Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 480
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[福田 浩, 升方 芳美, 渡辺 知周]の自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(12)
Kindle App Ad

自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(12) Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 480

商品の説明

内容紹介

ウェブ解析士は、ビジネスの成果を出すためにどんな工夫をするのか!
ウェブ解析士の勉強会「第11回 自社サイトをコストで終わらせないために」で発表された事例集です。

~神戸の市場で起きたこと~ イベントを活かすFacebookページ
福田 浩 氏
市場(いちば)のイベントにFacebookを応用した事例の発表だ。
せっかくイベントを開催してもその場かぎりのことが多いもの。
それなら、そのイベント情報を少しでも多くの人にシェアしよう。
商店街の人々を集めて、Facebookのはじめ方とFecebookの使い方の二回の講座を開いた。
その結果、興味のある方がたくさん参加していただいたという。
実際に現場の方々に参加していただいた上で、成果を検証されているのが素晴らしい。
Facebookページの運用については、人の問題がついてまわるとは含蓄のある言葉だ。

「~解析をコストで終わらせないために~正統派サイト運用術」
升方 芳美氏
升方氏は、観光協会にお勤めの経歴をお持ちだ。
そこで実際に12ものサイトを任されていた経験を基に、サイトの運用管理の方法について説明された。
サイトの立ち上げから運用までの手順がとてもわかりやすい。
メディアの選択では、サイトやブログ、SNSなどの特徴をあげながらのお話だったのでまったくの初心者の方にもよくわかる内容だ。
話し口調も絶妙で参加者の意識をそらさない。実地経験に基づいた発表には説得力がある。

「最小投資で実現するECサイトの構築法」
渡辺 知周氏
福井県から参加していただいたセカンドゲートのオーナー。
ECサイトの構築方法についての話だ。特に「投資」という観点から考察は、サイト構築を考える上で参考になる。
コストは5つの側面を基準に説明を展開。(制作費用、受注作業、更新作業、改善作業、集客)
サイトの立ち上げ時のカートの選択から、オープニングの問題点をあぶり出すためにわざと受注をたくさん受けてみる。
その結果を検証することで、効率的なオペレーションの発見につなげるという発想はすごいと思う。
ウェブだけではなくバックヤードも視野にいれた支援がすばらしい。

・著者
福田 浩 (上級ウェブ解析士)
升方 芳美 (上級ウェブ解析士)
渡辺 知周 (ウェブ解析士マスター)

自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(12)

ジシャサイトヲコストデオワラセナイタメニ ウェブカイセキシノジレイハッピョウシュウ

Case study collection of web analytics consultants vol-12


自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集

ジシャサイトヲコストデオワラセナイタメニ ウェブカイセキシノジレイハッピョウシュウ
/
Case study collection of web analytics consultants vol-12

第一版

1st edition

亀井耕二

Koji Kamei

●登録カテゴリ
ビジネス、経済 > コンサルティング
ビジネス、経済 > eコマース > インターネット・マーケティング

ウェブ解析 ウェブ解析士 web解析 アクセス解析 ウェブマーケティング

・本の内容紹介
ウェブ解析士は、ビジネスの成果を出すためにどんな工夫をするのか!
ウェブ解析士の勉強会「第11回 自社サイトをコストで終わらせないために」で発表された事例集です。

~神戸の市場で起きたこと~ イベントを活かすFacebookページ
福田 浩 氏
市場(いちば)のイベントにFacebookを応用した事例の発表だ。
せっかくイベントを開催してもその場かぎりのことが多いもの。
それなら、そのイベント情報を少しでも多くの人にシェアしよう。
商店街の人々を集めて、Facebookのはじめ方とFecebookの使い方の二回の講座を開いた。
その結果、興味のある方がたくさん参加していただいたという。
実際に現場の方々に参加していただいた上で、成果を検証されているのが素晴らしい。
Facebookページの運用については、人の問題がついてまわるとは含蓄のある言葉だ。

「~解析をコストで終わらせないために~正統派サイト運用術」
升方 芳美氏
升方氏は、観光協会にお勤めの経歴をお持ちだ。
そこで実際に12ものサイトを任されていた経験を基に、サイトの運用管理の方法について説明された。
サイトの立ち上げから運用までの手順がとてもわかりやすい。
メディアの選択では、サイトやブログ、SNSなどの特徴をあげながらのお話だったのでまったくの初心者の方にもよくわかる内容だ。
話し口調も絶妙で参加者の意識をそらさない。実地経験に基づいた発表には説得力がある。

「最小投資で実現するECサイトの構築法」
渡辺 知周氏
福井県から参加していただいたセカンドゲートのオーナー。
ECサイトの構築方法についての話だ。特に「投資」という観点から考察は、サイト構築を考える上で参考になる。
コストは5つの側面を基準に説明を展開。(制作費用、受注作業、更新作業、改善作業、集客)
サイトの立ち上げ時のカートの選択から、オープニングの問題点をあぶり出すためにわざと受注をたくさん受けてみる。
その結果を検証することで、効率的なオペレーションの発見につなげるという発想はすごいと思う。
ウェブだけではなくバックヤードも視野にいれた支援がすばらしい。

・著者
福田 浩 (上級ウェブ解析士)
升方 芳美 (上級ウェブ解析士)
渡辺 知周 (ウェブ解析士マスター)

序章 はじめに
第1章 福田 浩 氏
1.0 発表タイトル
~神戸の市場で起きたこと~ イベントを活かすFacebookページ
1.1 自己紹介
1.2 概要
1.3 市場について
1.3.1 神戸の市場の歴史
1.3.2 商店街・市場は神戸のまちの宝
1.4 「こだわり生鮮市」
1.5 Facebook活用の狙い
1.5.1 Facebookチェックインスポット、Facebookページを持つ市場の増加
1.5.2 イベント情報のFacebookページによる発信
1.6 インサイトの評価
1.7 まとめ

第2章 升方 芳美 氏
2.0 発表タイトル
「~解析をコストで終わらせないために~正統派サイト運用術」
2.1 自己紹介
2.2 目的と目標設定
2.3 サイト管理は行動管理
2.4 運用方法
2.5 外部を活用する
2.6 メディアを選択する
2.7 それぞれのメディアの役割
2.8 Weekly to do 週ごとにすること4つ
2.9 Weekend to do週末にすること2つ
2.10 Monthly to do月ごとに行なうこと4つ
2.11 Always to do常時行なうこと4つ
2.12 まとめ

第3章 渡辺 知周 氏
3.0 発表タイトル
「最小投資で実現するECサイトの構築法」
3.1 自己紹介
3.2 ネットショップ制作依頼
3.3 カートの特徴
3.4 EC-CUBEの欠点
3.5 お金をかけるところ・かけないところ
3.6 オープン記念 週替りセール
3.7 受注・梱包・発送作業の効率化
3.8 運用時にコストが発生するところ
3.9 更新作業
3.10 HTML+CSSのスキル
3.11 改善作業
3.12 工数がかかってしまうもの
3.13 集客(広告)
3.14 まとめ
3.15 最後に
あとがき
既刊のご案内

・A4に印刷すると約55ページ (約30177字)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2982 KB
  • 紙の本の長さ: 82 ページ
  • 出版社: 亀井耕二; 1版 (2015/8/31)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B014RCZ2AO
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 109,228位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
click to open popover