Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,458

¥ 162の割引 (10%)

ポイント : 146pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ちきりん]の自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方
Kindle App Ad

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方 Kindle版

5つ星のうち 3.6 76件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,458

紙の本の長さ: 264ページ

商品の説明

内容紹介

仕事よりも、自分優先で生きる
方法を教えます!


残業ばかりで限界の管理職、正樹。
家庭と仕事の両立に悩む母親、ケイコ。
働きづめのフリーランス、陽子。
会社が伸び悩んできた起業家、勇二。

多忙で余裕のない4人の物語からわかる「忙しさの本質」と「日本で働く人たちの問題点」とは?
そして今、世界中で進みつつある「大きな変化」とは?
2つの視点から明らかになる、1つの重要な概念と方法論

超人気“社会派ブロガー"が「現代を生きぬくための根幹の能力」を解説する、大好評シリーズ第3弾!

---

「自分の時間を取りもどそう」
――この本のタイトルは、仕事や家事、育児に多忙な日々を過ごしているすべてのみなさんへのメッセージです。
新入社員だから、第一希望の会社に入れたのだから、やっとつかんだチャンスだから、
高く評価されているから、今が頑張りどころだから、途中で投げ出すべきじゃないから、
そして、家族のためだから、他の人はもっと頑張っているから……

多くの人がさまざまな理由で、忙しすぎる生活を「避けられないもの」「自分が頑張って乗り切るべきもの」として受け入れてしまっています。
でも、本当にそうなのでしょうか?
この多忙な生活を脱する方法は、どこにも存在しないのでしょうか?
私はあまりに多くの人がそんな生活を当たり前のように受け入れ、本当にやりたいことを後回しにし、
時には体や心を壊すまで頑張ってしまう現状を、とても普通のこととしては受け入れられません。
受け入れるべきだと思えないのです。

2016年、厚生労働省は初めて「過労死等防止対策白書」を作成しました。
現状を把握し対策を考えるのはいいことですが、問題はそれほど深刻化しているのです。
同白書によると、仕事を理由のひとつとする自殺は年間2000人以上、業務による心理的負荷を原因とする精神障害は、
労災請求件数だけでも1500件と15 年前の7倍です。
当然、労災など請求できず、仕事を原因とするうつ病で苦しむ人の数は、これより桁違いに多いはずです。
最近は政府も「働き方改革」と称して長時間労働を是正しようと動き出していますが、
「働く時間を短くしましょう」「はい。そうしましょう」と言って問題が解決できるほどコトは簡単ではありません。

今回の本では、ふたつの異なる視点からこの問題にアプローチしました。
個々人が直面する超多忙な生活からの脱出方法について考える視点と、今の社会で急速に進みつつある変化の本質に焦点を当てた視点です。
このふたつの視点をもって見ると、そこには共通する、ひとつの「答え」が浮かび上がってきます。
詳しくは本書をお読みいただくとして、まずは序章に登場する4人の生活振りをご覧ください。
4人の物語から浮かび上がるものと、今の社会で進みつつある大きな変化。
それらを俯瞰したとき、私たちが理解すべきこと、身につけるべきスキルとはなになのか。
本書を読まれたみなさんが自分の時間を自分の手に取り戻し、やりたいことを少しでも多く実現できる「自分の人生」を謳歌できますよう、
この本によってそのお手伝いができることを、著者として心から願っています。
(「はじめに」より抜粋)

内容(「BOOK」データベースより)

残業ばかりで限界の管理職、家庭と仕事の両立に悩む母親、働きづめのフリーランス、会社が伸び悩んできた起業家。正樹、ケイコ、陽子、勇二―多忙で余裕のない4人の物語から浮かび上がる「日本で働く人たちの問題点」とは?そして今、世界中で進みつつある「大きな変化」とは?2つの視点から明らかになる、1つの重要な概念と方法論。超人気“社会派ブロガー”が「現代を生きぬくための根幹の能力」を解説する、シリーズ第3弾!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 18317 KB
  • 出版社: ダイヤモンド社; 1版 (2016/11/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N0GELY0
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 76件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 7,416位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
メッセージは「生産性という判断基準を持ってそれを高めろ」というだけの本。

