Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,100

¥ 168の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ジョンJ.レイティ, エリック・ヘイガーマン]の脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方
Kindle App Ad

脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方 Kindle版

5つ星のうち 4.5 140件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,100

商品の説明

内容紹介

人間の脳は走りながら進化した。
脳と気持ちが劇的に変わる脳科学からの運動指南。
空前の脳ブームとランニング・ブームを結ぶ待望の書!

アメリカ・イリノイ州のとある学区では、朝の授業の前に「0時間体育」の試みを始めたところ、参加する生徒の成績が上がりました。しかも、0時間目の直後に受けた1時間目の教科にとくに顕著な効果が現れたのです。その理由は──予想もしなかった運動と脳の関係にありました。
運動すると気分がスッキリすることは誰でも知っています。けれどもなぜそうなるのかわかっている人はほとんどいません。本書は「運動と脳」の関係に神経科学の視点から初めてしっかりとメスを入れ、運動するとなぜ学習能力が上がるのか──のみならず、ストレス、不安、うつ、ADHD、依存症、ホルモン変化、加齢といった人間の生活・人生全般に影響を及ぼすのか、運動がいかに脳を鍛え、頭の働きを取り戻し、気持ちを上げるかを解き明かします。

第1章 革命へようこそ―運動と脳に関するケーススタディ
第2章 学習―脳細胞を育てよう
第3章 ストレス―最大の障害
第4章 不安―パニックを避ける
第5章 うつ―気分をよくする
第6章 注意欠陥障害―注意散漫から脱け出す
第7章 依存症―セルフコントロールのしくみを再生する
第8章 ホルモンの変化―女性の脳に及ぼす影響
第9章 加齢―賢く老いる
第10章 鍛錬―脳を作る

出版社からのコメント

●「運動で脳が甦った!」──驚きのエピソードが満載
●「こんな運動をしよう」──各章ごとに最適な運動を解説

「脳を活かす~」式の本が巷に溢れていますが、最新の脳科学が証明する身も蓋もない事実はズバリ──「運動すれば脳はよくなる」のです! しかもさまざまな面で。運動は、体のためよりもまず第一に脳のため。これは、あなたの人生を変える一冊です!


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 768 KB
  • 紙の本の長さ: 345 ページ
  • 出版社: NHK出版 (2009/3/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00JDLBEFW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 140件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,884位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私は運動は苦手で、嫌い。やる気が起きない。
そもそもうつ病で動くのさえ辛い。
そんな私でも、この本を一度読めば、運動せずにはいられない。
精神論は微塵もない。ただただ、運動するとどれだけ素晴らしい副産物があるかを、膨大なデータを詳らかにしながら熱く説いている。
とりわけ、脳に及ぼす計り知れない効用は、うつ病である私にとってどれだけ励みになったかわからない。
この本の読了を機にジョギングを始めたが、今ではマラソン大会に出場するまでになった。
運動が日常に加わると、人生が一変した。これは脳がそうさせているに他ならない。
本書はあまりに多数の効用が書かれているが、単純に「脳が良い方に向かっていく」ということはわかる。
うつ病がやはり脳の病気であったということをしみじみと感じる。
人生を救った本である。
感謝の言葉しか見つからない。
コメント 626人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
1. 背景、目的
運動をする事によって、脳は活性化する。Youtubeで精神科医の樺沢紫苑先生に行き着き、脳トレを分かりやすく継続出来る具体的なメニューを発信されており、習慣化する事を今年の目標に掲げていました。それにより、さらに自分が必要としている脳トレの知識を深める事を目的に本書を手に取りました。
また、ここ1ヶ月の脳トレからより運動をしたいと思う欲求が生まれて来ました。それは、運動すると気分が良くなるだけでなく、自分を肯定的に捉えられるようになり、気分が落ち込んでも、身体を動かしてスッキリすると、自分はきっと大丈夫で、信頼出来ると思えるようになり、態度もすっかり変わる。この日課を定着させるだけで、気分が大きく改善する事が分かり、脳トレに深掘りしたいと思いました。

2. 3つの気づき
➀運動強度について
運動する上で、重要なポイントが運動強度である。運動強度は、運動の負荷に値するので、心拍数を確認し、身体の負荷を明確にする事で、自分に合った適切な運動量をこなす事が出来るようになる。運動強度によって、心拍数が決めらており、低強度は、最大心拍数(220−年齢を引いた値)の55〜65%、中強度は65〜75%、高強度は75〜90%。ちなみに、低強度はウォーキング、中強度はジョギング、高強度はランニングに該当する。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「脳を鍛えるには運動しかない!」という大きなフォントのタイトルが気になった。そして、副題に衝撃を受けた。「脳細胞の増やし方」増えるのか?

しかし、300ページを越える厚さと脳内物質やホルモンの様々な名称・略号に圧倒された。どうしようか。。。。だが読んで正解だった。

第1章では、アメリカのある地区で体育の内容を変える事で劇的に成績と健康状態が良くなったというレポートを紹介している。従来の体育では、結果が出せない生徒にとっては苦痛であるし、面白くない。
だが、この地区では全員に心拍計を付け、心拍数が一定値を超えればその努力を認めることにしているという。運動が苦手でも心拍数が上がっているということは本人としてはかなりの負荷をかけている証拠だからだ。
それから授業に入ることにより、驚異的な成績向上が見られたという。

読み進めていくと、特定の運動が脳細胞を増やしたり心身症等様々な問題を対処することが論理的に述べられている。
本文中にあるが、「医者は最も厄介な患者」であり「医者は保守的」なのだ。だから、そのような人達にも納得させるための厚さなのだろう。
自分は理屈っぽいという人には特に効果的な本だろう。

全部を読みたくなければ、第1章と自分に関係する章を読めば良いだろ
...続きを読む ›
コメント 290人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私はパニック障害と身体的に辛い仮面鬱で5年以上も精神科に通院している者です。
アラフォー、出産経験なし、のせいか『更年期』の疑いもありつつ、抗うつ剤が効いて楽になっているので仕方なく薬を飲み続けているのですが、抗うつ剤で10キロも太ってしまい、悩んでいました。
先生に聞くと『抗うつ剤では太らない』と断言されてしまうのですが、実際服用している方の話では9割近くの人が太ったといいます。
確かに会社で机に座りっぱなし、通勤や買い物は車で『運動』から遠ざかっているのと、中年になって代謝が悪いので多少は太ることは理解していますが、1日に20分程度の運動しても痩せないので意気消沈していました。
 
そんな時に偶然出会ったのがこの本です。
訳がとても上手で読み易いし、著者が何度も何度もあらゆる角度からの『運動のすすめ』を訴えているのがかなり説得力あって、すんなりと入って来ます。
細かい字でぶ厚い本ですが、読みふけってしまいました。
で、読後早速運動量を増やして頑張っています。
一端、絶好調になって効果を実感した後に不調が舞い戻って来ましたが、たまたま他の本でそれを越えれば本当に調子が良くなるので続けるように!!と書いてあったので、それを信じて続けているうちに又、安定してきました。多分、劇的に良くなっても一旦
...続きを読む ›
1 コメント 387人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover