この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

自衛隊三国志 赤壁の戦い 下巻 (アリババノベルズ) 単行本 – 2008/12/26


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 110
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

タイムスリップから長坂橋の戦いを描いた上巻に続き、曹操軍に追い詰められた劉備軍は、魯和深の仲介で、
呉の孫権に与する米海軍大佐・ダニエル・ケイシーと同盟を結ぶことに成功。
60万の大軍を率い荊州攻略を目論む曹軍から不足する燃料を奪取するため、天津光照3佐一行は米軍の先進歩兵システム
〔フューチャー・フォース・ウォーリアー〕を装備し、曹軍の軍事物資の保管庫を急襲する。
しかし、歴史の流れを熟知している馬大校は自衛隊の行動を読みきっていた。そして、奇想天外なる赤壁での総力戦の勝者が決定した。

内容(「BOOK」データベースより)

中国の武漢でPKF活動中の陸上自衛隊の部隊222名が三国志の世界に飛ばされた。雌伏2年の後、漢王朝復興を目指す劉備玄徳による三顧の礼を受け、軍師として迎えられた天津光照3佐は、自衛隊を劉備軍に合流させ、荊州攻略を目論み南下を始めた曹操軍との戦闘を開始する。しかし、緒戦の勝利に沸く劉備の拠点・新野を馬大校率いる北中華人民解放軍空軍が空爆。5万人の難民ともども夏口へ逃れる劉備一行は、長坂橋で曹操軍に追い詰められるも呉軍の参戦で危機を逃れる。天津は呉との同盟を画策するが―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 世界文化社 (2008/12/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4418085297
  • ISBN-13: 978-4418085293
  • 発売日: 2008/12/26
  • 梱包サイズ: 16.8 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 938,846位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう