¥ 2,376
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
自動人形の城(オートマトンの城): 人工知能の意図... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

自動人形の城(オートマトンの城): 人工知能の意図理解をめぐる物語 単行本 – 2017/12/18

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 2,380

booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

※キャンペーンページを閲覧のうえ、対象サービスをご確認頂くことが参加の条件になります。キャンペーンページは>>こちら

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【古本ストア】 コミック や大人買いしたいセット本、バックナンバーも豊富な雑誌など 古本ストアのページへ。

  • 【小説・文学】 文芸作品、歴史・時代小説から評論・文学研究まで 小説・文学 のページへ。

  • 【大人買いでイッキ読み!】 コミックセット、絵本セット、文庫セットほか、充実の品揃え。 セット本ページへ。


よく一緒に購入されている商品

  • 自動人形の城(オートマトンの城): 人工知能の意図理解をめぐる物語
  • +
  • 働きたくないイタチと言葉がわかるロボット  人工知能から考える「人と言葉」
  • +
  • 白と黒のとびら: オートマトンと形式言語をめぐる冒険
総額: ¥7,236
ポイントの合計: 219pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【第158回芥川賞・直木賞】受賞作発表!
芥川賞は 『おらおらでひとりいぐも』 、『百年泥』。直木賞は 『銀河鉄道の父』に決定! 受賞&候補一覧 へ

商品の説明

内容紹介

『白と黒のとびら』『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』の著者が描く
「人工知能」と「人間の言葉」をめぐる新たなストーリー

勉強ぎらいでわがままな11歳の王子。彼の浅はかな言動がきっかけで、邪悪な魔術師により城中の人間が人形に置き換えられてしまった。その絶望的な状況に王子はどう立ち向かうのか? そして、城の人たちは無事帰還することができるのか? 「人工知能」と「人間の言葉」をテーマとして、『白と黒のとびら』『精霊の箱』の著者が創作する新たな世界。

【本書「解説」より】
本作は「意図の理解」を中心に、人と機械、また人と人とのコミュニケーションにおける「意味理解の先にある課題」を主なテーマとしました。この課題を明確に描くために、本作では「人間の言葉の意味を理解し、人間の命令を実行する人形が存在する世界」を設定しています。本作の「人形」は、現実世界ではまだ実現されていないレベルの意味理解能力を持つロボットです。人形たちは、単語の意味や文の意味を理解し、さまざまな命令を聞き、さまざまな状況で動くことができます。そういった機械が存在する世界でも、「意図理解の難しさ」、中でも「言われたことを実行することの難しさ」が、解決すべき課題として存在します。本作は完全なフィクションですが、提示したそれぞれの課題は、自然言語による命令を受け、それを実行する機械を実現しようとするならば、多かれ少なかれ、避けては通れない問題です。

【主要目次】
主な登場人物
第1章 絶望と呪い
第2章 人形と猫
第3章 炎と涙
第4章 戦闘と料理
第5章 作戦と作法
第6章 逡巡と決断
第7章 敵と客人
第8章 献身と意志
第9章 贖罪と喜び
解説
1 人間の言語能力
2 言葉による意図理解
3 「言われたとおりに行動する」こと
4 その他の話題
あとがき

【著者好評既刊】
●『白と黒のとびら――オートマトンと形式言語をめぐる冒険』(東京大学出版会、2013年)
●『精霊の箱(上・下)――チューリングマシンをめぐる冒険』(東京大学出版会、2016年)
●『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット――人工知能から考える「人と言葉」』(朝日出版社、2017年)

内容(「BOOK」データベースより)

勉強ぎらいでわがままな11歳の王子。彼の浅はかな言動がきっかけで、邪悪な魔術師により城中の人間が人形に置き換えられてしまった。その絶望的な状況に王子はどう立ち向かうのか。「人工知能」と「人間の言葉」をめぐる新たなストーリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 280ページ
  • 出版社: 東京大学出版会 (2017/12/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4130633686
  • ISBN-13: 978-4130633680
  • 発売日: 2017/12/18
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,375位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

ベスト1000レビュアー
2017年12月17日
形式: 単行本
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告