お届け先を選択
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

腸内細菌が喜ぶ生き方 単行本(ソフトカバー) – 2019/5/17

5つ星のうち4.0 11個の評価

価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥3,080 ¥3,080

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「腸内細菌が悲しむ生き方」をしていませんか。大腸を全摘したドクターが説く「腸と腸内細菌」の凄さ!腸疾患、がん、アトピー、うつ、自閉症、慢性疲労…「体と心の不調」に終止符を打つための食生活、暮らし方から画期的治療法「腸内フローラ移植」まで!

著者について

城谷 昌彦(しろたに まさひこ)

消化器病専門医、消化器内視鏡専門医、内科認定医、ルークス芦屋クリニック院長
1995年東京医科歯科大学卒業。
神戸大学病院内科、京都大学病院病理部、兵庫県立塚口病院消化器科医長、城谷医院院長などを経て、2016年ルークス芦屋クリニック開設。
消化器病専門医でありながら、自ら潰瘍性大腸炎発症によって大腸全摘術を経験。
西洋医学はもとより、東洋医学、自然療法の見地からも腸内環境を健全に保つことの大切さを改めて痛感する。
さらに分子栄養学、心理学、精神腫瘍学、運動生理学などを学び、栄養療法や心理カウンセリングなどホリスティック(全人的)なアプローチで腸内環境改善を柱とした根本治療を目指している。
2017年からは腸内フローラ移植(便移植)による治療を開始する。
この腸内フローラ移植が人体に及ぼす多大な機能改善力に着目し、潰瘍性大腸炎などの消化器疾患だけでなく、うつ、自閉症、自己免疫疾患、がんなど多岐にわたる疾患の治療を行なっている。
一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会専務理事。NPO法人サイモントン療法協会理事。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 海竜社 (2019/5/17)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/5/17
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 208ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4759316493
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4759316490
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 11個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
11 件のグローバル評価
星5つ
52%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
48%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年6月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年9月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する