中古品
¥1,951
通常配送無料 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 2002 11/10 第1刷 本文、小口に多少の紙ヤケあり。他、目立った外傷なく、概ねコンディション良好です。*used商品(中古品)につき、多少の使用感、経年変化はご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


自然主義文学盛衰史 (講談社文芸文庫) (日本語) 文庫 – 2002/11/8

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥1,581
5%還元 キャッシュレス払いなら、お得 詳細

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • キャッシュレス・消費者還元5%の対象商品です。5%の還元が注文確定時に適応されます。 Amazonによる割引。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

自然主義文学の盛衰をたどった力作長篇評論明治末期から大正初期にかけて文壇の主流となった自然主義文学を、島崎藤村を中心に徳田秋声、田山花袋等の作品を論じ回顧。著者の文壇生活に裏打ちされた力作。

内容(「BOOK」データベースより)

明治末期から大正初期にかけて文壇の主流であった自然主義文学を、当時読売新聞の記者として文芸欄を担当。のち作家として文壇の中心にあった著者が、藤村、花袋、秋声等の作品を論じながら回顧。漱石、鴎外、二葉亭にも及び、自然主義文学の盛衰を辿った力作評論。第一級資料。


登録情報

  • 文庫: 232ページ
  • 出版社: 講談社 (2002/11/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061983148
  • ISBN-13: 978-4061983144
  • 発売日: 2002/11/8
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 589,877位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2015年3月4日に日本でレビュー済み
形式: 文庫
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告