¥ 3,456
通常配送無料 詳細
通常10~13日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

自民党政治の源流―事前審査制の史的検証 単行本 – 2015/10/2


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 2,888
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 自民党政治の源流―事前審査制の史的検証
  • +
  • 自民党政治の変容 (NHKブックス)
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 80pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

歴史にこそ自民党を理解するヒントがある。
意思決定システムの核心は何か? 政治史家が多角的に分析!

「政治の本質は意思決定であり、それは政策決定と言い換えてもよいだろう。そして、自民党政権の政策決定が事前審査制に基づき行われてきたことは、今日よく知られている。本書はこの事前審査制の意味を、帝国議会開設以来の時間的射程の中で問い直そうとする試みである」 【目次】 序 事前審査制とは何か(奥 健太郎)
――研究史と本書の挑戦――
第1章 議会審議と事前審査制の形成・発展(黒澤 良)
――帝国議会から国会へ――
第2章 戦時議会と事前審査制の形成 (矢野 信幸)
第3章 総務会に関する一考察 (小宮 京)
―― 一九五三(昭和二八)年の警察法改正を中心に――
第4章 常任委員会制度の定着化 (岡﨑 加奈子)
――一九五五年国会法改正過程と国会・政党の動向――
第5章 自民党政務調査会の誕生 (奥 健太郎)
第6章 外交をめぐる意思決定と自民党 (河野 康子)
――外交調査会を中心に――
第7章 戦後日本の外交政策決定と政党の政策調整機能 (武田 知己)
――研究史・理論・方法論――
おわりに 河野 康子

著者について

執筆者=奥健太郎、河野康子、黒澤良、矢野信幸、岡崎加奈子、小宮京、武田知己


登録情報

  • 単行本: 355ページ
  • 出版社: 吉田書店 (2015/10/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4905497396
  • ISBN-13: 978-4905497394
  • 発売日: 2015/10/2
  • 梱包サイズ: 21.8 x 15.5 x 2.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 369,762位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。アメリカンツーリスター スーツケースキャリーバッグ サムソナイト