¥33,000
ポイント: 330pt  (1%)  詳細はこちら
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp

販売元

自動運転車バブル! モビリティービジネス最前線 [... がカートに入りました

この商品をお持ちですか?

自動運転車バブル! モビリティービジネス最前線 [DVD]


仕様
価格
新品 中古品
DVD, 色 2枚組
¥33,000
¥33,000
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで¥2500OFF。 2 件
  • まとめ買いで¥2500OFF。
    SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥2500OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • まとめ買いで¥4000OFF。
    SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥4000OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

CD・DVD スタンプカード

キャンペーンおよび追加情報

  • SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥2500OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥4000OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


登録情報

  • 梱包サイズ : 25 x 2.2 x 18 cm
  • EAN : 4562378551356
  • メディア形式 :
  • 時間 : 2 時間
  • 発売日 : 2016/10/14
  • 出演 : 宮本 和明
  • 販売元 : 新社会システム総合研究所
  • ASIN : B01N4WL0M1
  • ディスク枚数 : 2

商品の説明

シリコンバレーで自動車産業の"バブル"が始まった。ベンチャー企業は一斉に自動運転技術に向かう。これらベンチャーはAIをフルに活用し自動運転技術を開発する。従来の手法とは大きく異なり自動運転技術のブレークスルーを狙う。ステルスモードでの開発の背後で何が行われているのかを緊急レポート。
Autopilot事故で揺れるTeslaであるが、製品計画をマスタープラン・パート2として発表した。Teslaは自動車会社からモビリティー企業に転身することを宣言。ソーラーパネルとクルマを統合し、EV製品ラインを拡大する。自動運転技術で10倍安全なクルマを開発し、カーシェアリングや無人タクシーを運営する。一方、 Google自動運転車開発は最大の危機に直面している。開発総責任者が会社を離れ、製品出荷時期の見通しが立たない。Google自動運転車は優位を保てるのか、最新動向をレポートする。
UberやLyftなど配車サービス企業は一斉に自動運転車開発に乗り出した。AppleはDidi Chuxing(滴滴出行)と無人タクシー開発に向かう。無人タクシーを事業の中心に据え、公道で試験走行を始めた。クルマを販売する時代からRide(移動)を販売する時代に入る。無人タクシーは自動車産業にどんな影響を及ぼすのか、自動運転車のビジネスモデルを考察する。米国の主要都市は自動運転車と無人タクシーが走る都市の計画を進めている。米国運輸省が推進する未来都市開発をレポートする。

1.Googleに挑戦する自動運転車ベンチャー
(1)AIが人間の運転を見てドライブ技術を学ぶ
(2)自動運転機能をすべてAIで実装する
(3)いま一番注目されている自動運転技術
(4)Teslaをコピーするベンチャー企業

2.ハイテク企業が開発する自動運転技術
(1)Teslaは自動車会社からモビリティー企業に転身
(2)IBMが自動運転車事業に参入
(3)Google自動運転車開発最大の危機

3.自動運転車ビジネスモデルと未来都市開発
(1)クルマのキラーアプリは無人タクシー
(2)自動運転車時代のスマートシティー開発

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません