通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
脳内不安物質―不安・恐怖症を起こす脳内物質をさぐる... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳内不安物質―不安・恐怖症を起こす脳内物質をさぐる (ブルーバックス) 新書 – 1997/8/20

5つ星のうち 3.9 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 713
¥ 713 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 脳内不安物質―不安・恐怖症を起こす脳内物質をさぐる (ブルーバックス)
  • +
  • 「セロトニン脳」健康法―呼吸、日光、タッピング・タッチの驚くべき効果 (講談社+α新書 481-1B)
  • +
  • 森田療法 (講談社現代新書)
総額: ¥2,417
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

不安・恐怖症やパニック発作には、ある物質が関係している!今も昔も私たちは、さまざまなことから不安や恐怖を抱くものだが、多くの場合、その不安・恐怖は一過性で、いつのまにか忘れてしまうものだ。ところが、最近のストレス社会を背景に、不安や恐怖に“とりつかれた”ようになる不安・恐怖症や、突然激しい不安が襲うパニック発作によって日常生活が困難になる人が日本でも増えている。こうした病的な不安・恐怖は心理学的カウンセリングを中心に治療が行われてきたが、現在ではいくつかの脳内物質と脳の機能障害が関係していることが明らかになり、治療法も変わりつつある。本書では、不安・恐怖症とパニック障害の物質的原因を新しい知見でさぐり、効果的な治し方を紹介する。

内容(「BOOK」データベースより)

病的な不安・恐怖は心理学的カウンセリングを中心に治療が行われてきたが、現在ではいくつかの脳内物質と脳の機能障害が関係していることが明らかになり、治療法も変わりつつある。本書では不安・恐怖症とパニック障害の物質的原因を新しい知見でさぐり、効果的な治し方を紹介する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 146ページ
  • 出版社: 講談社 (1997/8/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062571846
  • ISBN-13: 978-4062571845
  • 発売日: 1997/8/20
  • 梱包サイズ: 16.8 x 11.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 179,928位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
まず驚くのは、パニック障害という言葉さえ認知されていなかった
1997年にこの本が書かれているということ。
私は、1995年、幸いにも、パニック障害に関してはパイオニア的な医者の先生にかかったため
すぐに、パニック障害と診断され、適切な薬を処方していただけたが、
あのとき、パニック障害に疎い先生に当たっていたらとぞっとする。

この本で最も参考になるのは、第三章だろう。
炭酸、乳酸、カフェインがパニック発作を誘引することは知っていたが、
GABAがそうだとはまったく知らなかった。
コンビニでは、GABA入りのチョコレートが、ストレスにいいとして売られており、
私もよく購入していた。
それが、まったく違うとはショックだった。

この本は、いたずらにパニック障害患者をあおるものではなく、
非常に冷静に分析がなされている。
パニック障害をわずらっておられる方は、一読をおすすめする。
私は数多くのパニック障害に関する本を読んだが、
その大半は、高価で、まるで詐欺のような本であり、
レビューを書くにも値しなかったが、
この本はちがう。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/4/4
形式: 新書
パニック症、不安・恐怖症について科学的に分析・解説がされています。また、医学的にも十分な解説がされており不安・恐怖症について向かい合い、それを克服する勇気を与えてくれる一冊です。症状別の症例と治療法も書かれており、パニック症、恐怖・不安症に悩んでる人には非常に参考になると思います。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
通算すると17年ほど(良くなったり、再発したり)広場恐怖を伴うパニック障害に悩まされ、その都度長期の服薬期間でした。(現在も…)
脳内の何かが悪さをして、過呼吸や息苦しさ、頻脈が起こるのはわかっていましたが、その正体を知って、気が楽になりました。私に足りない物をサプリメントで補っています。
リラクゼーション法とサプリを続けてみたところ、嬉しい変化が表れました!!いつかは服薬なしで電車に乗る事も、車を運転する事も夢ではない気がします!!
こういう自信も快復への良い方向に向かうと思いますので、お悩みの方、ぜひご一読を…
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
不安に関する知識を得たことによって、少し不安が治まった気がします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/1/15
形式: 新書
私は今も高速道路が怖い。飛行機も、ジェットコースターも高いところもだめ。昔なら、根性なしとか、臆病者で終わらせられてしまっていた。でも、車酔いや船酔いとは違う。多分この本で多くの同じ悩みを持つ人々が社会の認知を受けたと思われる。また、こうした本を通して自分たちの苦しみを理解してもらえる機会ができたことが、本当にうれしかった。私の妻もまだ、本当に理解してくれているのか定かではない。まだまだ、一般の人には理解してはもらえない。精神科の医師は多少の理解はあるみたいではあるが、それを仕事としているはずなのに著者のような理解ができている医者は本当に少ない。現に私は通院しているときに半ば強引に高速道路に乗るように進められ、下手をすれば死んでいたかも知れない経験がある。もっと多くの人にこの苦しみを理解してもらいたい。私はまだ、この苦しみから解放されることを諦めつつも微かな期待を持っている。多分この苦しみを共有する人々しか仲間はいないかもしれない。でも、同じ苦しみを抱えている人々は大勢いることはこの本で分かる。いつかこの病気がこの本を通じて社会に認知されることを祈る。
コメント 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/10/3
形式: 新書
不安というものの正体が少なからず理解できました。
今まで、この不安はどこから来るのだろう・・・という不安に悩まされていたことがあります。
それらが体調に影響を及ぼすという仕組みが理解できたおかげで、自分の生活習慣を見直そう、という気になりました。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
随分昔から、「パニック障害」という病名は、なかったにしろ、
不安・恐怖症は、何人にもあった。
「森田療法」など、心理学的見地、カウンセリングを
中心に治療が行われてきた様だが、
現在の医学では、「脳内物質」と「脳の機能障害」が
関係している事がわかり、治療法も日進月歩である。
この本は、『脳』の図解も有り、とてもわかりやすく
「ノルアドレナリン」や「セロトニン」などの
働きやしくみを説明してくれる。
見えない体(脳)のしくみが、わかると、
「パニック障害」の発作のしくみも見えてきて、
克服への一筋の光明を見出してくれる事を
私は信じて疑わない。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す