Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,380

¥ 110の割引 (7%)

ポイント : 342pt (24%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[三浦将]の自分を変える習慣力 Business Life
Kindle App Ad

自分を変える習慣力 Business Life Kindle版

5つ星のうち 4.0 48件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,380

紙の本の長さ: 240ページ

商品の説明

内容紹介

1つの習慣を変えたら、食生活や働き方、体型、お金の使い方、すべてが変わった資格の勉強が続けられない、ついつい怠惰 な生活をしてしまう。本書は、「自分を変えたい」という方に向け、まずはすべての習慣のキーとなる「スイッチとなる習慣」を身に付け、生活を抜本的に変える秘訣をお教えします。次に潜在意識の特性を理解し、セルフコーチングを応用することによって、苦労せず良い 習慣を身に付けていくスキルを習得していきましょう。仕事の成果を上げ、人生を充実させる習慣を多数ご紹介するとともに、最終章で は、人生を大きく変化させる力をもっている「コミュニケーションの習慣」「心の習慣」の身に付け方も伝授します。習慣は才能を超える力を持っていることを、きっとあなたも実感するはずです。 プロローグ 良い習慣を1つ始めると、悪い習慣がすべて変わる第1章 習慣化へのステップ第2章 潜在意識を味方につける第3章 頑張らなくていい理由第4章 習慣は才能を越える第5章 「スイッチとなる習慣」の見つけ方第6章 「スイッチとなる習慣」の選択肢第7章 人生を根本から変える習慣エピローグ あなたには想定を越える可能性がある!

出版社からのコメント

この本を読んで
毎朝5時起きを始めました。
すると、食生活や働き方、
体型、お金の使い方、
すべてが変わりました。

本書編集者

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 10916 KB
  • 紙の本の長さ: 188 ページ
  • 出版社: クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2015/11/24)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01EWEVXVO
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 9,881位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
睡眠とかコーチングとか色んな内容を広く浅く紹介。この手の本をあまり読んだことのない人にはいいかも。
読書家には既知の内容かな。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
早起きは本当にやる価値がある

習慣を身に着けるには、鍵となる習慣をまずは1つから始める。

以上この2点。
後半は何が書いてあったか忘れてしまったくらいの感じでした。ページ数も半分で良かったです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
類書は無数にあるのだろうが、自分を変えたいと思う人が一歩目を踏み出すには十分な内容だと感じる。備忘録として個人的に有用だと思われた点を列挙しておくと、

・スイッチとなる習慣をひとつ見つければ良い習慣は連鎖する
→結論から言うと「とりあえず早起きをする」習慣が万人に対して万能
・「快」の感情と習慣を結び付ける
・最初は習慣から得られる「成果」ではなく「定着」を目指す
・「本当の目的」を自分で明確に把握する
・本を読み終えたら、その本が自分にとって一生のうちに何回読む価値があるかを判断して、余白に記入する
・「意志決定を減らす」という形でのルーティン作り
・「自分とのアポイント」という形での予定調整
・面接とは一方的な尋問を受ける時間ではなく、お互いにフィットするかを確認する作業
・「何か新しいことや難しいことを学習しようと、快適領域を超える度に、脳内のニューロンが新しい強い結合を作る」という事実を知ること自体が、人の脳を活性化させる
←詳細はキャロル・ドゥエック教授参照
・ハイパワーポーズが気分を良くする
→ハイパワーポーズを2分間作る時間を日々の生活の中に導入する習慣
・コミュニケーションの基本は「傾聴」
←相手の立場に立
...続きを読む ›
コメント 176人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
前半はとてもためになりました。
何でもいいから、自分がやりたい習慣に一つ挑戦してみる、そういったモチベーションを高めてくれる前半でした。

しかし、その具体的方法論が弱いまま紙面は後半に入り、後半は身体を鍛える、早起きなど、どれもよくある、まぁ悪くはないであろう生活習慣を並べて語るばかり。
タイトルからすると、本書は生活習慣の本ではないはず。
自分に必要な生活習慣を、いかに身につけるかという、“身につけるための”本として私は手に取りました。
たしかに前半で生活習慣を身につけるモチベーションは上がりましたが、そのモチベーションを次に繋げるスキルが不十分なまま、後半は生活習慣の羅列で尻すぼみ。

後半タイトルから外れていったのは非常に残念で、そしてよくよく読んでみると前半も同じことの繰り返しが多かったかなと思ってしまい、全体を見渡すと内容は薄かったと思います。

三日坊主で終わってしまう自分を変えたくて読んだのですが(まさに“自分を変える習慣力”を)、気がつくと肩すかしな本でした。
☆2つにしてもいいかなと思いながら、前半は良かったかなと思ったり、入門書には良いのかなと思ったり、とりあえず☆3つにしておきました。すでにこういった本を読んできた方にとっては、読む価値はほとんどないと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
入門書としてもルービンさんの本がずっと優れてる。
ウェブで習慣関連のトピックでググると出てくる内容以上ではなさそう。「代わりにググってkindleにしておいた」っていう、「kindleまとめ」みたいな本も、まあいいとは思うのだが、そう割り切るには、高いなと。
類書で同じような読者層をターゲットにしているものでも良いものがたくさんあるので「目次本」としての用途にもハマらなかった。オススメせず。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
自分は、通勤の電車の中で「電車の中の動画広告」よく花粉とかovo(オーヴォ)が流れてるやつ。
あれで、「5時起きしたら、すべてが変わった」という広告を見て、「!!・・・いや、それはない。早起きしても、一日が長く感じるだけ」とその時はじっーとその広告をながめて、興味を持ちつつも「いや、それはないな」と思っていたのですが、数日した後

つい、書店に行ってこの本を読んでしまったのです。
すると、冒頭のストーリーで「トリガーとなる習慣を変えれば、全てが変わるのです!それを皆知らないだけ!」と言われてしまって、引っかかりました。
購入です。
今は、人生の軸が分かってお金も自分で稼げる様になっているのですが、まぁ、その秘密は後で。
中身は自己啓発系の本をよく読む人なら誰でも知っている物を詰め合わせた感じで、「嫌われる勇気」のパクりを数ページ、その次はまた別のパクり数ページという感じです。

長谷川大輔という人から、(アメリカでアンソニーの所で「Strategic Intervention Coach」になった人)に教えてもらったのですが、
実際に、うつを治すには「肉体レベル、精神レベル」という概念があって、何かというと
「肉体レベルの問題は抗うつ薬を飲んでる事」
「精神レベル
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover