中古品
¥ 480
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 見た限り書き込みありません。古本のため多少の使用感やスレ・キズ・傷みなどあることもございますが全体的に概ね良好な状態です。通常2営業日以内で迅速丁寧に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

臨床疫学―EBM実践のための必須知識 単行本 – 2006/10

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 240

この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

臨床疫学の最もスタンダードな入門テキストにして、世界的に高
い評価を得ている名著、7年ぶりの改訂。臨床疫学の基本原理や統計を用いた方
法論を体系的に学ぶことができる。判型をB5判に拡大、本文は2色刷りになり、
見やすさに配慮。また大幅に加筆され、各章の終わりに復習問題を追加するな
ど、内容はさらに充実。しかも値下げを断行。医学生、研修医、臨床医から、
看護師、公衆衛生に携わる人々まで幅広く有用。

著者について

聖路加国際病院院長/京都大学名誉教授

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: メディカルサイエンスインターナショナル; 第2版 (2006/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4895924548
  • ISBN-13: 978-4895924542
  • 発売日: 2006/10
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 497,750位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
臨床疫学の初学者が基本的な概念や用語を学ぶとき、はじめから英語で勉強するのは困難をともなうかもしれません。原書自体が臨床疫学の入門的教科書ですが、それを自然な日本語で丁寧に翻訳した本書も、この分野の日本語での入門的教科書でしょう。2×2表、感度・特異度、尤度比、オッズなどの用語の定義、ランダム化比較試験、コホートなどの研究デザインの概略が非常にわかりやすく記述されており、翻訳本にありがちな「不自然な日本語のストレス」も感じません。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
かつて臨床疫学は衛生学の一部門としての地位を占めるにすぎなかったが、今や臨床医学の最前線にいる。臨床医にとってそれは聴診器がつかえ、パソコンが使えるのと同様に日々の臨床上の意思決定をささえる重要な手段である。

私はデータを公表するための統計学は随分勉強したが、現実の臨床の現場と結びつく臨床疫学については断片的な知識をもっているにすぎず、どこか自信がもてなかった。しかしこの本は大変に理解を深めてくれた。

システマティックに、しかも簡潔に読みやすく構成されている本書は学生の標準的教科書としても役立つが、臨床疫学を体系的に学ぶチャンスのなかった多くの臨床医の皆さんにも有用であると思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
EBMの基本を理解したいと思っている人たちにとって必読と言えるでしょう。この本から始めて、英語の教科書やもっと大部の教科書に進んでいきましょう。日本語の訳文も分かりやすく、事例や図も豊富で痒いところに手が届くといった感じ。医師・医学生のみならず、EBMに関心があるコメディカルの方々にもお勧めします。ただボリュームの割に少し値段が高い..。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
臨床疫学というわけのわからない領域の全体像をとりあえず理解しようとする一番最初に読む本だと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告