Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 535

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[加藤 諦三]の自信(知的生きかた文庫)

自信(知的生きかた文庫) Kindle版

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 535
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

【無料配信】
東京の多様な地域特性、都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮してつくられた、完全東京仕様の防災ブック。知識をつけるだけではなく、今すぐできる具体的な“防災アクション”を多く掲載。Kindle版でいつでもどこでもチェック可能! 今すぐチェック

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

「自分」から逃げない、「現実」から逃げない。
避けることからは、いかなる自信も生まれてこない。
さまざまなことに挑戦し、自分を試し、実際の自分を知りさえすれば、
たとえ実際の自分がどのようなものであっても、人は本物の「自信」を得る。

■目 次

はじめに──自信をもつための三つのポイント
第1章 自信が生まれる生き方、なくなる生き方
──なぜ、不安ばかりにこだわってしまうのか?
●正面から他人にぶつかっていけない時
●“自分でできるはずの決断”を他人の判断にまかせないで……
●人にコントロールされやすい人にある共通点
●「息のつまる人間関係」で我慢するか、「変わる勇気」をもつか
●わがままな人ほど、他人を「わがまま!」と非難する
●“心を開く”ことが苦手な人への処方箋
●「できないこと」ではなく「できること」を数えなさい

第2章  自分を守ることばかりに気をとられていないか──ほんとうの自信とにせの自信
●“今の自分”を正面から見つめること──「幸せ」への第一歩
●自分から逃げない、現実から逃げない
●自信のねつ造──「オレは絶対の自信だからね」
●にせの自信をもつ人は、やたら「言い訳」する
●大人になっても“小さい頃の理想”にしがみつきつづける人へ
●“にせの自信”だけを頼りに生きた人の悲劇

第3章 心を強くするのは、それほど難しくない──あなたを変えるのは、この“ちょっとした勇気”
●その瞬間、さわやかな自信が身体の中に生まれる!
●まず「依存のルール」を拒否することからはじめよう
●時には親の気持ちを“裏切る”ことも必要
●ひたすらちゃかして「心の葛藤」を無視していないか?
●相手が大きく見えすぎるのは、自分の錯覚だ
●「イエス」も「ノー」もはっきり言える人になれ!

第4章 自信は「ある」ものではなく「育っていく」もの──自分をもっと信じていい
●「自分についての事実」──さて、どのくらい知っている?
●やたら悩む人の“根本的なまちがい” 
●「ウソ」と「虚勢」で人生を支えることはできない
●もう“自分以外の人間”を演じるのはやめよう

第5章 「自分のやりたいこと」を見つけた人は強い──「なりたい自分」に近づく具体的な方法
●自分を発見する旅にでる
●動くこと──“柔軟体操”が心のもやを晴らすってホント?
●小さな愛情を示すことが“変化”のきっかけになる
●にせの良心に苦しむナルシシストになるな
●「自信」が「自信」を育てる
●“大きすぎる目標”で“今やるべきこと”を見失うな
●男らしさ、女らしさに“良心の呵責”を感じる人は……

第6章 一度生まれた自信は決してなくならない!──「今の自分にできること」を探して生きる
●「~しなければ……」より「~したい!」を優先させなさい
●“心の闇”を知れば、これからの道が見えてくる
●こう考えれば、あなたは変わる!

■著者 加藤諦三(かとう・たいぞう)
 心理学者。一九三八年生まれ。東京大学教養学部卒業。同大学院修士課程修了。
 主な著書に、『自信』『気が軽くなる生き方』『感情を出したほうが好かれる』『自分を許す心理学』『うつ病は重症でも2週間で治る、
もし……』『「不安」の手放し方』『「幸せなフリをする人」「不幸にしがみつく人」の心理』、訳書に『男と女の心が底まで見える心理学』『自分が「たまらないほど好き」になる本』(以上、三笠書房刊)など多数ある。

内容(「BOOK」データベースより)

自信は自信を育てる。健全な人間関係をもっている人が自信喪失に苦しむことは少ない。自信のない人は、ありのままの自分を受け入れてくれる人の前でも、自我防衛をおこなう。そこでこの本では、自信をもつための第一条件である正しい人間関係に焦点をあてた。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 384 KB
  • 紙の本の長さ: 142 ページ
  • 出版社: 三笠書房 (2000/10/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00GMAT378
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 56,837位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ノン 投稿日 2014/10/24
形式: Kindle版 Amazonで購入
余りにも親子の深層をえぐられるので読んでいて苦しい感じもするがよく納得できた。
ナルシシズムは自分に当てはまることだった。
本来の自分の気持ちに沿って生きていきたい。
なせ自分は苦しんでばかりいるにかこの本のおかげで気がつきました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover