通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
自分の頭で考えるということ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★概ねきれいな状態ですが、中古商品ですので若干のスレ・ヨゴレがある場合がございます。ご了承ください。【発送について→】☆受注確認後、迅速に発送行います。☆全商品、表面消毒&専用布でのクリーニング仕上げ行います。(※ご注文確定が土曜日から日曜日の場合は月曜日の発送となります)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

自分の頭で考えるということ 単行本(ソフトカバー) – 2010/9/5

5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 自分の頭で考えるということ
  • +
  • 「ほら、あれだよ、あれ」がなくなる本: 物忘れしない脳の作り方
  • +
  • 考える力 (だいわ文庫) (だいわ文庫 D 318-1)
総額: ¥3,186
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



子どもと一緒に本を読もう!
「Amazonキッズブックウィーク(4/17-23)」開催中 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

【本書の内容より】
「知性」とは何か。情報とは何か。美意識とは何か----情報洪水の現代において、ネットにつながらず、自分の頭だけとたのみとする将棋の棋士という稀有な職業。その頭のなかに気鋭の脳科学者が挑む刺激的な対話集。コンピュータ的知性は人間の頭脳を超えるのか?
【本書の推薦より】
読みながら「こういうことも考えられるんじゃないの?」と2人の会話に割って入ろう。そうしているうちに、自分の脳が耕されている。この本は考えるための勇気を与えてくれる----保坂和志

人間という存在の深淵とコンピュータ文明の進化について、本書は現代最高の対話者を得た。二人は将棋や科学を突き詰めることで、今という時代を生きる人生の意味を問う----梅田望夫
 

内容(「BOOK」データベースより)

「考えること」こそが仕事である。将棋界と脳科学界を代表する二人が、「考える」ということについて語り合った対談集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 168ページ
  • 出版社: 大和書房 (2010/9/5)
  • ISBN-10: 4479391991
  • ISBN-13: 978-4479391999
  • 発売日: 2010/9/5
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 11.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 562,931位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
羽生と茂木氏の対談であるが、茂木氏の話は既知の一般論や抽象論が多く、単なるナビゲータ役と思った方が良い。それに対し、羽生がもらす一言一言には含蓄がある。「直観とか創造性のようなロマンティックな信仰」を茂木氏は否定するが、羽生がその見解を信じていない事は言葉の端々から窺える。実際、羽生は別の書で、指し手に迷った時、「読みよりも直観を優先する」と語っているのだ。

「あまり恐怖心を持ってはいけない。一見危なそうだけど実は大丈夫、というのがすごく大事な要素」。「どうぞご自由にということをやらなくちゃいけない」。この羽生の言葉は、先の竜王挑戦者決定戦の第一局で放った「神の一手」三六歩を想起させるが、本対談がその対局前だったとしても、茂木氏にはもっと具体例を聞いて欲しかった。私は、「三六歩」を指した時の羽生の心理を知りたい。茂木氏は将棋に関して詳しくないのではないか。羽生の言葉を、具体的な局面に置き換える作業を怠っている。

私は脳科学者としての茂木氏との対談で、羽生の大局観や時折見せる「プロ棋士の誰もが予想出来なかった手」を指す思考メカニズムが少しは議論・解明されるかと期待したが、全くの当て外れ。茂木氏側の準備不足のせいで、殆ど雑談レベルに終始している。羽生がもらす至言が唯一の救い。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
テーマはコンピューターによる絶対計算と人間の思考の違いです。多量のデータをコンピューターの高速処理で"...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
”考える”ということをテーマに棋士 羽生善治と脳科学者 茂木健一郎が対談した貴重な一冊。
この対談に棋士 羽生善治の対局の真髄が見えたような気がして、非常に興味深かった。

対談形式の本というのは話がはずむほど、各論良し、総論悪しになることが多い。本書においても茂木氏は自身の持ち味を発揮し、話を予期せぬ方向に拡散する。しかし、羽生氏は常にテーマに応じた的確なポイントに話をシンプルに打ち返してくる。まさに、水平に広げる茂木 VS 垂直に深める羽生という構図で対談が進んでいくのだ。

特長的なのは、羽生さんは将棋盤の上を逸脱する話は、一切しないということだ。それなのに、話はあらゆる方向に広がっていく。おそらく羽生氏は類まれぬコミュニケーション能力から、自分の将棋のどのような話材が他のジャンルの人に興味を持ってもらえるのかを良くわかっている。しかし、それを皆まで言わずに相手に考えさせる(させた気にする)ということが非常にうまいのだ。それはおそらく対局を通じて養われた彼の美意識によるものであろう。

本題の”自分の頭で考えるということ”について、彼は明確にそれを言語化して説明はしていない。ただ、それを鮮やかな景色として見せてくれる。これもまた彼特有の美意識か。

最後にもう一つ、まえがきで羽生氏が、あ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告