通常配送無料 詳細
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、日焼けによる若干の色あせなど、多少使用感ありますが、概ね状態良好です。よろしくお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書) 新書 – 2014/1/30

5つ星のうち 3.2 68件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 58

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)
  • +
  • 脳はどこまでコントロールできるか? (ベスト新書)
  • +
  • サイコパス (文春新書)
総額: ¥2,503
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人間がセックス、ギャンブル、アルコールなどの虜になるのは「ドーパミン」の作用による。
だが実はドーパミンは人間の進化そのものに深く関わる物質でもあるのだ。
「気持ちよさ」の本質に迫る。

セックス、ギャンブル、アルコール、オンラインゲーム――人間はなぜ、これらをやめることができないのか。
それは〝脳内麻薬〟であるドーパミンが中脳から放出され、「快感」を司る脳の各部位を巧みに刺激しているからである。
コカインや覚醒剤はこの脳内回路「報酬系」を誤動作させて過剰な快楽を与え、依存症を招くものだ。だがこのドーパミンは他人に褒められたり、難易度の高い目標を達成するなど、「真っ当な喜び」を感じる時にも大量に放出されている。
なぜ人間の脳はこんなしくみになっているのか。
話題の美人脳科学者が人体の深遠なる謎に迫る。

内容(「BOOK」データベースより)

セックス、ギャンブル、アルコール、オンラインゲーム―人間はなぜ、これらをやめることができないのか。それは中脳から放出される“脳内麻薬”ドーパミンが「快感」を司る脳の各部位を巧みに刺激しているからである。コカインや覚醒剤はこの脳内回路「報酬系」を誤動作させて過剰な快楽を与え、依存症を招くものだ。だがこのドーパミンは他人に褒められたり、難易度の高い目標を達成するなど、「真っ当な喜び」を感じる時にも大量に放出されている。なぜ人間の脳はこんなしくみになっているのか。話題の美人脳科学者が人体の深遠なる謎に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 174ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2014/1/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344983351
  • ISBN-13: 978-4344983359
  • 発売日: 2014/1/30
  • 梱包サイズ: 16.8 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 68件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,844位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
分かり易く脳内物質ことが書かれていますので、読んでみて下さい。もう少し詳しいことが知りたかったので、次に期待しています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ああああ 投稿日 2016/3/18
形式: 新書 Amazonで購入
面白い本だよ。ドーパミンという物質で人間の行動が支配されているんだね
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
脳内報酬回路の解説から麻薬の利き方、依存性の原因、最終的には幸福追及の在り方まで

幸福や愛情も全て報酬回路の働きで説明できるみたいだけど、そう考えるとなんか虚しくなってしまった。
後半は作者の主観が多く交じるが、全編に渡り客観的事実に基づいた論理的な説明がなされており読みやすい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
脳科学の進歩で幸せになる物質、メカニズムがわかり始めた。けれど、それを得るには幸せな脳でいることが大切みたいですね…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まぼ 投稿日 2017/4/5
形式: Kindle版 Amazonで購入
楽しく読めました。
勉強になりました。
脳の不思議に興味が湧きました
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
面白もくそもない平坦描写の記述。自分の考えのない本。ドーパミンの試験勉強にはいいかも。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 捨球磨 トップ500レビュアー 投稿日 2016/1/14
形式: 新書
本書の目的は「『快楽という自分へのご褒美』とその源になっている化学物質(脳内麻薬)の働きについて解説する」ことである。

快楽の直接の源の物質はドーパミンである。脳内の快感は食欲や性欲といったもっとも基本的な生理的欲求よりも強い。報酬系の中心となる神経はA10であり、これは中脳の腹側被蓋野(VTA)から出て、前頭連合野、扁桃体、側座核、帯状回、視床下部、海馬にドーパミンを供給する。この中でも側座核がドーパミンを受け取ることが快感の中心と考えられている。脳にとって好ましい経験は海馬に蓄えられ“期待の快感”を生成する。
またランナーズハイのときのエピオイドであるβエンドルフィンの作用はモルヒネの6.5倍の強さを持っている。脳内麻薬に頼りすぎることは、麻薬と同じ危険を招く可能性があるということは知っておいていい。

依存症(中毒)には一つだけ共通項がある。それは依存対象に接しているとき、人の脳の中にはドーパミンが分泌さているということだ。依存症は物質が起こすのものではなく、脳自体の病気である。アルコールやニコチン、コカイン、覚醒剤、過食症等を続けるとすぐに得られた快感が、ドーパミン受容体が減少することであまり感じなくなる。やがてドーパミンの放出側や受容体の神経細胞自体が変化し、それらへの依存が脳の中に永久に記憶される。
依存症に
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ドーパミンについて興味のある人だったら、すでにどこかで聞いたことのある話ばかりです。
特にドーパミンの正体がわかるわけではありません。
ドーパミンは本書では快楽物質として簡単に説明されていますが、ドーパミンは「快楽を期待させるもの」にすぎず、「快楽そのもの」ではないという説もあります。
この違いは些細なようですが、快楽そのものについて考えさせられます。
これは茂木さんが、感覚と感覚の実感を区別するものとしてクオリアというものを持ち出したのを思い出させます。
それにしても、最後の最後に高校の教科書にも出てそうな「マズローの欲求5段階説」で締めくくられおり、締りのない話になっています。
我慢して読んで最後がこれか?という感じです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
デイヴィッド・J・リンデン著 岩坂彰訳『快感回路---なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか』2012.河出書房新社 に内容と章構成が酷似しています。
加えて、巻末の主要参考文献一覧にも当該書の名前は見当たりません。
内容以前に、このような剽窃まがいの本を出版するということに執筆者のモラルを疑わざるを得ません。
内容も酷いもので、注釈の類は一切なく、根拠の示されない推論や断定といった非論理的な文章が目立ちます。執筆者が自ら考察を深めて執筆を行なっていないことは明らかです。
科学的な知見を求めて本書を開いた読者、ならびにデイヴィッド・J・リンデン氏を侮辱するような大変な悪書といえます。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
題名だけに興味を持ってよくチェックせずに購入しました。
結局、読者に何を伝えようとしているのかよくわかりませんでした。
論点、事柄の整理も散漫な気がします。もっと深い内容を期待していました。
手抜き感が感じられたため、途中で読むのをやめました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告