¥ 1,620
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 324 (20%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,296
Kindle版価格
¥ 1,620
単行本(ソフトカバー)

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 324 (20%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
自分とチームの生産性を最大化する 最新「仕組み」仕... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

自分とチームの生産性を最大化する 最新「仕組み」仕事術 単行本(ソフトカバー) – 2017/4/20

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 549
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 自分とチームの生産性を最大化する 最新「仕組み」仕事術
  • +
  • 脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

累計30万部超のベストセラーが、ぐーんとパワーアップ!
最新のIT・クラウド事情を踏まえて、全面的に改稿した「最新版」の登場です。


最近、国を挙げて「働き方改革」の実現が目指されるようになっています。
これまで見られたような、多少残業をしてでも仕事を終わらせるべき、といった価値観ではなく、
「いかに残業を減らし、生産性を上げられるか」が求められています。

しかし、気合いと根性だけで一時的な成果を上げることに成功したとしても、それだけでは長続きしません。
逆にそれで身体を壊してしまっては、元も子もないでしょう。
では、どうすればいいか?ーー本書でおすすめするのは、
「自分が働かなくてもいい仕事は、『仕組み』に働かせる」という考え方です。

仕事に「仕組み」を取り入れることで仕事量と労働時間を減らし、
さらに安定した成果を上げることを提唱した前作の『「仕組み」仕事術』が刊行されたのは2008年。
このたび、最新のIT・クラウド事情に合わせて、9年ぶりに「最新版」として帰ってきました!

仕事に「仕組み」を取り入れることで得られるものーー
それは、毎日定時に帰ることができ、自由な時間が増え、さらに年収も増えるといういいことずくめの世界です。
今こそ、増えつづける一方の仕事を見直し、「仕組み」を最大限に取り入れる「究極の仕事術」を身につけましょう!

☞威力抜群! 明日からオフィスで使える「仕組み」の例が満載!
○「うっかり忘れ」が減らない→「Gmail式プロジェクト管理術」
○アイデア出しに時間がかかる→「共同編集型会議」
○人によって、成果がバラバラ→最強の「チェックシート」
○チームでミスが頻発している…→「ミス撲滅委員会」 etc.

☞「仕組み化」の5つのメリット
1 時間が得られる
2 ミスがなくなる
3 人に仕事をまかせられる
4 最小の労力で最大の成果が出せる
5 自分とチームが成長し続けられる

☞こんな方に、「仕組み」仕事術をおすすめします!

□ つねに作業に追われている
□ 同じミスを何度も繰り返してしまう
□ 仕事を人に振れず、いつも一人で抱え込んでいる
□ 効率が悪くても、いつものやり方でやってしまう
□ 自分もチームも、そろそろ次のステージに進みたい
□ 育児や介護などでフルタイムから時短勤務になった

出版社からのコメント

仕事に「仕組み」を取り入れることで仕事量と労働時間を減らし、さらに安定した成果を上げることを提唱した前作の『「仕組み」仕事術』が刊行されたのは2008年のこと。
そこから、はや10年近くの年月が経ってしまいました。
最近では「仕組み」という言葉は、「生産性」という言葉に置き換わり、世の中の関心を集めています。

しかも「生産性」という言葉の重みは、10年前の比ではありません。
生産性の向上は、労働人口が確実に減る日本の至上命題となっています。
さらに人工知能やIoTの普及が始まり、各企業も生き残りをかけて生産性を追求せざるを得ない状況になりつつあるのです。
また、世間的にも、ブラック企業に関する報道の影響もあってか、「長時間労働=悪」という認識が広まっています。
それが何を意味するかというと、「生産性が多少低くても、残業でカバーできているならよし」という日本企業独特の評価方法が、徐々に終わりを迎えつつあるということです。

「仕組み」を使って生産性を上げることは、仕事で成果を出すという前向きな理由だけではなく、自衛手段としてもその重要性が増しているのです。

では、現実問題として「仕組み」の重要性についてしっかりと理解して、なおかつ徹底的に実践している人はどれくらいいるでしょうか?
私の肌感覚では、まだまだ少数派だと感じています。
「仕組みなんてとっくに取り入れている」と思っていても、よくよく話を聞いてみると、気合いや根性がその仕組みの中に混ざり込んでいるケースもよくあります。
このようなことを見聞きするにつけ、私はあらためて『「仕組み」仕事術』が世に問われていると感じるようになっていました。

ただ、さすがに10年も経てばビジネス環境は大きく変わります。
最大の原因は、ITの進歩です。
この間に、私個人、そして私が代表を務めるファイナンシャルアカデミーで実践している仕事の仕組みも大きな進化を遂げました。
そこで、ツールやコンテンツを最新事情に合わせるために『「仕組み」仕事術』の改訂版をつくることになったのですが、
いざ取り組んでみると変更や追加をしたい項目がどんどん増えていき、最終的にはすべてを新たに書き下ろしてできたのが本書です。
(「はじめに」より)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 263ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017/4/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4799320556
  • ISBN-13: 978-4799320556
  • 発売日: 2017/4/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,881位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2017年8月17日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年5月21日
形式: Kindle版|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ドッグフード ロイヤルカナン12個