通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
脳科学は人格を変えられるか? がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■中古品になりますので経年劣化、使用感のある場合がございます。本の状態は良好です。(複数購入での送料割引は御座いません。)■ご注文確認後、水濡れ防止にて丁寧に梱包し、迅速に発送させて頂きます。■配送形態は、基本的に日本郵便のゆうメールのみとさせて頂きます。但し、重さ、サイズ、金額によりゆうパックでの配送となる場合がございますので、予めご了承下さいませ。ご不明な点がございましたら、メールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳科学は人格を変えられるか? 単行本 – 2014/7/25

5つ星のうち 4.3 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 482

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 脳科学は人格を変えられるか?
  • +
  • 脳を鍛えるには運動しかない!  最新科学でわかった脳細胞の増やし方
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 77pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

●NHK Eテレ『心と脳の白熱教室』に著者登場!
2015年7月24日(金)23時~23時54分、毎週金曜日 全4回

チャーチルは「成功とは、失敗を重ねても熱意を失わない能力のことだ」と言って
どんな逆境もはねのけ、偉大な政治家としてその名を留めた。
エジソンは電球の試作の失敗が1万個に達したとき、「失敗したのではない。
うまくいかない方法を1万通り見つけただけだ」と言って、ついにはフィラメントを発明する。

人生の成否を分けるのは、「前向きであることのできる」性格によるものなのか。
だとすると、それは脳のどんな働きによるものなのか。
欧州最大の脳科学の研究所を主宰し、その問いを解きあかそうとしている
エレーヌ・フォックス博士が、その答えに驚くべき実験と調査の数々から迫る、
とびきり面白いポピュラーサイエンス。

例えばこんな調査がある。
1930年代に修道院に入った全米各地の修道女180人が書いた自叙伝を検証し、
前向きな言葉と後ろ向きな言葉が出てくる頻度を点数化した。
約60年後に、修道女たちの寿命との相関関係をみる。すると結果は、
前向きな自叙伝を書いていた修道女が、そうでない修道女に比べて
10年以上長生きしていたのだ。

そして、フォックス博士自身の研究所は、前向きな感情を起こさせる物質、
セロトニンを脳内で生み出す特定の遺伝子を発見、
性格は遺伝子によって決まっているのかというところにまでメスをいれる。
ところが、研究を進めると、これらの遺伝子は環境によって
その働きが変わってくるという驚くべき結果がえられたのだ。
科学の推理を楽しみながら、子育てや自分の人生にまで思いをはせることもできる、
深い一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

そのカギは楽観脳と悲観脳にあった!オックスフォード大脳科学研究室が明かす驚異の世界。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 326ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2014/7/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163901000
  • ISBN-13: 978-4163901008
  • 発売日: 2014/7/25
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,109位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
まだ読んでる途中ですが…いい線はいってると思います。丁度同じところに目をつけていたので期待し過ぎました。

皆さん仰るようにかなり楽観脳寄りの考えです。
そもそも幸福と快楽を同じように捉えていますが、幸せを感じるのは悲観脳の方だと気付いてないようですので無理もないですが。

僕はレイニーブレインの回路が丸々ない障害の当事者なのでよくわかります。

粘りなども悲観脳の方です。
楽観脳だけだと持続性がなく、理想論だけ語る怠惰なやつになります。(ADHD)
結局、どちらも身につけた楽観的なリアリストが最強なのは間違いないです。
不安を感じるのは悲観脳というのは合ってますが、相手の不安をわかってあげる=幸せにしてあげるということです。
楽観脳=自己愛、悲観脳=慈愛という説明がより適切でしょう。

発達障害とは結びつけられてないようです。
僕が立証するように頑張ります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
多彩な症例による科学的アプローチで良く理解できた。
大変参考になった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ネガティブを0にしなくてはいけないのではなく
例えば1考えてしまったとしたら
ポジティブなことを3考えると良いという
部分が心を楽にしてくれました。
(0にしようとすると執着が生まれ
逆にその割合が増えていってしまうのだと思います)

脳科学の研究が今後も進められて
様々な病気の予防や治療に役立つことを願っています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 本書の結論はサニーブレインとレイニーブレインのバランスが大切ということです。それには東洋の知恵が役に立つというしめくくりもおおいに賛同できます。最新の脳科学の研究成果の紹介も参考になります。しかし、バランスが大切ならばならば、これほどまでにサニーブレインの肩を持つことはないでしょう。
 修道女の研究が紹介されていますが、記述が間違っています(p.93)。「日記には、彼女らが1930年に修道院に入った当初からの生活が綴られている。」となっていますが、そうではなく、修道女になる動機などを綴った修道院に入る前の自伝(autobiographies)が残っているので、これを研究材料にしています。「60年にわたって追いつづけた。」となっていますが、調査時点から1930年を振り返った研究です。この研究自体に問題はありませんが、筆者のフォックスは論文を読んだのか疑わしくなります。また、この時の自伝にポジティブな記述が多い修道女は長生きをしているのですが、記述が一番少ないグループが一番短命ではありませんでした。若いころにネガティブな出来事があり、それをネガティブ感情で対応したおかげなのかもしれません。大切な人の死に直面した時には、悲しむのが自然なことです。ポジティブ感情が良いからといって、ネガティブ感情をコントロールすることは好ましいとは思えません。
 謝辞にポジティブ心理学
...続きを読む ›
コメント 168人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 A Beer Drinker トップ500レビュアー 投稿日 2014/7/30
形式: 単行本
 世の中には、たとえ同じ事実に接したとしても、それを前向きに受けとめる人もいれば、それを否定的にとらえる人もいる。いわゆる、楽観主義者と悲観主義者である。本書の著者エレーヌ・フォックスによれば、じつは両者のちがいは脳内回路のちがいに起因している。そしてフォックスは、前者の脳内回路を「サニーブレイン(晴天脳)」、後者の回路を「レイニーブレイン(雨天脳)」と呼ぶ。では、ふたつの回路は実際どうちがっているのか? また、それぞれの回路はどのようにして形成されるのか? それらを明らかにすることが、本書の主要テーマである。
 第3章のレイニーブレインに関する議論をみてみよう。著者曰く、ポイントは扁桃体と大脳皮質の相互関係にある。恐怖や不安を引き起こすうえで重要な役割を担っている扁桃体と、それを抑制する機能ももつ大脳皮質。両者のあいだには無数の経路が存在するが、しかし、扁桃体からくるアラートが必要以上に強くなり、大脳皮質による抑制のはたらきが弱くなると、その脳は過剰な反応を示すことになる。つまり、恐怖や不安の兆候を過剰に感知するようになり、その人はネガティブな思考に陥りがちになるというわけだ。著者のいうレイニーブレインとは、まさにそのような反応を生む脳内回路にほかならない。
 しかしそれならば、そうした脳内回路は何によって決定されるのか。遺伝子によるのか、経験によるのか、それ
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー