Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 897

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[樺沢紫苑]の脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法
Kindle App Ad

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法 Kindle版

5つ星のうち 4.7 107件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 897

紙の本の長さ: 336ページ

商品の説明

内容紹介

仕事に必要なやる気、集中力、学習力、記憶力…そうした人間の能力について脳のどの部分がどのように関与しているか? それぞれを高めるためには何をしたらいいのか?精神科医の著者が具体的な方法を7つの脳内物質(ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、アセチルコリン、メラトニン、エンドルフィン)の科学的根拠に基づき紹介しています。単なる精神論のビジネス書とはお別れしませんか?

出版社からのコメント

アドレナリンやドーパミンといった誰もが一度は聞いたことがある脳内物質、いったいこれらの物質はどのようなときに生まれどのように機能するのか、精神科医の著者が科学的根拠に基づいて教えてくれます。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 13563 KB
  • 紙の本の長さ: 246 ページ
  • 出版社: 文響社 (2016/12/14)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MZD40LQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 107件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 147位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 佐藤 投稿日 2017/1/27
形式: 単行本(ソフトカバー)
精度の高い実験、研究の成果が報告されている昨今、このレベルの本がどうしてここまで評価が高いのか全くわからない。かなり怪しい。
科学的な根拠についての記載が限りなく少なく、脳内のメカニズムの記載も図で説明が無いため全く理解できない本となっている。ここも怪しい。
申し訳程度にブロック図で反応順を書いているが唐突過ぎてさっぱりわけわからない。
いろんな意味で怪しい本である。全くお勧めできない。
1 コメント 189人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
私は一週間以内にレビューが集中するほどの内容ではないと感じました。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
アニメやスポーツ選手などのエピソードを交えて、脳を説明していますが、
一方的な断定が多く、非常に浅いです。

オリジナリティは皆無で、それらしい言葉を寄せ集めたツギハギ本といえます。
なんでこんなに評価が高いのかは、ご想像にお任せします。

初心者の方は、類書ではDaiGoの「自分を操る超集中力」の方が、まだ役に立ちますし、
より脳のことを知りたければ中野信子、池谷裕二などの本が数倍信頼に足るでしょう。

脳の本なのに脳の部位のイラストがないのも致命的。
そんなレベルの本です。

ご参考に。

----追記1-----
私がレビューを投稿して本日で一週間が過ぎましたが、
「Amazon 売れ筋ランキング」では未だに50位以内をキープしております。
しかしながら、私が投稿した後に、一週間でレビューがたったの2件のみ。

これが何を意味しているのか・・・

----追記2-----
本日で約三週間が過ぎましたが、
三週間でレビューが6件だけでした。
コメント 288人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
全体的には充実した内容だと感じます。脳内物質であるアドレナリンやドーパミンやセロトニンなどに対する知識が深まりました。またそれらの脳内物質は互いに密接に関わっていて、そのバランスも大事だということがわかりました。

それぞれの脳内物質を具体的に得る方法はとても参考になり、これを実践すれば万人のパフォーマンスが上がると思います。私が出会った最近の本では間違いなくNo.1だったので星5をあげたかったです。

しかし、アドレナリンの章のデスノートのLの記述にはがっかりしました。低血糖時にアドレナリンの分泌を防ぐために甘いものをとるべきだと奨励していますが、甘いものは低血糖を改善しないということは最近の研究では明らかです。なぜなら、甘いものを食べたあとに急激に血糖値が上がるのでインスリンが分泌されます。このインスリンによって血糖値はかなり低い値、つまりは低血糖に再びなってしまいます。言い換えれば、甘いものは低血糖を改善するには向かないのです。低血糖を改善するには低GIの食品が効果的だということは今や常識です。読書家であり、著名なこの著者がこの間違いをするとは思いませんでした。

ちなみに私がそのことを知ったのは中学三年生の時でNHkのテストの花道という番組でした。著者は読書家なので勿論その事は知っているはずだと思っていました。

この点を考慮して星3にしました。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
図書館で借りて読みました。

簡単にまとめると、ある行動をとることによって脳内物質を上手く発生させて自身をコントロールするという内容です。
しかしながら、読んでるうちにめんどくさくなって後半は軽く目を通すだけで読み終え、結果として実行に移す気も起こらないです。
ホルモンがどういう働きをするのかはわかりましたが、だからといってうまくやれる気がしません。

結局は自分で自分なりの方法を編み出していかなければならないんだなと返って感じさせられました。

結論として、買うほどの本ではないと思います。図書館で借りるくらいが丁度良いです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
基本的には自己啓発系部類に入る本だが、どうしてこうやる気になるのかを脳の分泌物を使ってわかりやすくした本。
自分の脳に興味があるかないかでかなり評価分かれます。
ただ能力を2倍にしたいなら不向きです。
自己の構成するものを理解して、それを自覚すれば、割と身になる本ではあります。

自己啓発系は何冊もいらないので、見方を変えているこれや”GRIT”とあと自分に合った本で十分でしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す