通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
自衛隊の情報戦―陸幕第二部長の回想 がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 表紙に、折れ、結構、使用感、経年感、キズ、があります。裁断面に多少よごれがあります。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


自衛隊の情報戦―陸幕第二部長の回想 (日本語) 単行本 – 2008/9/1

5つ星のうち3.6 8個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,980
¥1,980 ¥286
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 自衛隊の情報戦―陸幕第二部長の回想
  • +
  • 情報戦争の教訓―自衛隊情報幹部の回想
  • +
  • 防衛駐在官という任務 ~38度線の軍事インテリジェンス~ (ワニブックスPLUS新書)
総額: ¥4,554
ポイントの合計: 46pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

専守防衛の国・日本の自衛隊にとってインテリジェンスはとりわけ重要である。「ウサギのように大きな耳」を持たねばならないのだ。発足から半世紀、自衛隊はいかにして情報を収集し、情勢分析をおこない、どれほどの成果をあげてきたのか。陸上幕僚監部(陸幕)の第二部(情報担当)長をつとめ、朝鮮半島問題のエキスパートとして知られる元高級幹部が、ベールに覆われていた活動の実相を初めて明らかにする。あわせて、旧軍時代の大陸戦線従軍体験、現役時代に遭遇した「よど号事件」「金大中事件」から汲み取った教訓を披瀝。こんごの防衛省・自衛隊の情報戦略のあり方を総合的に示す。今もっとも時宜にかなった貴重な回想録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

塚本/勝一
1921年、兵庫県生まれ。40年、陸軍士官学校卒業(54期)、45年、陸軍大学校卒業(60期)。51年、警察予備隊入隊。55年、アメリカ陸軍歩兵学校留学(通信将校課程)。59年~60年、イギリス陸軍大学校留学。67年~71年、在ソウル日本大使館防衛駐在官。この間に「よど号事件」突発。71年~73年、陸上幕僚監部(陸幕)第2部長。73年、陸将。73年~74年、通信学校長。学校長就任直後に「金大中事件」起こる。74年~76年、陸幕副長。76年より西部方面総監、78年、退官。79年~87年、サンケイ新聞客員論説委員。86年~2003年、平和・安全保障研究所理事、理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2008/9/1
  • 単行本 : 238ページ
  • ISBN-10 : 4794216726
  • ISBN-13 : 978-4794216724
  • 出版社 : 草思社 (2008/9/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.6 8個の評価