中古品
¥ 51
+ ¥ 300 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

自動車産業の終焉 単行本 – 2008/7/1

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 7,567 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

エコノミスト誌が総力取材
ガソリン暴騰・中国・インド新市場の拡大・地球温暖化
クルマ社会はどう変わる?
日本の自動車メーカーも安泰じゃない!


――『エコノミスト』記者が未来を大胆予測
IT革命を上回るクリーンエネルギー革命が起きる!!

【予測1】
プリウスで先行した〈トヨタ〉が兎だとすれば、燃料電池車を手がける〈GM〉は、ひょっとすると最後に勝利を収める亀かもしれない。

【予測2】
〈グーグル〉の次の狙いは、かつての宿敵〈ヤフー〉でも、永遠の略奪者〈マイクロソフト〉でもない。もっと強大な敵だ。
〈グーグル〉が打倒を誓う相手とは、自動車産業と石油産業にほかならない。


多くの起業家や、業界内部の革新者や、業界外部の人間がいま、イノベーションを加速させようと取り組んでいる。
それはこれまで既得権益層である大手の自動車メーカーや石油企業によって意図的に避けられてきたイノベーションだ。
既得権益層は地球を救うための努力を怠ってきた。地球の最期をいくらか延ばせる程度の小手先の改革しか行なっていない。
自動車業界は技術的にはもっと燃費のいい自動車を生産できたのに、そうはせず、燃費のよくない自動車を作りつづけた。
信じられない話だが、ヘンリー・フォードが二十世紀初頭に作った“T型”は、現在アメリカで販売されている標準的な新車
よりも燃費がよかった。
(本文「はじめに」より)

内容(「BOOK」データベースより)

ガソリン暴騰、地球温暖化、中国・インド新市場の拡大―クルマ社会はどう変わる?日本の自動車メーカーも安泰じゃない!『エコノミスト』記者が未来を大胆予測。IT革命を上回るクリーンエネルギー革命が起きる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 336ページ
  • 出版社: 二見書房 (2008/7/1)
  • ISBN-10: 4576080946
  • ISBN-13: 978-4576080949
  • 発売日: 2008/7/1
  • 梱包サイズ: 20 x 13.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,608,744位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2008年8月18日
形式: 単行本|Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2008年10月28日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告