通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
脳動脈瘤がある人の不安と選択―脳ドック&脳卒中完全... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ、シミ等)などがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。商品に不備が見つかった場合は、発送前にメールでご連絡いたします。■こちらの商品は、日本郵便のゆうメール(追跡機能がございません)又はヤマトDM便で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。注文確定から商品到着まで最長7営業日を要する場合がございます。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。書き込みがないように検品をさせていただいておりますが、万が一ございました場合に関しましては少量の書き込みにつきましては商品代金の30%、過度な書き込み商品代金の50%を返金処理をとらせていただいておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳動脈瘤がある人の不安と選択―脳ドック&脳卒中完全ガイド 単行本 – 2002/4

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 299

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 脳動脈瘤がある人の不安と選択―脳ドック&脳卒中完全ガイド
  • +
  • 脳動脈瘤がみつかったら (健康ライブラリーイラスト版)
  • +
  • 内皮細胞が活性化する食習慣で一生切れない、詰まらない「強い血管」をつくる本
総額: ¥3,780
ポイントの合計: 70pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

脳ドック受診で脳動脈瘤発見。開頭すべきか、否か。あなたならどうする。脳ドック受診から手術まで完全理解。

内容(「MARC」データベースより)

脳ドック受診で動脈瘤発見。開頭すべきか、否か。あなたならどうする? 脳ドックでの動脈瘤発見から開頭手術、術後経過まで、新聞記者が自ら体験した一部始終を完全ルポ。脳ドック選びのポイントや全国脳ドックリストも収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 221ページ
  • 出版社: 三五館 (2002/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883202461
  • ISBN-13: 978-4883202461
  • 発売日: 2002/04
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 477,815位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
新聞記者が自分の立場を最大限利用して、
もっとも優秀な治療者によって安全に脳動脈瘤クリップ術をしてもらったという、
一般人をうらやましがらせるだけに書いたとしか思えない本。
普通の外科医ならこの難しい部位の手術は後遺症残ったのでは・・・。
しかも何らかの圧力があったのかこの本の改訂前の
「いのちの聖域―未破裂脳動脈瘤てんまつ記」でのネガティブな情報がかなり消えている。
もし、あえて前野氏の本を読むなら
改訂前の「いのちの聖域―未破裂脳動脈瘤てんまつ記」の方がおすすめだが、
情報が古いので(そう、この本の元ネタは1990年初頭の手術なのだ)、
結局両方を読まないといけなくなってしまう。
また、未破裂脳動脈瘤を俯瞰する際
山口研一郎氏の「脳ドックは安全か」「脳受難の時代」も併読すべきだが、
こちらはネガティブ情報の宝庫(と言うか反対派、それでも★4つくらいだが)なので
患者本人が読むには注意が必要である。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
2011年9月現在。
わたし自身、最近、未破裂脳動脈瘤がみつかり、ネット上の情報を探しまくり、また、2つの病院の診察も受けました。
この本は、1つだけの書評が悪かったので、敬遠しましたが、本としては医者が書いた本は多々あるものの、患者が書いた本は、これくらいしかなかったので何冊目かの最後に注文しました。
未破裂脳動脈瘤について、ネット上のブログ等の情報は少々ありますが、患者の目線でここまで詳細に書いたものは、ありませんでした。
造影剤を入れたCTA、カテーテル検査の意味、開頭クリッピングかコイル塞栓術かの悩み、入院から開頭クリッピング手術、術後の苦痛、退院まで、どこかのブログでは決して書かれていない詳細度で記載してありました。
2002年初版ですが、2011年現在と比べると、経験とステントの使用によりコイルの適応が増えたくらいで、2011年の今でも医師の名前はともかく、情報量としては、十分に参考となるレベルだと思います。
私としては、医師が書いた本1冊以上+この本1冊を読んだ上で、診察を受けるのがよいと思いました。
未破裂脳動脈瘤の破裂確率等、データ面では、まだまだ、この分野は発展途上ですが、手術を考えるほど深刻な状況であるのなら、この本は、患者にとってもその家族にとっても絶対に参考になると思います。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
実は私も人間ドックで脳動脈瘤が発見されました。そのショックから始まり、手術をすべきかどうかこの作者と同じように悩みました。10年以上前の医学と現在の医学とは格段の進歩で全く同じではありませんが、作者の気持ちと自分が一緒の立場で考えていけるので仲間のような気になって読みました。また手術の過程や術後の経過もあらかじめ予測できたので助かりました。何しろ手術前はものすごい不安に襲われますが、こうして成功した人の体験談はとても勇気をくれました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック