¥ 842
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
自衛隊メンタル教官が教える 人間関係の疲れをとる技... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
12点すべてのイメージを見る

自衛隊メンタル教官が教える 人間関係の疲れをとる技術 (朝日新書) 新書 – 2017/9/13

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 720
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 自衛隊メンタル教官が教える 人間関係の疲れをとる技術 (朝日新書)
  • +
  • 究極の男磨き道 ナンパ
総額: ¥2,570
ポイントの合計: 26pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

自衛隊でメンタル教官を務めてきた人気カウンセラーが、
人間関係の疲れをとる技術を伝授。
嫌なことがあっても「我慢する」「忘れる」という対処だけでは、
知らないうちに「疲れ」がたまり、「防衛(恨み)記憶」も育ち、
ますますその人のことを嫌いになる。
「自分の感情をケアする技術」を知り、
「人はこうあらねばならない」という価値観を少しゆるめれば、
人間関係はスーッと楽になる。

――目次――
【序章】 人はもともと「人が怖い」
●人間関係に疲れている人は、なぜ増えたのか
●アドラー心理学が日本と韓国だけで流行した理由
●現代人は、対人で疲れる以前に疲れている
●価値観の多様化が生んだ「人嫌い」
●孤独は苦手、でも疲れることはもっと嫌
●「人に慣れていない」現代人
●「期待」が過剰になると、何が起こるか?
●もともと人は「人が怖い」
●「原始人メカニズム」が抱かせる、警戒心と敵意
●ネットが「原始人メカニズム」に与えた三つの影響

【1章】 まず、「我慢」をやめてみよう
●対人トラブルは増えていても、対処するスキルがない
●人間関係に疲れるのは、一言でいうと「我慢するから」
・我慢の苦しさ1 エネルギーを消耗する
・我慢の苦しさ2 被害者意識が大きくなりやすい
・我慢の苦しさ3 自信の低下を招く
・我慢の苦しさ4 世の中への警戒心が強くなる
●我慢プラス「忘れる対処」が感情を悪化させる
・「忘れる対処」は何がダメなのか
・「忘れる対処」も、結局は疲れる
●防衛記憶(恨み)が育っていく
●自信の低下の悪循環が続いてしまう
●人間関係の疲れはどこで改善できるか?

【2章】 すべての感情には意味がある
●すべての感情は、私たちを守るために存在する
●感情が過剰に発動してしまう一番の理由
●理性とは別のところで、感情は発動する
●人間関係の疲れをとるには、まず「三つの苦しさ」にアプローチする
1「疲労・体調不良」による苦しさ
2「記憶」による苦しさ
3「自信の低下」による苦しさ
●「サイコーの評価法」で、自信を身につける
●感情を毛嫌いする「子どもの心」
●これまでの方法による「感情コントロール」の限界
・「論理的に考える」の限界
・「自己修練型、乗り越えさせる」の限界
・「人に相談する、話(愚痴)を聞いてもらう」の限界
・「思い過ごし、考えすぎを指摘する」の限界
・自己啓発・コミュニケーションスキルのトレーニングの限界
●すべての感情を認める「大人の心」を鍛えよう

【3章】 感情にフタをせず、ケアをすれば楽になる
●自分の感情をケアするだけで、人間関係はぐっとラクになる
●ムッとする感情に、うまく対処した具体的ケース
●「感情のケアプログラム」とは何か
・「解消する」ではなく「プロセスを進める」
・40回、400回の法則
●感情に影響する「五つの要素」
●蓄積疲労・体調の悪さには、別の対応が必要
●感情ケアのツール──「下げる」「触れる」「考える」
●感情を下げるツール――DNA呼吸法
●感情に触れるツール――ツボ療法
●考えるツール――七つの視点 / モデルの力
●「不安」への対処法
・不安パワーで集中して考え、行動に移す
●「怒り」への対処法
・小さな怒りをこまめにケアする
・「記憶のケア」では、エネルギーのケアを重視する
●「悲しみ」への対処法──物語を作る

【4章】「いい加減な自分」を認めると、人生はうまくいく
●人間関係の疲れを軽減する、三つ目のポイント
●価値観の「程度」が、自分も苦しめる
●「一貫するべき」……そもそも人は、一貫しない
●「努力するべき」……そもそも人は、エネルギーを使いたくない
●「他人を支配してはいけない」……そもそも人は、他人を支配したい
●「弱音や愚痴を吐くな」……そもそも人は、自分の苦しさを表現したい
● 「否定的なことばかり考えて、不安がるな」……そもそも人は、不安にとらわれやすい
●「どうせ私なんかと自分を卑下するな」……そもそも人は、自分を責めやすい
●人の言動・反応にはそれなりの理由がある
●「欲求は同時多発。体は一つ」の宿命
●「苦しみのシステム」みが人間関係の疲れを増幅させている
●二者択一では、人生はうまくいかない
●「7~3バランス」で、苦しみを緩めていく
●本質は、苦しみの「担ぎ方」を変えること
●自分で選ぶことは、被害者意識を減らす

【5章】家族関係の疲れをためない技術
●なぜ家族関係は疲れ、重たくなるのか?
●価値観によって、苦しみが深くなる
●親子が折り合うコツ──子どもへのヒント
・30代から増える「毒親メカニズム」
・過去検索で、ネガティブな記憶を育ててしまう
・親に謝ってもらっても、苦しさは変わらない
・固定化した人間関係を広げてみる
・介護に備えるためにも、逆に親と距離をとる
●親子が折り合うコツ──親へのヒント
・親が攻撃を受けることで、子どもを支えている
・一番近い人生の先輩として、子どもと接する
●夫婦が折り合うコツ
・夫も妻も〝エネルギーが低下していく者同士〟
・夫が気を付けること、妻が気を付けること
・終わりの合図を作る
●ありがとうの魔法
・「ありがとう瞑想」の効用
・性善説で生きると楽になる

【6章】 「役割の戦場=組織」を生き抜く
●職場は「人間関係の戦場」でもある
●上司部下という「役割」が拡大させる争い
●組織は疲弊すると、スケープゴートを求めだす
●価値観の差が、問題をさらに大きくしている
●職場は「我慢」と「忘れる対処」で覆われている
●若者の「受け身」と「万能感」
●誰しもが、自分の「ゴールデンファイル」を持っている
●カチンと来たら「七つの視点」でチェックしていく
●ゴールデンファイルには副作用がある
●上司は「怒り」の感情に特に注意する
●ゴールデンファイルと疲労のチェックでパワハラを予防する
●部下もまずは、疲労のコントロール
●若者に必要な、「期間限定で騙されてみる」謙虚さ
●モンスター社員にはどう対応するべきか

内容(「BOOK」データベースより)

自衛隊でメンタルヘルス教官を務めてきた著者が、自分の感情にフタをせずに、しっかりとケアすることで、人づき合いをグッと楽にする技術を伝授。今日から使える、実践的スキルが満載!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 272ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2017/9/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022730943
  • ISBN-13: 978-4022730947
  • 発売日: 2017/9/13
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.7 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 802位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ベスト1000レビュアー2017年9月19日
形式: 新書
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年9月21日
形式: 新書|Amazonで購入
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー2017年9月13日
形式: 新書
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ペットフード 犬