この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 281 (20%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,123
Kindle版
¥ 1,404
単行本(ソフトカバー)の価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 281 (20%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
自由の思想史: 市場とデモクラシーは擁護できるか ... がカートに入りました
+ ¥ 350 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


自由の思想史: 市場とデモクラシーは擁護できるか (新潮選書) 単行本(ソフトカバー) – 2016/5/27

5つ星のうち 3.9 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 372

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 自由の思想史: 市場とデモクラシーは擁護できるか (新潮選書)
  • +
  • 自由と秩序 - 競争社会の二つの顔 (中公文庫)
  • +
  • 戦後世界経済史―自由と平等の視点から (中公新書)
総額: ¥3,283
ポイントの合計: 72pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

経済学の泰斗が「資本主義の急所」に挑む――。

自由は本当に「善きもの」か?
市場経済が暴走し、民主主義が機能不全に陥ってしまうのは、自由が足りないせいか、それとも過剰なせいか? 古代ギリシア、古代ローマ、中世ヨーロッパ、啓蒙時代の西欧、そして近代日本……経済学者の視点から、古今東西の歴史と思想を自在に行き来し、政治経済体制としての自由のあり方を問う。


(目次)
第1章 守るべき自由とは何か
1 価値のトリレンマ
2 フランコ政権下のマドリッド
3 自由を我等に?
4 自由は200以上の意味を持つ
5 制度としての自由
6 真理への扉を開いておく
7 自由の擁護を功利主義から切り離せるか
8 なぜ「独立自尊」が重要なのか

第2章 自由のために闘ったアテナイの人々
1 サラミス島へ渡る
2 アイスキュロス『ペルシア人』
3 イオニア反乱からペルシア戦争へ
4 アテナイの自由と東方の専制
5 自由と運命の関係
6 ペリクレスのラディカル・デモクラシー
7 自由と統制の関係
8 「ソクラテスの方法」とアゴラ

第3章 古代ローマ人の自由と自死
1 アダム・スミスの指摘
2 ストア派は禁欲を意味するか
3 シーザー以外は自殺している
4 『ジュリアス・シーザー』にあらわれた自由
5 共和主義者キケロと独裁者アントニウスの対立
6 自殺を倫理的にはどう考えたのか
7 ヒュームの自殺論
8 スミスは「ウェルテル効果」を知っていたか

第4章 信仰と自由、宗教と政治
1 皇帝のものは皇帝に
2 自由とそれを護る力は不可分
3 国家による統治は悪ではない、自然なものだ
4 ナポレオンから「政教分離法」へ
5 ドイツの場合
6 トクヴィルの見たアメリカの宗教
7 内村鑑三と田中正造の場合
8 日本に多元的権力はあったか

第5章 教える自由、学ぶ自由
1 知識と判断力
2 「事実」か「空想」か
3 教科書選択の自由
4 言語の選択――母語を棄てない自由
5 公教育を受けない自由
6 国家の全面的関与の弊害
7 人間は教育で自在に変えられるか
8 道徳は教室で教えられない

第6章 言論の自由、表現の自由
1 王様は伝令を殺す
2 ヘイト・スピーチ
3 冒涜と中傷以外は出版できた
4 ミルトンの『アレオパジティカ』
5 道化師はいなくなった
6 スノーデンは反逆者か
7 勝ち取られた自由の重さ
8 「出版の自由」は言論を弱める?

第7章 賭ける自由と経済発展
1 不確実性は人生の悦びか
2 過ぎたるは猶及ばざるがごとし…
3 「合法的な賭け」としての投機
4 投資は生産活動を通して収益を生み出す
5 株式会社というアイディアの斬新さ
6 「賭ける自由」を富の創造へと昇華させる
7 日本における株式会社
8 リスクを取ったことへの報酬

第8章 恒産・余暇・自由
1 恒産による人格の独立
2 道徳政治の前提としての恒産
3 奴隷がもたらす余暇と政治
4 研究者の「プロレタリアート」化
5 「遊び」のレジャー産業化
6 奴隷的技術と自由な学芸
7 大学の存在価値
8 神さまと自由

内容(「BOOK」データベースより)

自由は本当に「善きもの」か。市場経済が暴走し、民主主義が機能不全に陥るのは、自由が足りないせいか、それとも過剰なせいか。古代ギリシア、古代ローマ、中世ヨーロッパ、啓蒙時代の西欧、近代日本、そして現代グローバル社会…経済学者の視点から、古今東西の歴史と思想を行き来し、人間精神の自由、政治経済体制としての自由のあり方を問う。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 239ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/5/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106037858
  • ISBN-13: 978-4106037856
  • 発売日: 2016/5/27
  • 梱包サイズ: 19.3 x 12.9 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 318,932位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

5件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.9

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

5件中1 - 5件目のレビューを表示

2018年2月5日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年12月17日
形式: Kindle版Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年10月22日
形式: 単行本(ソフトカバー)
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2016年11月6日
形式: 単行本(ソフトカバー)
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年9月5日
形式: 単行本(ソフトカバー)
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告