中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

自壊する帝国 単行本 – 2006/5/30

5つ星のうち 4.5 40件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 480 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第38回(2007年) 大宅壮一ノンフィクション賞受賞

メディア掲載レビューほか

自壊する帝国
ロシア外交のプロとして鳴らし、「外務省のラスプーチン」などの異名を取った著者の回想録。在ソ連日本大使館の外交官として見聞きしたソ連崩壊までの一部始終を振り返る。

「もともと、人見知りが激しい」という著者だが、モスクワ大学留学中に知り合った学生を仲介に、多くの重要人物と交流を深め、インテリジェンス(機密情報)を得る。ウオツカをがぶ飲みしながら、神学の教養を中心に幅広いテーマで議論を交わし、信頼と友情を勝ち取る。その豊富な人脈と情報収集力を1991年のクーデター未遂事件でも発揮、ゴルバチョフ大統領の生存情報をいち早く入手した。

出世競争が最大の関心事であるキャリア組とは大きく異なる仕事・生活ぶりで、外交官の本質を考えさせられる。


(日経ビジネス 2006/07/17 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 414ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/5/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104752029
  • ISBN-13: 978-4104752027
  • 発売日: 2006/5/30
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 199,320位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 showon VINE メンバー 投稿日 2008/6/28
形式: 単行本 Amazonで購入
本書はソビエト連邦崩壊に絡む裏話を、外務官僚としての実体験から書き記したノンフィクションです。

ノンフィクションであるが故に、状況描写が生々しく当時のソビエトで起こっていたことが文面からストレートに伝わってきます。
著者の一本筋が通った生き様と、文体が綺麗に融合しており、読後感がさわやかです。

国が自壊する時には、組織の内部から腐って行くものですが、当時のソビエトでも同じ状況が起こっていたことが分かりました。
この事実と、現在の日本が置かれている事実とを照らし合わせると、日本という国のカウントダウンが始まっているのではないかと感じます。
最後に国策捜査で事情聴取を受けるくだりに於ける、外務省の体たらくさは、著者の日本国の将来についての暗示なのかも知れません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 購入してそのまま、一気に読破しました。面白かったです。前作『国家の罠』を読んで以来、佐藤優さんの類い希な知性と、その文章が醸し出す前向きなユーモアセンスに魅了されてしまいました。

 今回の作品では、情報分析官としての修業時代に遭遇した、「ソ連崩壊」という大事件を佐藤さんの独自の視点から描いています。史実を淡々と時系列で述べていくのではなく、ソ連という巨艦が沈没していくプロセスを、その現場に居合わせた人々の動きを追うことで、緻密な人間ドラマとして描いている、力作です。

 それにしても、モスクワ大学での反体制派学生とのひとつの出会いをきかっけに、アカデミズムやジャーナリズム、守旧派の共産党幹部にまで人脈を広げ、様々な情報を取ってくる佐藤さんの姿は、ラスプーチンというより、ゾルゲのようにも思えました。

 また、物語の最後で、前作と見事な連環を見せるのですが、その辺りの筆力は、熟練した小説家のようでした。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いや実に面白い。「国家の罠」でもそうであったように、読み進めていくうちに小説と錯覚してしまう。それほどに読者の想像力を刺激する。

この著は氏が外交官としての成長と外交官兼スパイになるまでの過程を、ソ連が自壊しロシアに至る大きな歴史の流れに組み込んだものである。そもそも、ソ連が自壊する過程を知らない人は意外と多いはずである。その自壊の過程は実に人間臭く有機的な匂いを放っている。それを知る事が出来るだけでも一読する価値がある。また、その自壊する過程の中で氏の果たした役割は非常に大きいのである。

西側の外交官にして共産党派に多くの人脈を持つ異能の外交官。卓越した洞察力と孤高のインテリジェンス。真にエリートであると痛感させられる。

なお、今回は艶っぽいエピソードが適宜導入されており、思わずにやりとしてしまう場面も多々ある。

とにもかくにも、日本政府は逸材の人物を自ら手放してしまった。殊に外務省の体質弱化には目を覆いたくなるものがある。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この著は国策捜査で有名になった佐藤優氏の、外交官になった85年からソ連が崩壊する93年頃までのモスクワ生活回想録である。

恐らく事実であろう。

事実にしては凄い体験だ。ソ連の政治家、思想家等とのコネクションの構築の過程、ソ連邦各国でのクーデターに立ち会ったときのこと細かい説明、ゴルバチョフ死亡疑惑の際に生存の情報を真っ先に得た際の状況等々、現場に立ち会った著者の体験が次から次へと記されている。

『国家の罠』でも感じたことだが、著者が義理なり信念を非常に重んじているのが著書の軸を形成している。この軸からぶれない。それが国策捜査であれ逮捕された著者の本が広く支持されている理由の一つであろう。

もっと仕事をさせたかった、と思うと同時に仕事を今でも続けていればこの内容が表に出ることもなかったのかと思うと複雑な気持ちになる。早く次作を読むこととしよう。

ところで、著者の酒の強さには脱帽、本を読んでいながらもこちらが酔ってしまいそうな酒量である。御身大切に・・・
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 遊鬱 VINE メンバー 投稿日 2006/6/1
形式: 単行本
回顧録な以上、本来はノンフィクションというべきなのだろうけれどそのあまりにも魅力的なストーリーに外交について過剰な幻想、期待を抱かないために「小説」として享受すべきと自戒したくなるほどの一冊。

外交とは普段から先々を見据えて人脈をいかにつくり、発展させていくかということをさまざまなエピソードでもって極めて説得的に教えてくれる。その際に要求されるのはただ単に歓待でもって媚び諂うことではなく、信念、教養で持って人的信頼をつくることそのものであることが何度も何度も語られている。

特に人が苦境に立ったときにどのように振舞うか(おそらくそのことは著者自身が鈴木宗男氏とともに国策捜査に嵌められたという苦境の中で痛感したこともあるのだろうが)が、その人の価値をも示してしまうということをリトアニア独立紛争、ソ連邦解体を決定付けたクーデター騒ぎなどを通して垣間見せている。まさに佐藤氏があとがきで記しているように本書は外交理論の書ではなく、まさに外交精神の書とでもいうべきものであろう。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー