¥ 1,598
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/14

5つ星のうち 4.9 89件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/12/14
"もう一度試してください。"
¥ 1,598
¥ 1,598 ¥ 1,880

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法
  • +
  • ムダにならない勉強法
  • +
  • 「脳の呼吸」を整えればあなたの全身はよみがえる!
総額: ¥4,622
ポイントの合計: 135pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

仕事に必要なやる気、集中力、学習力、記憶力・・・そうした人間の能力について脳のどの部分がどのように関与しているか? それぞれを高めるためには何をしたらいいのか?この本では、精神科医の著者が、そのための具体的な方法を科学的根拠に基づき紹介しています。鍵となるのは7つの脳内物質(ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、アセチルコリン、メラトニン、エンドルフィン)。単なる精神論のビジネス書とはおさらばして、あなたも科学的根拠のある脳を活性させた仕事術を始めてみませんか? この奇跡の7つの脳内物質の働きを知ることで、仕事は劇的に変わります!

出版社からのコメント

アドレナリンやドーパミンといった誰もが一度は聞いたことがある脳内物質、いったいこれらの物質はどのようなときに生まれどのように機能するのか、精神科医の著者が科学的根拠に基づいて教えてくれます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 336ページ
  • 出版社: 文響社 (2016/12/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4905073731
  • ISBN-13: 978-4905073734
  • 発売日: 2016/12/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 89件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 54位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
この本にはあらゆる生活習慣の見直しで
いかに能力が上がるかが満載!
とくにドーパミン仕事術を読んで
スポーツをやって帰ってくる子ども達に
帰宅後の過ごし方をちょっと変えるだけで
学習能力をアップ出来ることを教えたい!
口頭で伝えても
すぐ忘れるので
紙に図解して書き出し
帰宅した子供の目につくところに貼っておきました!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
樺沢先生の新刊ということで、ワクワクしながら読みました。
とても面白く読ませて頂きました。
脳ってこんな風に働くんだ!名前は聞いたことあるけど、全然知らない世界でした。
いろんな仕事術が紹介されていて、全部実践したいところですがそれは無理^^;ということで以下の3つから始めてみたいと思います。
1.朝起きて横になったまま1日どう過ごすかをイメージする。
陽の光を浴びながらすると良いみたいなので早速やってみたいと思います。
2.簡単な運動をする。
机で勉強してる時でも、ちょっと首をリズミカルに1.2.1.2って回すと気分転換になるそうです。
ちょっとやってみました!確かにちょっと疲れたなーっていう時にいいかもしれないです!
3.まずやってみる。
気が向かない時でも、まずはやり始める。するとだんだんやる気が出るそう。
たしかに今まで何となく始めたら結構時間たってた。なんてこともありました。
こういうことだったのか!と納得しました。
朝が弱いんですが、うだうだ起きたくないなーもうちょい寝さしてー。
って考えてる間に1のイメージしてさっさと起きる。
やってみます。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 向井です 投稿日 2016/12/20
すいません。この本の感想を書く前に、私が知っている著者の情報をお伝えします。

著者の樺沢先生、ご存知の方も多いと思いますが長年精神科医で病院勤務をされておりました。
精神医学研究のため2004年、アメリカシカゴの大学に行かれます。
その際、働き方や家族、時間を大切にするアメリカ人にカルチャーショックを受けます。

帰国後は、日本で勤務医を選んでおりません。(臨時病院勤務はしているそうです)
そのまま勤務医を続ければ、日本の大学教授になるコースだったそうです。

大学教授よりも、作家活動、ビジネス講師の道を選びました。
そんな先生が書いている本なので、かなり難解な本だと考えがちですが、非常に読みやすく、分かりやすい文書です。
実践もそんなにハードルが高くありません。

短い時間で集中し、仕事を終わらせ、余暇を楽しむためには、この本が大いに役立ちます。
医学的な説明が満載です。疑うことは出来ませんね...

お薦めです
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
主な脳内物質7種の役割とその活用方法について、皆に役立つ情報が書いてあります。
気づきがありましたので、3つ列記します。この7つの脳内物質のバランスがとても大事です。想像していたより、

1.戦うか逃げるかの脳内物質、アドレナリン、ノルアドレナリンは、緊張すると増加する物質で、短期的には脳力アップに役立つが、リミットを超えると逆効果になる。ノルアドレナリン、アドレナリンが昼間バンバン出てガンガン仕事するのはいいが、夜に少なくすることが重要。低下させるためには、ゆっくり休む、ぐっすり寝る、自覚して深呼吸など。

2.休むことは、認識していたより重要。アセチルコリンは、副交感神経優位の時に出る脳内物質。夜のレム睡眠中にでる。学習記憶に関係。体の修復に関与。アセチルコリンを出すためには、夜リラックスする。場所ニューロンを活性化すること(移動していつもと違う場所で、仕事やお茶するなど)アセチルコリンの低下でアルツハイマーの可能性が増加。

3.エンドルフィンは、自分で出す脳内麻薬。人に感謝すること、人から感謝されることで分泌。まず、身近な人に感謝して、エンドルフィンを出して、幸せになろう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ビジネスマン必読ではないかも知れません。しかし、読んだほうがいいかも知れません。
精神科医がビジネスマンでも読みやすく、その中でも専門的な知識を織り交ぜながら
わかりやすく書いています。

普段の生活で感じる興奮、恐怖、怒りはただ起こるのではなく、脳の中で何かしらの反応があるからでと
理解しました。興奮すると、「今ドーパミン出てるわ~」がわかるので、逆に今ではドーパミンを出すために
あえてこれをしようと、セルフコントロールができる状態になっています。

メンタルトレーニング、セルフコントロールに興味がある、ビジネスマンにお勧めの一冊です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック