通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
脳動脈瘤がみつかったら (健康ライブラリーイラスト... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: Amazon倉庫より24時間以内に発送。送料無料・保証付。概ね良好です。書き込みはありません(細かな見落としはご容赦頂ければ幸いです)。amazonが管理していますので、在庫切れキャンセルはありません。除菌クリーニング済みです。現品限りです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳動脈瘤がみつかったら (健康ライブラリーイラスト版) 単行本(ソフトカバー) – 2011/6/11

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 673

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 脳動脈瘤がみつかったら (健康ライブラリーイラスト版)
  • +
  • 脳動脈瘤がある人の不安と選択―脳ドック&脳卒中完全ガイド
  • +
  • 「くも膜下出血」のすべて (小学館101新書)
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 62pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

こぶの大きさ、形状、できた位置でリスクは変わる!
開頭手術(クリッピング術)か、血管内治療(コイル塞栓術)か。
NO.1脳神経外科医・上山博康医師がくわしく解説。

手術か? 様子見か? あなたの命を守るベストな選択法がわかります!!
ワイドで見やすい ひと目でわかる

内容(「BOOK」データベースより)

ワイドで見やすいひと目でわかる、手術か?様子見か?あなたの命を守るベストな選択法がわかります。開頭手術(クリッピング術)か、血管内治療(コイル塞栓術)か。NO.1脳神経外科医・上山博康医師がくわしく解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 102ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/6/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062597500
  • ISBN-13: 978-4062597500
  • 発売日: 2011/6/11
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 18.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 74,394位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
脳動脈瘤の部位が立体イラストでわかりやすく解説されています。
この道の権威、上山先生の本です。
代表的な2つの術式について解説されています。
一方、破裂確率に関するデータは不十分です。
また、医師の書いた本なので、当然ながら患者の気持ちが詳述されてはいません。
患者が書いた本http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883202461/ref=oss_product
やネットの最新情報と合わせて読むのがよいでしょう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私自身の脳動脈瘤の手術の前に読みました。難しい脳の話がとても単純化された絵と分かりやすい文章で書かれていて理解しやすかったです。どうやって手術がおこなわれるのか、手術後の経過はどうなるのかとてもやさしく、わかりやすく書かれています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 私がこの本を読んだのは、活字が主体のくも膜下出血や未破裂動脈瘤云々に関する種々の本を読んだ後で大体のことは分かっていたのですが、イラスト入りでわかりやすく説明されているので頭の中のバラバラの情報が整理されました。
 まず発見に至る種々の検査、3つの選択肢、開頭クリッピング手術、血管内手術(コイル治療)、治療せずに経過観察、の順番に説明されます。
 私はほとんど手術することを決心しておりクリッピング術のイラスト例の中に同じ場所のものもあり、イメージトレーニングにいい(そんな楽しい経験ではありませんがね)
 例えば医師の説明よりも皮膚の切開部分ははるかに大きいものでした。改めて説明していただくと20cmくらいとのこと・・・医師はなんでも質問しないと教えてくれません。患者はきっとこんなことも心配しているだろうなんて思ってくれていません。
 で、手術直前、もう後には引けない状況、いや敵前逃亡もありかな?!という時期になって1%くらいの患者さんは、頭がい骨が腐って、それを除く手術と人工骨に取り換える手術の計2回余分に手術を受けることになると告げられました・・・そんなこと、この本のどこにも書いていません。・・・しかも、クリッピング術で手術した部分の頭がい骨って一度血管とか神経とか切って取り外すから死んでしまってるんですって(怖い〜)腕の骨を骨折してくっ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
小さくても手術した方がいい!と書いてあるのかと思ったら、
至極まともな本で、イラストが多用されていて分かり安いと思います。

破裂率に関しては、本当に正確なデータというのは得られないわけですが、
小さいものは出血しにくい(しないではない)というのは、真だと思うので、そういうのをひっくるめて1%/年であることを
言っておいたほうがいいかもしれません。

体験談は、結局うまくいった人の話に過ぎないと思うので、上手くいくとこうなんだと考えた方がいいと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック