脳・内・再・醒~ecphoric dance~ 通... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 600MP3アルバムを購入

脳・内・再・醒~ecphoric dance~ 通常盤

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,234
価格: ¥ 963 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 271 (22%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:2¥ 279より
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

メールマガジン購読:アニメ関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、アニメ関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (2010/9/15)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: Sham.Studio.
  • ASIN: B0040LAX4I
  • JAN: 4582241300201
  • その他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 497,268位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
5:30
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
2
30
5:38
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
3
30
3:52
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
4
30
5:28
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
5
30
5:39
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
6
30
3:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 

商品の説明

音の目覚める声が聞えますか?

アキバ系音楽のトップユニットMOSAIC.WAVが待望の7thシングルをリリース!

ワールドミュージックと融合した新たなアキバポップが、次のアルバムへと続く壮大な 世界観とともに降臨する――

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
全世界的タッチパネルに続くモザイク・ウェブの新作。

これまでの作品とはちょいと違う感じがします。
何でも今作はワールドミュージックを取り入れてるのだそうで・・・。
ハーディ・ガーディと言うバグパイプに似た楽器も使われているとか。

この路線は来年にも出るアルバムにも続く様なので、これを気に入った方は
次のアルバムも期待されて良いと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
相変わらず、旧き良きゲーム・ミュージックへの尊敬の念と愛情をそこかしこに感じる。
それはさておき、新たなアプローチとして民族音楽の要素を取り入れているけれど、
良くも悪くも楽曲の骨組みにまでその影響が大きく表れているというほどではない。
メロディーよりもアレンジに重点を置いているように感じられるので、音だけ聴いていると
mosaic.wavがこの先どういう方向へ進もうとしているのかちょっと分からなくなって来る。
ジャケットに掲載されている文章を読むと、これはどうやら"音楽が失われた世界で、
音楽を取り戻すために旅に出た2人の物語"が土台となったコンセプト・シングルらしい。
なるほど、そういうことならば合点が行く。早い話がmosaic.wav流のバラッドなのだ。
曲単位からアルバム全体で、賑やかに読み聞かせるAKIBA-POPへの挑戦ということか。
シングルとしての出来はOK。ニュー・アルバムへの期待も高まろうというものだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告