¥ 1,836
通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
自分でできる不動産登記 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

自分でできる不動産登記 単行本(ソフトカバー) – 2013/7/3

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 1,439

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 自分でできる不動産登記
  • +
  • 自分で登記をする会1 司法書士・土地家屋調査士に依頼せず二十歳の女子大生が自分で登記をして40万円節約 2016-2017
  • +
  • 自分でできる相続登記
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 108pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

最短時間でわかりやすく! 自分自身で不動産登記の手続をしたい人のために。

【本書で説明する主な登記手続は次のとおりです】
●引越しをしたり、住居表示変更があった場合の住所変更登記
●結婚や離婚で名字が変わった場合の氏名変更登記
●住宅ローンを完済した後の抵当権抹消登記
●相続・贈与・財産分与などによる所有権移転登記
●建物を新築したときの所有権保存登記
●建物を取り壊したときの建物滅失登記

【本書でわかること、本書がお役に立てること】
●ご自身が関わる登記の難易度(できるかどうか)をチェックできます。
●不動産登記の制度、登記事項証明書の読み方など、登記申請をするにあたって必要な知識がしっかり身に付きます。
●各登記手続をするための、書類の集め方、作成の仕方、申請の仕方を丁寧に解説。ご自身のケースに役立てることができます。

内容(「BOOK」データベースより)

大切な財産である不動産の登記。複雑でないものなら自分でやりたい。複雑な表現や事例を極力避け、自分でできそうな不動産登記の事例に絞り、ひとつひとつの作業を丁寧に説明した。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 自由国民社 (2013/7/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4426115795
  • ISBN-13: 978-4426115791
  • 発売日: 2013/7/3
  • 商品パッケージの寸法: 21.5 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,052位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
自分で出来る相続登記の本の内容だけでは、網羅出来ない部分をこの本が対応出来る内容になっています。
建物滅失登記申請は、相続時に考えられる登記申請でありながら自分で出来る相続登記では、詳細に申請手続きの内容が書かれていませんでした。
抵当権抹消登記申請をしなけらばならない場合や建物滅失登記申請をしないといけない場合は、この本にサンプルが書いてあり、便利です。

相続登記の流れは、姉妹本でよく理解出来るように書かれていますが、所有権移転を想定した手続きの話です。
上記のような場合は、遺産分割協議書も登記申請のための申請書の準備も取壊証明書も必要です。

1人で登記申請をする場合は、ある程度の勉強が必要ですが、ある程度の時間を掛けて登記申請しようと思っている人は覚悟は必要です。
覚悟のある人には、【自分でできる不動産登記】という本の題名は、ぴったりだと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
司法書士や土地家屋調査士に頼むと相場が8万円もするということで、自分でやりました。
不動産登記の本を数冊眺めてみましたが、この本が一番、登記申請書を書く人の身になって
書かれていると感じて、この本の通りにやってうまくいきました。
(下書き作成後の法務局での相談、その後の修正時間も含め実質3.5時間の作業。)

痒いところに手が届いた記述:
・ 申請書の上部には6センチ程の余白を
 (これは法務局の処理でシールを貼るスペースのために必要。)
・ 建物図面は、B4の丈夫な用紙を用いて、0.2mm以下の細線で鮮明に表示すること。

等、建物表題登記については、たった7ページですが、
そのまま採用できる実例と共に、分かりやすく記述されています。

なお、法務局に行くと局員が親切に詳細の相談に乗ってくれます。
私の場合、この本に添って申請書を作成し、横浜法務局で
見てもらい、一部修正し当日申請が完了しました。

参考までに、建物図面は手書きで申請が受け付けられました。

著者の児島さん: どうもありがとう!!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
家を建てて、節約のために建物表題登記と所有権保存登記を自分でやりました。参考になる本です。建物表題登記についても載っています。ただ法務局によりやり方が異なるところもあるので、細かいことは法務局で確認してください。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
建物表題登記に利用しましたが、実際に登記を完了させることができました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック