中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 り.えこ書店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 【ほぼ新品】美品 [きれいな状態です。] ※通常、通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

自らの身は顧みず 単行本 – 2008/12

5つ星のうち 4.7 67件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 300 ¥ 1
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,026 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

私は5年前、「日本は素晴らしい国だ」と言ったら解任された!

アパ論文が原因となり、退職に追い込まれた田母神元航空幕僚長。
一自衛官を葬り去ることで幕引きを図った政府が、
議論を避けたがった田母神論文の真意とはどこにあるのか――?
「誰が『悪い国』を命を懸けて守ろうとするだろうか、
国を愛することを禁じるような歴史観のままでは、日本はいずれ滅びる」
という本書の言葉の通り、“歴史認識と安全保障の問題"こそ、
田母神氏が最も訴えたかった事と言える。
日本の国家再生には、歴史観の転換が必要であり、
歴史認識こそ、日本の安全保障を決める! --このテキストは、新書版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

「日本は素晴らしい国だ」「侵略国家などではない」と言った著者は、航空幕僚長を解任された。しかし、国益を損なうと思ったことについては、日本の立場をきちんと主張しなければならない。国家防衛の基盤は愛国心である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 246ページ
  • 出版社: ワック (2008/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4898311288
  • ISBN-13: 978-4898311288
  • 発売日: 2008/12
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 67件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 542,408位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 命令・指揮が明らかであることは軍の基本なのだから、将軍である
田母神さんの論が単純にして明快であるのは当然かもしれない。
 そして文章の闊達さは、これは生来のものであろう。
 頭の回転が速い、明朗な人柄がうかがえる。
 自衛隊の指揮官として、国会の場で参考人として、彼は何を言いたかった
のかが、非常に分かりやすく子どもにも理解できるように書かれている。
 教科書にしたいくらいだ。

 「国防の基本は愛国心」と言う言葉が何回か出てくる。
 当たり前だ。
 愛するものを守るためだからこそ、命を懸けるのだから。
 モチベーションを高めるために田母神さんがしてきたことは、素晴らしい
部下掌握の方法だし、幕僚長として軍のクオリティを高めるのに大いに寄与
したことだろう。
 アパの論文によって、日本は得難い人物を国家安全保障の現場から失った
ことは間違いない。

 退職金を返納しろ、などという輩もいるが、私は特別割増をしてあげたい
くらいだ。
 アパ代表・元谷氏が田母神さんに最優秀賞を授賞したのは「贔屓の引き倒し」
だったと言えるだろう。
 なんとも残念だ。
 田母神さんの今後の言論活動に期待したい。
コメント 146人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あにも 投稿日 2009/4/29
形式: 単行本
あまり期待をせずに読んでみましたが、
いいほうに裏切られました。

言っていることは非常に正論です。

日本を悪く言うことには、
言論の自由があり、日本を良くいうこと
には言論の自由がない。

正しい議論を論破できないために
都合が悪いから辞めさせられた。
なぜ正しい日本人が辞めなければ
ならないのかわからない。
田母神氏の勇気はもっと評価される
べきだと思う。
コメント 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道Walker トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/12/15
形式: 単行本 Amazonで購入
著者が言うように反日・侮日には言論の自由があり、母国を「よい国」だと言うと言論統制される現状は異常です。
「日本を戦争に巻き込むのは日本軍」と、GHQに洗脳され続けているとしか思えない状況があまりにも長く続いてきました。大部分のマスコミと一部の政界・教育界で、国民の生命・財産を護るという仕事に対して偏見を植え付け、思考停止させてきた結果です。
メディアでも政界でも「田母神論文」と記号化し印象操作が試みられています。著者の主張の全文と背景をまとめたこの本は、「空幕長降ろし事件」の一次資料として価値あるものです。
近代史を「予断を排して丁寧にたどっていく」、「自分の頭で考えたい」という人にとっても、入門書としてお薦めします。
著者の堅固な主張と、柔軟で魅力的な姿が伝わってくる好著です。
コメント 431人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
非常に読みやすく、また自衛隊についての知識がない私にはたいへん興味深く、すーっと最後まで読みました。
「防衛という仕事は抑止力をどうつくり出すかだ」という言葉が印象に残りました。

論文騒動は、調子に乗ったマスコミに政治家が媚びているように見え、非常に不快でした。
報道ステーションでは、田母神氏についての極めて悪質で陰湿なVTRを流し、古舘氏がわざとらしく呆れた表情を作っていました。
マスコミは本当に汚いと感じていました。

テレ朝関係者ですら読まざるをえないほど、本書が話題にならないものかと考えています。
2 コメント 465人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
田母神氏の主張は、善し悪しを論じる前に一個人の意見として成立するのが当たり前であるということをまずは認めてあげないと。でないと日本における言論の自由が崩壊していることになる。かれは間違ったことは言ってない。一つの歴史観として十分成立しうる内容、主張である。むしろ日本の政治家が腰砕けなので、経済的にも安全保障的にも米国の属国になってるのだし、中国をはじめとしたアジア諸国の顔色をうかがう国に成り下がってしまったのだと思った。年次改革要望書って言いなりってことだよね。日本人は近代史をきちんと理解して、自分の意見を持つことが求められていると思った。
コメント 267人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一気に読めました。
このようなテーマの本としては、程よいレベル、分量で、さらに話題性もあってか、短時間で楽しんで読めました。
一般人がある意味、教養書として読んでおいて、いや読んでおくべき本ではないかと思います。

田母神氏の主張が正しいか誤りかというよりは、この本を通してこのテーマに関して多くの日本人が其々の意見を持てるようになるべきでないかと。
多くのは日本人は、戦後教育の中で戦争に関して有無を言わせず日本(自国)を否定するような刷り込みがなされている、という指摘にはハッとしました。
日頃マスコミによってもたらされる何気に聞いてしまう言説も実はかなり偏りがあるものかもしれないと。

左翼的なバイアスが標準としてまかり通っているのは真実かもしれない。
日頃から防衛に関する特に朝日などの思想も現実性も放棄したような単純な主張に違和感持っていた私はそう感じました。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー