通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
自分を捨てる仕事術-鈴木敏夫が教えた「真似」と「整... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 当店は広島県古書籍組合加盟店です。クリーニングしてお届け。帯付き、多少の棚擦れがございますがその他はおおむね良好のコンディションです。商品の保管、発送はAmazon配送センターより365日迅速に発送されます。管理ラベルは剥がしやすいタイプを使用しておりますのでご安心ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
27点すべてのイメージを見る

自分を捨てる仕事術-鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド- 単行本(ソフトカバー) – 2016/8/25

5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 893

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 自分を捨てる仕事術-鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド-
  • +
  • ジブリの仲間たち (新潮新書)
  • +
  • ジブリの哲学――変わるものと変わらないもの
総額: ¥4,579
ポイントの合計: 139pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「3年間、自分を捨ててオレの真似だけしてろ! どうしても真似できなかったところが君の個性だから」

アニメプロデューサー・石井朋彦。その真摯な仕事の根底にある「自分を捨てる仕事術」とは何か。
「自分のなかには何もない。何かあるとしたら、それは外、つまり他人のなかである」という真実を、強い筆力で伝える1冊。
スタジオジブリの名プロデューサー鈴木敏夫が若き著者に教えた、会話術、文章術、人身掌握術、トラブル対応ほか、具体的方法論のすべて。

出版社からのコメント

2000年、まだ『千と千尋の神隠し』が、日本映画歴代記録を塗り替える前、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが、当時22歳の著者に伝えた言葉がありました。

「3年間、自分を捨てて、オレの真似だけしてろ! 」

その日から、「何者でもない若者のための仕事術」を、徹底的に伝授される日々が始まりました。
著者の石井朋彦さんの家には、「鈴木敏夫語録ノート」がぎっしり、段ボール2箱分あります。 このメモをもとに、「鈴木さんの仕事術を若き読者に伝える」という主題で、執筆が始まりました。

原稿をいただいてまず驚いたのが、鈴木さんの教えが、議事録の取り方、会議の席順、映画を観る視座、人間関係、トラブル解決、宣伝の手法にいたるまで多岐にわたり、どの教えも具体的・実践的であること。
さらに、その教えをまっすぐに受け取ろうとするがゆえに、
悩み、葛藤し、失敗し、成長していく著者の姿が、正直に描かれていたことに胸を打たれました。


「自分の意見を言わず、他人の意見だけをノートに取る」
「他者に求められる自分が、自分なんだよ」
「人のために仕事をする」
「自分がどう思うか、は関係ないんだよ。まわりが石井のことをどう見ているか、ということのほうが大事なんだ。じゃないと、いい仕事はできないよ」

「鈴木敏夫語録」は、すべて「エゴを手放せ」という本質に通じるものでした。


現代社会には、「自分」という形のない言葉があふれています。
「自分探し」「自分らしさ」「自分の生きがい」「自己実現」「自分の『好き』を仕事にする」……。

しかし、個性を尊重しすぎた現代に蔓延する苦しさに、みなさんももう気づいているのではないでしょうか。

とはいえ、本書の「自分を捨てる」提案は、単にエゴを手放すことだけを奨励するものではありません。「自分を捨て、他人を『真似』する」ことが、揺らぎない「核」=「持って生まれた本来の自分」を獲得し直す手段であること。その混じりけのない真実が本書のハイライトです。

20代の、右も左もわからない仕事人はもちろん、30代後半から40代の、多少の成功体験のあと「自己流の壁」にぶつかっている人に、ぜひ読んでいただきたい本です。

いったん読み始めたら止まらない「読み物」としてのおもしろさにも注目ください。(編集担当:飛田)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: WAVE出版 (2016/8/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4866210079
  • ISBN-13: 978-4866210070
  • 発売日: 2016/8/25
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,512位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「自分がありすぎるから悩むんだ」という言葉が
今の自分にとても響きました。
知識でいくらかためても現実の溝が埋らないと失望したら、
単純ではあるけれど、上手くやっている人の行動を無心に
マネてみるというのは、その通りだと思います。
暫く続ければ、理由は自ずと分かるもの。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
目から鱗が出る話でした。
自分と同世代ということもあって、若い時は石井さんと同じような感じでした。進捗会議の議事録ばかり書いてたりして、真似ばかりしてきたことも似てました。
私の場合は先輩とかに言われたからではなく、真似しないと仕事ができないからしてたのです。
いつも真似ばかりして不甲斐ないと思ってたのですが、この本はそうではなくなく、真似を徹底的にしろという。どうしても真似できなかったところが、その人の個性。

会社に入ったばかりの自分にプレゼントしたい本です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
こんにちは、古舘 健です。

高畑勲監督、宮崎監督、鈴木敏夫プロデューサー、そして著者に受け継がれるスタジオジブリの仕事術を紹介した本です。

「この本で伝えたいことは、ひとつです。
自分なんてどこにもいない。
自分の中には何もない。
何かあるとしたら、それは外、つまり他人のなかである。(P11)」

21歳から7年間、著者は、スタジオジブリで鈴木敏夫氏の仕事をサポートしていました。そんな著者が教えられたのは、自分を捨て、他人を真似る仕事術でした。

「『3年間、自分を捨てておれの真似をしろ』(P22)」と言われました。

著者は、アニメーション映画プロデューサーです。
宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』のプロデューサー鈴木氏のもとでプロデューサー補を務めました。現在は独立し、株式会社スティーブンスティーブン/クラスターの取締役プロデューサーとして数々の作品を成功させています。

なぜ、高畑勲監督、宮崎監督、鈴木敏夫プロデューサー、著者は自分を捨てたのに成功することができたのでしょうか?

その理由を自分の本来もっている「核」を自覚するため、と著者は言います。

...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
"自分なんてどこにもいない。
自分のなかには何もない。
何かあるとしたら、それは外、つまり他人のなかである。
このことを自覚することで、生きること、仕事をすることは、
まるで魔法がかかったかのように楽しくなります。"

ようするに、
「成長したいなら、まず自分を捨て
他人の真似をして取り込んでみる」ことが大切
というメッセージの本。

「真似をする」なんて誰でもできそうなことだけど
ある程度実績もあってプライドがあると、これがなかなか難しい。

本書はスタジオジブリで働いてきた著者が
プロデューサーの鈴木敏夫さんに教えられたことを中心に
自分を捨てることの大切さ、そして楽しさを綴る。

著者自身もプライドを抱えて、
自我に翻弄されがちな人だったという。
しかし、鈴木敏夫さんに出会うことでそれは変わった。

達観した仏のような鈴木敏夫さんの言葉が、
著者という第三者の目を通じて伝えられるので
説教臭くもなく、すんなりと心に染みこんでくる。

ついつい「自分の手柄のために」
「自分のブランディングのために
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
自分なんてどこにもない
自分のなかには何もない
何かあるとしたら、それは外、つまり他人のなかである

仏教チックな仕事術の本
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告