通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
臆病者のための株入門 (文春新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆彡全品簡易アルコール消毒済です。※中古品につき、多少の使用感・細かい傷・経年によるヤケ・折れ・シミなどがある場合があります。Amazonコンディションに期づき商品の検品には万全を期しておりますが万一なにか問題がありましたら、Amazon規定に従い快速な対応(返金・返品)させて頂きます。発送は大阪府高石市より『ゆうメール便』にて迅速に発送しますOPP袋(水濡れ防止)に入れて確定後48時間以内に発送させて頂きます。(追跡番号はありません・ポスト投函の為確認お願いします。)質問などの対応は少し時間を頂く場合があります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

臆病者のための株入門 (文春新書) 新書 – 2006/4

5つ星のうち 4.1 135件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 13

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 臆病者のための株入門 (文春新書)
  • +
  • 臆病者のための億万長者入門 (文春新書)
  • +
  • 全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)
総額: ¥2,441
ポイントの合計: 241pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ふつうの人でも、あらゆる株必勝法のインチキを見破り、カモられずにお金を増やせる方法がある!株をやらないつもりの人でも思わずやりたくなる、クールで知的な株入門。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

橘/玲
作家。昭和34(1959)年生まれ。早稲田大学卒業。2002年、小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 229ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2006/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166605143
  • ISBN-13: 978-4166605149
  • 発売日: 2006/04
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 135件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,803位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
株式投資について、非常に偏りのない、客観的な立場から包括的に書かれた本。

証券会社の入力ミスによっていっきに20億円をかせいだジェイコム男(1章)、
ホリエモン(2章)、著者の著者のデイトレードの経験(3章)などをもとに、

株式投資というものが、いかに恐ろしいものかという話が語られる。
(でも、そういう、恐ろしいやりかたじゃない、普通のやり方もあるんだよ、ということで
4章以降につながる)

最初の3章では、ホリエモンの錬金術のからくりが、非常にわかりやすく解説
されていたり、先物取引や信用取引のデイトレードが、いかに精神的にきついもの
なのかが、とてもリアルに描写されていて、おもしろい。

4章以降では、株式投資というのはどういうものなのか(4章)、あるいは、投資の神様と
呼ばれたバフェットや平成の花咲爺と呼ばれた竹田和平さんたちの投資法(5章)が紹介される。
(参考図書は、『株で富を築くバフェットの法則』、『竹田和平の強運学』)
6章では、さまざまなファイナンス理論を紹介しながら、経済学的にもっとも正しい
投資法を検討する。

著者の考えとしては、以下のとおり。

...続きを読む ›
コメント 179人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 株式投資の本質、金融商品の儲けのカラクリ、誰でも知っている大銀行や生保、証券会社の宣伝文句に潜む巧妙な罠など、見事に事実をわかりやすく説明してくれる好著。ヘタな図解や煽り文句が全盛の株本が多い中、事実をわかりやすく整理して、本質を理解させる筆力に脱帽です。個人投資家必読の名著になると思う。

「デイトレード」「スイングトレード」「個別株長期投資(バフェット流投資法)「経済学的にもっとも正しい投資法」をはじめ、宝くじ、競馬、生命保険、ギャンブル全般のコストとパフォーマンス、そして肝心のリスクにまで言及し、橘氏はその本質を見事に説明している。巧妙な「おいしい話」に踊らされることなく事実を事実として、冷静に分析してくれ、それを常識と合理的な推論とで読み解く技術を教えてくれる。

 しかもこの本の優れているところは実用書でありながら、投資家が理解すべき金融リテラシーを示唆に富んだ「物語」のように読めて、しかも充分楽しめるところにある。 著者の小説「マネーロンダリング」もエンターテインメントとして充分楽しめる1冊だったが、こちらはいま自己責任の時代の資産運用、活用を考えるすべての人に役に立つ1冊だと思う。
コメント 102人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
株式投資をこれからしようかするまいか迷っている人は一読の価値があります。
しかし、投資のノウ・ハウは書かれていませんので、ご注意ください。

この書にあるように私もあらゆるバックテストを長年試みていますが、優位性が明らかな手法はまだ見つかっておらず、株式投資に情熱を注ぎながらも大きな疑問を常々持っています。

この書にあるように「トレーダーはコイン投げのプロに過ぎない」のであれば、本屋にある投資本は何の価値もなく、本書のみが真実の書ということになると思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私は、著者の作品(ゴミ投資家シリーズ、小説)や著者が参考にした文献なども、ほとんど読みました。ゴミ投資家シリーズは、今でもたまに読み返し、私の人生のバイブルと思っています。この著書は、ゴミ投資家シリーズのダイジェスト版の感がします。著者が以前から提唱していました世界市場インデックス投資は、著者の先物の失敗の事も有り、以前よりさらに確信を得たようです。この本は、題名の様な人にまさしく読んで欲しい一冊です。ただし夢はあまり無いです。夢を見たい人は、景気の良い文字の並ぶ株本を買って、株を始めて、夢を見ながら投資資金を減らしましょう。大きな夢より小さくても確実な方を、選びたいなら、是非読んでください。
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
新書一冊掛けて説いてきた話も、後書きの「私自身はここで述べたような「合理的な投資法」を実践しているわけではない。」という一文によって、「なぜだ?」という疑問だけが読後感として残った。
言ってることとやってることがまるで違うFP達と同じじゃありませんか、という疑問が残った。
いや、別にいいんですよ、言ってることとやってることが違ってても。
ただ、後書きにちょろっとだけ書くぐらいなら、ちゃんとその理由を本文に書いてもよかったんじゃないでしょうか。

内容としては、悪くないというか、まともというか、常識的というか、普通というか、これといって目新しい話も特に無いというか、別にこの本じゃなくてもいいというか、大して特色が無いというか。
その意味で、この本をおすすめする理由もなければ否定する理由もない感じ。
その意味で星は3。

最初に述べた「なぜ?」の分、星一つ下げて2の評価にしました。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー