中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

腐蝕生保 下巻 単行本 – 2006/11/15

5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人事を壟断する同期の秘書室長・三田を通して、トップの不興を買った吉原は、国際法人部から江戸川支部長に左遷された。「ノルマ生保」と揶揄される過酷な現場で、吉原は生保レディたちの力を借りながら、持ち前の能力を発揮する。しかし、その陰では、ノルマにのたうち自殺する者も出ていた。現場を省みず、イエスマンばかりが重要される本部に絶望した吉原は、乾坤一擲の賭に出た―。渾身の経済エンタテインメント小説。

内容(「MARC」データベースより)

トップの不興を買い、ノルマにのたうつ過酷な現場に左遷された吉原。イエスマンばかりが重用される本部に絶望し、乾坤一擲の賭に出るが…。巨大生保に切り込む経済小説。『週刊ダイヤモンド』連載に加筆修正して書籍化。


登録情報

  • 単行本: 386ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/11/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104547034
  • ISBN-13: 978-4104547036
  • 発売日: 2006/11/15
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 175,212位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
それにしても会社トップの経営批判の頂点として自らの職を放棄することがそれほど簡単にできるのだろうか。
一般サラリーマンにはなかなかできることではない。
非常に面白い作品だが彼に拍手を送る気持ちにはなれなかった。
一般文学通算1073作品目の感想。2013/10/08 10:00
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
最大の問題は主人公の魅力のなさ。何度も「一選抜のエリート」というフレーズが出てくるが、描かれる場面は会社人事について憤慨あるいは愚痴を言っているというところが多く、何かというと「辞める」を口にする。営業現場経験の話もあるが、たった2年間の腰掛けを疑問に思わず風評営業と労務管理で実績をあげ、枕営業を半ば後押しする始末。救い難い。
モデルとなった生保の会長、社長、役員の乱脈ぶりがテーマで、主人公は絶えず反抗はしているように描かれるが、この鼻持ちならない主人公だと結局は出世しても同じようになるのでは、と思うほどである。それを意図して書いているなら仕方ないが、実名という体裁を取っていないのだから少しは勧善懲悪の要素が欲しかった。この生保の乱脈を暴くノンフィクションのつもりで書かれたなら話は別だが…。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
モデルがあって、それを具体的に想定しながら読めば多少は印象が変わるのかもしれないが、そうでない立場だと、単なる会社内のウダウダ、しょうもないやつが社長になったので、辞表をたたきつけて辞めた社員のお話でしかない。人物描写が浅く主人公に共感できない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
主人公吉原周平、上巻同様上司に直言するが愚痴が多すぎる、やり手で
会社に必要な人間、支部の生保レデイからは賞賛の声、でもなにかあると
辞表を出す主人公、またしても上巻同様セールスレデイと不倫、全く魅力の
ない主人公、つまらない一冊であった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告