自作自演集「8つの演奏会用エチュード」 がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,400MP3アルバムを購入

自作自演集「8つの演奏会用エチュード」

5つ星のうち 4.5 23件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 1,970 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 601 (23%)
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 1,970より 中古品の出品:5¥ 1,520より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の カプースチン(ニコライ) ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 自作自演集「8つの演奏会用エチュード」
  • +
  • 24の前奏曲
  • +
  • カプースチン:ピアノソナタ第2番&第3番
総額: ¥6,115
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: カプースチン(ニコライ)
  • 作曲: カプースチン
  • CD (2004/11/17)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: オクタヴィアレコード
  • 収録時間: 61 分
  • ASIN: B00067SUM2
  • EAN: 4526977930219
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 5,587位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 8つの演奏会用エチュード 作品40 1 前奏曲
  2. 8つの演奏会用エチュード 作品40 2 夢
  3. 8つの演奏会用エチュード 作品40 3 トッカティーナ
  4. 8つの演奏会用エチュード 作品40 4 思い出
  5. 8つの演奏会用エチュード 作品40 5 冗談
  6. 8つの演奏会用エチュード 作品40 6 パストラール
  7. 8つの演奏会用エチュード 作品40 7 間奏曲
  8. 8つの演奏会用エチュード 作品40 8 フィナーレ
  9. ソナタ・ファンタジー(ピアノ・ソナタ第1番) 作品39
  10. スイート・イン・オールド・スタイル 作品28
  11. 変奏曲 作品41

商品の説明

1937年ロシア生まれ、ジャズの要素を取り入れた作品を数多く生み出しているカプースチン。 本作は長らく廃盤になっていたトリトーンレーベルの“カプースチン自作自演集”の再発盤です。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
いやー、こんなにかっこいいピアノは初めてです。
8つの演奏会用エチュード、1曲目からグイグイ惹きこまれました。
5曲目とかもう圧巻です。気がついたら口が開いてしまっていました。
厚ぼったい音のかたまりが、息つかせないスピードで
怒涛のように、もの凄いパワーで迫ってくる感じです。
それでいて洗練された旋律は、都会的で洒落た雰囲気。
完全にノックアウトです。あー!すばらしい!!!
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/11/17
形式: CD
1年間探し続けてやっと巡り会えたアルバムです。
超絶技巧の曲ばかりで聞いていて単純に感動します。
きれいな曲・激しい曲・おちゃめな曲とお子さまランチのように盛り沢山でお得な気分!
『ジャズとクラシックが融合するってこういう事なのか』と納得できるんです。
個人的には最近5年間で最高にハマった1枚です。
絶対オススメ!!!
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 とあるCDショップを訪れたときに店内でかかっていたのが
このカプースチンの自作自演のCDでした。
彼の演奏する初盤が衝撃のデビューをかざった時の事でした。
 その時の私の驚きは歴史に埋もれたピアニスト、ヴェデルニコフを発見した時に
まさる衝撃だった。
 しばらくして当時の音大のピアノ科の生徒達の中でひそかに有名になり、
彼らも夢中になってカプースチンの楽譜を探し回っていたような記憶がある。
 レビューにも書かれているが聞くよりもむしろ弾く事が喜びにつながっていた
感があった。
 というのもそれまでの音大のレパートリーには
無かったタイプの音楽でこれこそが私達の弾きたい曲だと思わせるものが
あったようだ。
 クラシックのレパートリーだけでは満足出来ない世代の音大生にとって
いわば待ち望んでいたレパートリーだったようだ。
 つまりヴィルトゥオーゾタイプのピアニスト達が熱狂するタイプの作品が
つまっていたからなのだ。
 カプースチン自身の演奏するこのCDにはそういう意味で興味深いものがある。
演奏は少々荒っぽいが。
 初盤が発売されていた頃からずうっとCDを集めて聴いてきたが、
やはりjAZZに分類
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
とにかく、素晴らしい!!! こんな音楽が20年も前に既に存在していたなんて。レコード会社の人は何をしていたのだろう。もっと宣伝うまくいなきゃあ。死ぬまでに聞けてよかったけど、再発見して再販されなかったら、大変なことになっていた。埋もれてしまっていた。リズム、メロディ共に、そろっていて、クラシックとジャズのあいのこだけど、少しクラシックよりと僕は感じました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 これがジャズなのかクラシックなのか、音楽のジャンルは一概にどちらとも言えませんが(両方の要素が混然と交じり合っている気がする)、ひとつ確かなのは、とてもスリリングで魅力的なピアノ音楽だってこと。ぴちぴちと躍動感あふれるピアノの打鍵の縦横無尽、ほとばしる音楽の生きの良さに、思わず浮き浮きしちゃいます。最初の『8つの演奏会用エチュード』の第1曲「前奏曲」の音楽がはじまった瞬間、「おお! これはなんだか、映画『北北西に進路を取れ』のオープニングの音楽を彷彿とさせるではないか」と、のっけからガシッと心を掴まれてしまいましたよ。

 ロシアの作曲家ニコライ・カプースチン(1937- )が1984年に作曲した三つの作品をメインに収めた一枚(『スイート・イン・オールド・スタイル』のみ、1977年の作品)。
 「前奏曲」「夢」「トッカティーナ」「思い出」「冗談」「パストラール」「間奏曲」「フィナーレ」と続く『8つの演奏会用エチュード』が、わけても素晴らしいですね。聴いている間はアドレナリン出まくりっていうか、めくるめく跳ね回る音楽につい足先が動いてしまう、そんな心躍る楽しさがあります。ライナーノートのジャケットに、作曲者であり演奏者であるカプースチンの写真が載っているのですが、どこぞの国際企業の最高責任者か、あるいはマフィアの大ボスみたいなこわもてする風貌なんですね
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジャズとクラシックを両親に生まれた美しきピアノミュージック。
旧ソ連にあって、正統的なクラシックの教義とジャズのイディオム他を消化し
それを自らの感性で統合、再構築して見せた(しかも凄いテクニックで)
偉大なる足跡。この作品による衝撃的なデビューにより、全てが始まった
ということらしい。ソ連というとクラシック以外では、圧政下でも民衆に
聴き継がれていたというウラジミールヴィソツキーの野太いしわがれた歌を聴いた
ことがあった程度で、まさかジャズが聴かれ演奏されていたなんて
思いもよらなかった。
しかしここに聴かれるピアノの音は、クラシックよりずっとジャズ寄りに
聴こえ、かなり高速なテンポにも全く揺るがない技巧の凄みと相まって
ONE & ONLYの世界を現出している。ひとつの金字塔と呼んでも
決して過言ではないだろう。
その後アムランら優秀なフォロアーにも恵まれ(アムラン「ニコライ・カプースチン作品集」も
聴き応え充分!)、クラシック部門で立派に1ジャンルを形成していると思う。
ジャズがお好きな方は必ずや興じ入って頂けるでしょうし、
ピアノ好きな方はそのユニークさや凄みを是非お試し頂きたい。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
トピックをすべて見る...


フィードバック