¥ 2,268
通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方 単行本(ソフトカバー) – 2009/3/20

5つ星のうち 4.5 141件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,268
¥ 2,268 ¥ 1,815

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 脳を鍛えるには運動しかない!  最新科学でわかった脳細胞の増やし方
  • +
  • GO WILD 野生の体を取り戻せ!  科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス
  • +
  • 幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論
総額: ¥6,372
ポイントの合計: 193pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人間の脳は走りながら進化した。
脳と気持ちが劇的に変わる脳科学からの運動指南。
空前の脳ブームとランニング・ブームを結ぶ待望の書!

「この10年、脳についてたくさんの本を読んできたけれど、本書はもっとも役に立つ1冊だ」
(ドナルド・ミッチェル:amazon.comトップ10レビュワー)

 アメリカ・イリノイ州のとある学区では、朝の授業の前に「0時間体育」の試みを始めたところ、参加する生徒の成績が上がりました。しかも、0時間目の直後に受けた1時間目の教科にとくに顕著な効果が現れたのです。その理由は──予想もしなかった運動と脳の関係にありました。
 運動すると気分がスッキリすることは誰でも知っています。けれどもなぜそうなるのかわかっている人はほとんどいません。本書は「運動と脳」の関係に神経科学の視点から初めてしっかりとメスを入れ、運動するとなぜ学習能力が上がるのか──のみならず、ストレス、不安、うつ、ADHD、依存症、ホルモン変化、加齢といった人間の生活・人生全般に影響を及ぼすのか、運動がいかに脳を鍛え、頭の働きを取り戻し、気持ちを上げるかを解き明かします。

出版社からのコメント

●「運動で脳が甦った!」──驚きのエピソードが満載
●「こんな運動をしよう」──各章ごとに最適な運動を解説

「脳を活かす~」式の本が巷に溢れていますが、最新の脳科学が証明する身も蓋もない事実はズバリ──「運動すれば脳はよくなる」のです! しかもさまざまな面で。運動は、体のためよりもまず第一に脳のため。これは、あなたの人生を変える一冊です!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 350ページ
  • 出版社: NHK出版 (2009/3/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140813539
  • ISBN-13: 978-4140813539
  • 発売日: 2009/3/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 141件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 392位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
1. 背景、目的
運動をする事によって、脳は活性化する。Youtubeで精神科医の樺沢紫苑先生に行き着き、脳トレを分かりやすく継続出来る具体的なメニューを発信されており、習慣化する事を今年の目標に掲げていました。それにより、さらに自分が必要としている脳トレの知識を深める事を目的に本書を手に取りました。
また、ここ1ヶ月の脳トレからより運動をしたいと思う欲求が生まれて来ました。それは、運動すると気分が良くなるだけでなく、自分を肯定的に捉えられるようになり、気分が落ち込んでも、身体を動かしてスッキリすると、自分はきっと大丈夫で、信頼出来ると思えるようになり、態度もすっかり変わる。この日課を定着させるだけで、気分が大きく改善する事が分かり、脳トレに深掘りしたいと思いました。

2. 3つの気づき
➀運動強度について
運動する上で、重要なポイントが運動強度である。運動強度は、運動の負荷に値するので、心拍数を確認し、身体の負荷を明確にする事で、自分に合った適切な運動量をこなす事が出来るようになる。運動強度によって、心拍数が決めらており、低強度は、最大心拍数(220−年齢を引いた値)の55〜65%、中強度は65〜75%、高強度は75〜90%。ちなみに、低強度はウォーキング、中強度はジョギング、高強度はランニングに該当する。
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
一種の教則本で、どのように脳を鍛えるのかについて書かれているのかと思っていたが、いい意味で期待を裏切られた。
つまり、単に脳の鍛え方のみならず、その必然性について、実績や実証データを用いて解説するしている書物であった。
みなさんに読んでもらいたい一冊である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
運動をするべき根拠と効果が書いてあります。
要約すると運動することで脳を鍛えることができることを医学的な根拠に基づいて記載されています。
ホルモンバランスの異常、ストレス、うつなども脳細胞の異常から起こることらしいですが、それら全てが運動によって改善に向かうことが実験的な根拠に基づいて記載されています。
あまりにも理論的にかいてあるものですから最初の方で、『運動してなくてすみません。もう運動はじめるから許して』となりました。
脳を正常に使うためには運動が必須であるということは最近の研究で明らかになったことらしく、それほどメジャーではありません。
運動に対する常識を世界的に変えるためにも是非多くの方に読んでほしい一冊です。
少し難しく取っつきにくいところが多くあります。ただし本質ではありませんので全て理解できなくても十分です。まずは一読下さい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私は運動は苦手で、嫌い。やる気が起きない。
そもそもうつ病で動くのさえ辛い。
そんな私でも、この本を一度読めば、運動せずにはいられない。
精神論は微塵もない。ただただ、運動するとどれだけ素晴らしい副産物があるかを、膨大なデータを詳らかにしながら熱く説いている。
とりわけ、脳に及ぼす計り知れない効用は、うつ病である私にとってどれだけ励みになったかわからない。
この本の読了を機にジョギングを始めたが、今ではマラソン大会に出場するまでになった。
運動が日常に加わると、人生が一変した。これは脳がそうさせているに他ならない。
本書はあまりに多数の効用が書かれているが、単純に「脳が良い方に向かっていく」ということはわかる。
うつ病がやはり脳の病気であったということをしみじみと感じる。
人生を救った本である。
感謝の言葉しか見つからない。
コメント 639人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
1.運動と学習
ある高校で「0時間目体育」を実施したところ、参加した生徒は実施以前に比べ明らかに成績が向上した。その際の運動内容では、成果よりも高い運動状態を保つことに重点が置かれ、具体的には心拍数を最大の75〜90%に保ちながら運動することに重点が置かれた。
2.運動と脳
運動をすることで、脳のニューロンの数が増えることが判明した。運動は、短期的には、運動直後の学習効率を向上させ、長期的には脳を活性化させる。
3.運動とストレス
ストレスは過大でない限りにおいて、人間のストレス免疫を高め、また健康を促進させる。運動をすることで、適度なストレスを身体に与え、上記の効果をもたらすと共に、過剰なストレスを溜め込むことを防止する効果がある。
4.運動と精神障害
運動は、不安障害、うつ病、注意欠陥障害、依存症などに対して少なくとも症状を緩和させ、場合によっては治癒させる効果があることが分かった。
5.運動と女性ホルモン
運動は、女性のPMS(月経前症候群)の症状を緩和させる効果がある。妊娠時においてさえも、ある程度の運動をすることは母体、胎児両方に良い影響がある。
6.運動と加齢
日常的に運動をしている健康な高齢者は、認知症を患う確率が非常に低いことが分かっている。人間の心身の老い
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー