新品:
¥6,050
ポイント: 61pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 10月27日 - 28日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
44 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
在庫あり。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 返品が可能な商品です
お届け時の状態で商品を返品いただくと、返金を受けられます
脳卒中運動学 がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

脳卒中運動学 単行本 – 2021/10/4

5つ星のうち5.0 2個の評価

価格
新品 中古品
単行本, 2021/10/4
¥6,050
¥6,050

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 脳卒中運動学
  • +
  • 体幹と骨盤の評価と運動療法 改訂版
  • +
  • 症例動画でわかる理学療法臨床推論 統合と解釈実践テキスト
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

出版社より

書籍外観

前作『体幹と骨盤の評価と運動療法』の続編がついに発売!

脳血管疾患を発症すると上位運動ニューロンが障害されるため、 運動麻痺や感覚障害を生じることがあります。

また、運動と現象という視点で見ると、病的共同運動パターンや連合反応、ぶん回し歩行など、健常者では見られない病的な運動と現象が生じるようになります。多くの脳卒中リハビリテーション分野の書籍では、これらの現象を脳科学から解説されるため、苦手意識を持つ方は少なくないはずです。また、脳科学で異常や運動現象を理解したとしても、そこから効果的な評価と運動療法に繋げることができない方が多いと思います。

そこで今回、脳機能だけの解釈ではなく、我々理学療法士が持っている解剖学や運動学の知識で多くの片麻痺患者の症状を説明した革新的な書籍が完成しました。

【編集者:園部俊晴からのコメント】

この書籍の原稿を初めて読み進めた時、大きな衝撃を受けました。私たちセラピストには、脳の損傷によって麻痺の程度や身体の使い方は、ある程度決まっているという固定観念が、大なり小なりあるので はないでしょうか。この固定観念があるために、病的共同運動パターン、分回し歩行といった健常者では見られない病的な運動は、神経学的な障害とひとくくりにしてしまう傾向が、多分にあると感じています。

脳卒中を発症すると、上位運動ニューロンが障害されるため、確かに運動麻痺や感覚障害が生じるよ うになることは事実です。しかし、脳卒中によって片麻痺を呈した患者の、こうした健常と異なる運動も、 失った機能の補正や代償などとして現れている現象であると運動学的に解釈できるようになると、一人一人の片麻痺患者の見え方が変わってくることが分かります。そして、さらに重要なこととして、運動学的に解釈できることで、私たちセラピストができることが、これまで以上にたくさんあることに気づきます。

私は現在までに考えられてきた神経学的な解釈が間違っているとか、軽視してよいといった主張をす るつもりはありません。しかし、私たちセラピストがこれまでに学んできた解剖学や運動学の知識で、脳卒中患者の症状を説明できることは多いこと、そして運動学的に解釈できることで、運動学に基づいて 治療することで、これまで以上に片麻痺患者の運動を変えられることを多くのセラピストに知ってほしいと思っています。この本質の意味を、本書を通じて読み取っていただけるはずです。

【編集員:土屋元明からのコメント】

本書は鈴木俊明先生が監修したシリーズの第2弾です。前作『体幹と骨盤の評価と運動療法』は多くの読者から好評を頂きました。

最新作である本書『脳卒中運動学』では、脳卒中リハの『なぜ?』を運動学と解剖学によって 徹底的に分かりやすく解説しています。

正直に申しますと、ここまで論理的に 分かりやすく解説できた書籍は、他に存在していないと感じています。

脳卒中のリハビリは、運動器のリハビリと違い「脳に損傷があるから」という解釈で、運動学と解剖学に基づく運動療法を蔑ろにしているセラピストが非常に多いと思います。もちろん、私もその1人でした。しかし、本書の編集にあたり全ての原稿を読み終えた時、「脳卒中も運動器も 一緒だ...」と衝撃が走ったのと同時に、「学生や新人の時にこそ、こういった本 が欲しかったな...」と感じました。だからこそ編集員としてではなく、1人の理学療法士として「この本は絶対に セラピストなら読まなければならない本だ」と思っています。

それくらい勉強になると同時に、私たちの臨床の手助けになり、今までの臨床内容に一石が投じられます。

是非、本書を読み進めてこの意味を実感してください。

商品の説明

出版社からのコメント

本書は鈴木俊明先生が監修したシリーズの第2弾です。前作『体幹と骨盤の評価と運動療法』は多くの読者から好評を頂きました。
最新作である本書『脳卒中運動学』では、脳卒中リハの『なぜ?』を運動学と解剖学によって 徹底的に分かりやすく解説しています。
正直に申しますと、ここまで論理的に 分かりやすく解説できた書籍は、他に存在していないと感じています。

脳卒中のリハビリは、運動器のリハビリと違い「脳に損傷があるから」という解釈で、運動学と解剖学に基づく運動療法を蔑ろにしているセラピストが非常に多いと思います。もちろん、私もその1人でした。しかし、本書の編集にあたり全ての原稿を読み終えた時、「脳卒中も運動器も 一緒だ...」と衝撃が走ったのと同時に、「学生や新人の時にこそ、こういった本 が欲しかったな...」と感じました。だからこそ編集員としてではなく、1人の理学療法士として「この本は絶対に セラピストなら読まなければならない本だ」と思っています。それくらい勉強になると同時に、私たちの臨床の手助けになり、今までの臨床内容に一石が投じられます。

是非、本書を読み進めてこの意味を実感してください。

著者について

昭和61年 京都大学医療技術短期大学部 理学療法学科を卒業。
昭和63年から母校の教員(助手)となり、筋電図研究を行う。
平成6年に関西鍼灸短期大学 神経病研究センター講師、平成13年に同助教授、平成15年には関西鍼灸大学 助教授。
また、平成14年には藤田保健衛生大学(現藤田医科大学)より博士(医学)授与される。
平成19年に関西医療大学保健医療学部 理学療法学科 教授、平成23年には同大学院 教授となる。
現在、関西医療大学大学院 保健医療学研究科 研究科長、関西医療大学 教務部長として活躍中である。

【書籍】
『体幹と骨盤の評価と運動療法 改訂版』
『脳血管障害片麻痺に対する理学療法評価』
『リハビリテーション神経科学』など著書多数

【社会活動など】
・関西理学療法学会 会長
・(公社)大阪府理学療法士会 副会長、理事
・第27回大阪府理学療法学術大会 大会長(2015年)
・公益社団法人日本理学療法士協会代議員(2015年度~)
・雑誌「関西理学療法」編集委員長
・Editor for Journal of Novel Physiotherapies, SM journal of Neurology and Neuroscience, International Journal of Neurorehabilitation, Austin Journal of Neurological Disorders and Epilepsy, and Journal of Neurology, Neurosurgery and Spine
・Reviewer for International Journal( Journal of Clinical Neurophysiology, Neurology India,Journal of Physical Therapy Science) Somatosensory & Motor Research
・「熊取町障害程度区分判定審査会委員」

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 運動と医学の出版社 (2021/10/4)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2021/10/4
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 258ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4904862481
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4904862483
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
2 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません

0のカスタマーレビューおよび2のカスタマー評価があります。