で、メッセージを支えるために必要な「高生産性シフト」するためには、インプットを減らして(あるいは増やさずにアウトプットを増やして)パラダイム・シフトをおこすような環境を作り、重要性の原則で動けってはなし。
間違ってはいないと思う。ただただ冗長。

生産性が低いことを代表する仮定の人格に常に上からアドバイスするスタンス含め、著者の”自分はできる人”アピールがちょくちょく出てくるのが鼻につく感じ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2017/3/2
形式: Kindle版 Amazonで購入
一気に読み終えました。
ぜひ、実生活に取り入れたいです。
生産性の高い生き方をしていきたいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
生産性がいかに大切かを説いた本
しかし、生産性の重要性の説明に本の半分を使うという非生産性を露呈(正直、4人の登場人物は1、2行の状況の説明で事足りる)。
この手の自己啓発及び生産性を高める本を読んできた方にとってはくど過ぎる内容。
時間の重要性を述べる箇所でも、使い古された「職場近くに住む」例。しかも1万の家賃上昇で20時間/月を確保などと非現実的。都心で30分/日の通勤時間の短縮をするには2LDKで家賃約10万増は見ておく必要があります。いくら時間が重要であることを分かっている人でも、東証一部上場の上位企業でない限り、非現実的です。1万の家賃上昇であれば、皆悩みませんよ。

生産性を上げる方法は、「投入する時間を制限すること」。
例えば、
・1日の総労働時間を制限する
・業務ごとの投入時間を制限する
・忙しくなる前に休暇予定を立てる
・余裕時間をたくさん確保しておく
・仕事以外の予定もスケジュールに記載しておく 等

↑ こんなのはもうやっているんだけど・・・と突っ込まざるを得ない。

そこで、
・「すべてをやる必要はない」と断言
・まず「やめる」
・「最後まで頑張る場所を厳選」
・時間の家
...続きを読む ›
コメント 332人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
生産性の効率をあげられないで悩んでいる方は考え方を変えるヒントが満載です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
周りとの比較ではなく、自分は自分の人生をどうしたいのかしっかり考えるきっかけになりました。それにしても、ちきりんさんの文章って説得力がある。とげがあっても受け入れられるんだよなあ。ともかく、一読の価値はありますよ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
 本書籍は、生産性を上げるためには〇〇した方が良いと言う当たり前のことを冗長的に引き伸ばして書かれた内容になっています。間違ってはいないと思いますが、あえて金をとるような内容かと思えます。って言うか、このスカスカな内容で1600円って、詐欺とは言いませんが割高にもほどがあるだろ。時間と金を無駄にした気分です。
 正直、感想を書くのも時間の無駄な気がする。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本のテーマ、「生産性」ですが、ここんとこ盛り上がっていて、あっちゃこっちゃに似たような本が並んでいます。
その中でこの本。「生産性って?」、とか、「そんなんやっても、どうせ・・・」とかという、どちらかというと初心者向けと感じます。
いつもの切れ味で大変平易に解説されています。さすがですね。
でも。
日頃、この言葉を横にして仕事している人たちにとっては、どうも物足りないのでは?。「分かっちゃいるけどどうしたら・・・」とかいう問いに十分にこたえてもらえる本ではないと思うのです。「これが切り札!」という方法も紹介されていますが、どっかで聞いたこともあるような処方箋ですし、そこからさらに具体的に切り込むこともありません。結局、「そっから先は自分で考えてね」ってことかな。それが大事なのも分かるけど・・・。

でも、30分で読み切ってしまう内容に、この値段はないのでは(泣)?。
もう、「生産性」について一家言あるようなみなさん、買う前に目次チェック、です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
多くの人が、どうせ仕事は全部やらないといけないからと「やれば終わる仕事」ばかりに手を付け、
「やれば終わる仕事」ではない「重要で価値の高い仕事」までたどり着けないという文言に感銘を受けました。

「重要で価値の高い仕事」はしっかり考え、あれこれと試行錯誤し、いろいろな方向から検討して初めてなんとかなる仕事であり、
それでも結果が出るとは限らない仕事。 だからどうしても「やれば終わる仕事」ばかりに手を付けてしまう。

しかし、「そもそもすべての仕事をやる必要はない」と割り切ることで、
本丸から手を付け生産性が上がる。 言われてみれば当たり前の事なのですが、目から鱗でした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover