中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに薄い汚れがあります。他はきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

臨死体験〈上〉 ハードカバー – 1994/9

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

「人は死んだらどうなるのか…」 誰もが一度は持つ疑問である。その手掛りとなるとされるのが臨死体験。三途の川を見た、魂が体から抜け出した…等の体験談が数多く報告されるが、その意味するところとは何なのか、を探る。


登録情報

  • ハードカバー: 441ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1994/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163492607
  • ISBN-13: 978-4163492605
  • 発売日: 1994/09
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 577,440位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
“死”とは何か? 誰もが一度は考えるテーマだろう。“臨死体験”とは死の淵から生還した人の体験だから、死へのヒントと成りえると考えこの本を手に取った。この本は決してオカルトではない。臨死体験を科学的に解明すべく、世界中の臨死体験者、研究者、医者などのインタビューを網羅したジャーナリズムの本である。
臨死体験とは要するに死後の世界を実感するような体験らしい。そういう臨死体験者は世界中に存在しており、彼らが見たイメージはかなりの共通性があるようだ。具体的には、まばゆい光、トンネル、霊的存在、死んだ事の認識、安らかな気持ちなどである。死後の世界などと言うと、大抵の人は“オカルト!”と決め付けてタブーとするだろう。まして科学者はなお更である。でも、実際に世界中に臨死体験者が存在して、死後の世界を実感したと報告する人が多くいるというのは事実である。その事実を考えもせずに排除するということこそ、サイエンティフィックとはいえないだろう。そういう思想から、あえてタブーの世界を科学的に解明しようとする著者の気迫が伝わってくる。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
~人間は、いや生きとし生けるもの全ては「死」を忌み嫌い恐れるものですが、それは肉体そのものを喪失する恐怖と、死後の世界が解明されぬ闇の中の不安で在ると言う理由からでしょう。しかし神秘あるいは宗教的真理を否定する所から出発したはずの「科学」も、歴史を重ね現代最先端科学の現場ではその「神秘」を検証・下手をすれば証明する皮肉な様相を呈して~~います。政治から科学まで現代日本が誇る論客・立花隆がその神秘の世界を考察するのも時代の要請と言う物でしょう。
~~
本書のみならず起死回生を果たした人々が語る臨死体験は様々な形で紹介されています。どれも共通したイメージが語られ、ゆえに暗示や死期に際した脳が特異な幻覚を生成するのだと、一応の科学的な解明?が成されなかば定説とされてます。しかし大脳生理学者ワイルダー・ペンフィールド博士による生体実験(電極刺激による脳の感覚地図検証)で右側頭葉にあるシル~~ベウス裂を電極刺激してみると肉体から魂が抜け出す感覚=幽体離脱の感覚が起こる事が発見されています。死に際して脳が放電異常を起こしこの回路が刺激され、人は魂が抜け出す意識体験をする。だから臨死体験は幻覚であるとされるが、これは矛盾してはいないだろうか。そもそも魂が実在しないのなら、なぜそんな回路が脳に仕掛けられていなければならないのか~~。さらに何の目的でそんな回路が「設計」されている
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
~人間は、いや生きとし生きるもの全ては「死」を忌み嫌い恐れるものですが、これは肉体そのものを喪失する恐怖と、死後の世界が解明されぬ闇の中の不安で在ると言う理由からでしょう。神秘あるいは宗教的真理を否定する所から出発したはずの「科学」も、歴史を重ね現代最先端の科学の現場ではその「神秘」を検証・下手をすれば証明する皮肉な様相を呈していま~~す。政治から科学まで現代日本誇る論客・立花隆が、その神秘の世界を考察するのも時代の要請と言う物でしょう。
~~
本書のみならず起死回生を果たした人々が語る臨死体験は様々な形で紹介されています。どれも共通したイメージが語られ、ゆえに死期に際した脳が特異な幻覚を生成するのだと、一応の科学的な解明?が成されなかば定説とされています。しかし大脳生理学者ワイルダー・ペンフィールド博士による生体実験(電極刺激による脳の感覚地図検証実験)で右側頭葉にあるシル~~ベウス裂を電極刺激してみると肉体から魂が抜け出す感覚=幽体離脱の感覚が起こる事が発見されています。つまり死に際して脳が放電異常を起こしこの回路が刺激され、人は魂が抜け出す意識体験をする。だから臨死体験は幻覚であるとされるが、これは矛盾している。そもそも魂が実在しないのなら、なぜそんな回路が脳に仕掛けられていなければならないのか。さら~~に何の目的でそんな回路が「設計」されているのか。進化
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告