通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
自民党長期政権の政治経済学―利益誘導政治の自己矛盾 がカートに入りました
+ ¥ 350 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●若干使用感がありますが、概ね良好な状態です。※(ポスト投函になります。ポストに入らない商品は手渡しですが、ご不在の場合不在連絡票が入れられます。ご確認ください。】迅速な出荷を心掛けております。天候などの影響や特別な事故がない限り本州は出荷通知の翌日、北海道、九州、四国、沖縄は二日後に到着見込みです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

自民党長期政権の政治経済学―利益誘導政治の自己矛盾 単行本 – 2010/8/12

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 703

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「1629」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

長期に渡って政権にありつづけた自民党は、いかにして支配政党としての地位を維持したのか。またそのことは日本の公共政策にどのような結果をもたらしたのか。じつは、利益誘導の政策そのもののなかに、その支配政党としての地位を危くする矛盾があったことをあきらかにする。代議士の経験もコラム化。現代日本政治論の最新の研究書。

内容(「BOOK」データベースより)

逆説明責任体制としての自民党。衆議院議員経験も持つ、気鋭の研究者による日本政治論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 247ページ
  • 出版社: 勁草書房 (2010/8/12)
  • ISBN-10: 4326301902
  • ISBN-13: 978-4326301904
  • 発売日: 2010/8/12
  • 梱包サイズ: 21.3 x 14.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 131,692位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(5)

トップカスタマーレビュー

2010年9月8日
形式: 単行本Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年8月31日
形式: 単行本Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年4月24日
形式: 単行本
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年11月8日
形式: 単行本
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年1月4日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告