うというのは何を意味しているのか
・人間の感情表現のメカニズムはいかなるものか
・人間にとって果たして時間は一直線に流れているものなのか
・人間にとっての思考の定義は考えなおさねばならないのではないか

自閉症理解のある人ならば上記の問題提起に深くうなづくであろう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告