通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
自由学校 (ちくま文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙カバーに若干スレ、使用感ございます。文中は概ね良好です。発送は原則「ゆうメール」です。万が一商品に不備がございましたら、全額返金いたします。※なお、併売品のため、時間差での在庫切れ、又は発送前の最終検品において商品に不具合が見つかった場合は、ご注文をキャンセルさせていただきます。コンビニ決済等で商品を購入した場合の注文キャンセル及びご返金はAmazonギフト券での返金となりますので、予めご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

自由学校 (ちくま文庫) 文庫 – 2016/6/8

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 950 ¥ 99

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 自由学校 (ちくま文庫)
  • +
  • 悦ちゃん (ちくま文庫)
  • +
  • コーヒーと恋愛 (ちくま文庫)
総額: ¥2,850
ポイントの合計: 87pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

しっかり者の妻とぐうたら亭主に起こる夫婦喧嘩をきっかけに、戦後の新しい価値観をコミカルかつ鋭い感性と痛烈な風刺で描いた代表作。解説 戌井昭人

内容(「BOOK」データベースより)

敗戦後の日本にやってきた“自由”という価値観は、人々の暮らしや風俗、男女の恋愛観までも一転させてしまう。それは、しっかり者の妻とぐうたら亭主の夫婦にもこれまでの仲を揺るがすような大喧嘩をもたらす…。戦後の東京を舞台にある夫婦のドタバタ劇を軽妙な語り口で描きながら、痛烈な社会風刺も込めた獅子文六のあらゆる魅力が凝縮した代表作が遂に復刊!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 429ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2016/6/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480433546
  • ISBN-13: 978-4480433541
  • 発売日: 2016/6/8
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.5 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 370,708位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
『悦ちゃん』『コーヒーと恋愛』『娘と私』に続き読了。
(※まんまと文庫化のワナにはまっている)
倦怠期の夫婦の機微が、コメディタッチでスルスルと描かれ
とても現代的なようで、普遍的なラストがよいです。

またこの文庫版は、大団円のあとに
続編的なおまけがついているのが、めっけもんです。

ただ、表紙はせめてストーリーに絡んだものだと
初めて読む人でも興味を持ってもらえるのではないでしょうか。

※実は、佐分利信と高峰三枝子の映画版を先に見ていたので
映画はだいぶ原作に忠実に再現してるんだなあということが分かりました。
コッペパンのような鼻の大男って、まさにサブリどん、ドンピシャ!

また、映画だとさっぱりした気性の駒子ですが
原作では、英文学をかじったインテリ女子であることが強調され、
文学少女が『チャタレイ夫人の恋人』的なラヴ・アフェアに
陥りそうで、駒子ヤバいよ!という場面が多い(笑)

このように、映画と見比べても面白いですよ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
最近「昭和大衆小説」リバイバルブームなのか、獅子文六や源氏鶏太の小説が新装丁で出版されており、それらを読んでの感想です。

獅子文六や源氏鶏太の名前だけは知っていましたが、作品はこれまでほぼ絶版で入手困難でした。それがきれいな新品で手に取ることができるというのかありがたいことです。両作家の作品を何冊か読みましたが、確かに面白い。読み始めると止まらない面白さです。昭和30年代ごろのクレージーキャッツが出ているコメディー映画のようなスピード感があり、まさに「昭和の娯楽小説」の王道という印象を受けました。

、、、ただし、あくまでも「それだけ」。決して心に残るような内容ではなく、敢えて本棚に残しておくようなものではありません。現代の流行作家の作品と比較しても、あまりにも内容は浅く、作者が筆先だけで適当に書き流したような印象も受けます。これらの作家が死後たちまちにして世の中から忘れ去られたのは、やはりそれ相応の理由があったと納得いたします。だから、現在のリバイバルブームもせいぜい一過性で、まぁ、またすぐに忘れ去られるでしょう。

さて本作は、いわゆる「スラム」を取り上げた作品と言われていますが、当然ながらそこに社会的な目線などはなく、まぁ、とにかく「浅っ~~~い」内容です。だからこそ、通勤電車の暇つぶし小説としては好適。以上。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告