¥ 842
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
脳を守る、たった1つの習慣―感情・体調をコントロー... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳を守る、たった1つの習慣―感情・体調をコントロールする (NHK出版新書 557) 新書 – 2018/7/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書, 2018/7/6
¥ 842
¥ 842 ¥ 1,682

booksPMP

本全品10~20%ポイント還元中(プライム会員限定)

本全品10%ポイントに加え、プライムデー期間中Amazonの全商品対象に合計10,000円以上のお買い物でさらに最大10%のポイントも加算され最大20%ポイントに。 詳細はこちら
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員のお客様は10%ポイント還元。対象商品はAmazon.co.jpの販売する商品に限られます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2018 大賞作品決定!
大賞は 『SHOE DOG(シュードッグ)』 その他の受賞作は>>こちら

商品の説明

内容紹介

ノートで簡単! 「1日1頁」が活きた脳をつくる

60代を過ぎて老年期を迎えた脳は「鍛える」のではなく「守る」もの。ベストセラー『脳が冴える15の習慣』の著者が考えた厳選15項目を、「1日1頁、5分書くだけ」で、脳の機能は維持することができる。脳の三層構造「1脳幹:生命」「2大脳辺縁系:感情」「3大脳新皮質:理性」を理解して、感情・体調をコントロールする!
NHK出版新書『フリーズする脳』『脳が冴える15の習慣』など、累計100万部間近のベストセラー著者による待望の新作!

■目次
第1章 脳のメカニズム──生命・感情・理性から考える
1 脳の3層構造──生命・感情・理性の機能を知る
複雑な脳をシンプルに考える/生命・感情・理性の3層構造
「自分はダメだ……」と人がネガティブになる理由/「脳幹」は生命維持の基礎的な機能
「感情」と「理性」の相互作用/脳は「感情→理性」という順番で働く
「階層性」が崩れると、脳の機能は低下する

2 脳幹──負荷をかけず「守る」もの
「脳幹」はすべての基礎/植物のような一定のリズムが大切
高齢者ほど目覚まし時計が必要/奇跡的に脳が回復した50代男性のケース
「脳幹」のまとめ

3 大脳辺縁系──暴走を防ぎ「しつける」もの
暴走老人を生み出す「大脳辺縁系」の萎縮/喜怒哀楽をやわらかくする
人を動かす大脳辺縁系の2つのエンジン/信頼や感謝がつくるモチベーション
ブラックエンジンとホワイトエンジンの特徴とは?/エンジンの暴走を防ぐ「しつけ」
「ストレス・コーピング」で冷静な感情を取り戻す/「大脳辺縁系」のまとめ

4 大脳新皮質──新たな情報に触れて「育てる」もの
大脳新皮質は理性のハンドル/大量の小銭を持て余す「独居老人」
働かないアリは必ずいる/物事に対して理性的に対処する方法
新たな情報に触れる「彩り」が生活に必要/脳のしわは何のためにあるのか?
「ひらめき」はボーッとした時に生まれる/新聞は黙読ではなく音読する
「大脳新皮質」のまとめ

第2章 体調のコントロール──食事・運動・睡眠の基本を学ぶ
1 食事の基本──「食べる」は朝食で決まる
食事はタイミングがいちばん重要/生活のリズムは「朝食」で決まる
朝食で1日のエネルギーをつくる/食事は1日3回、なるべく同じ時間間隔でとる
昼食はたくさん食べても太りにくい/夕食は寝る3時間前までにとる
早食い・ドカ食いは厳禁/野菜が先の「ベジファースト」
間食ではなく分食/体温を上げるものを食べる

2 運動の基本──「動く」は日常生活で決まる
身体活動代謝は日常生活で決まる/座るよりも立つ、歩く
日常に「ウォーキング」を取り入れる/積極的に「家事」を行う

3 睡眠の基本──「寝る」は準備で決まる
睡眠は準備で決まる/睡眠は量よりも質
気温の変化に気をつける/「日の長さ」に敏感になる
目覚め時には太陽の光を浴びる/毎日の就寝時間と起床時間を決める
寝る前は身体を温める/寝る前はリラックスする
たばこ・カフェイン・過度の飲酒を避ける

第3章 感情のコントロール──心構え・人間関係・仕事のコツを知る
1 心構え──感情に流されずに、立ち止まって思考する
当たり前の中に「発見」する/「枠」をつけて世界を見る
書いて記録し、脳を整理する/変化に気づき、未来に備える
感情の「安全地帯」を持つ/あなただけの「安全地帯」の見つけ方
「何をしに来たんだっけ?」となった時は休息をとる

2 人間関係──他人に左右されずに、自分らしく生きる
「人は感情的な動物」と冷静に見る/自分が感情的になった時は、物理的に距離をおく
時には自分の感情を自然に受け入れる/まわりの人への気遣いを忘れない
ミスを減らし、自分のペースをつくる/片づけは心の整理につながる
「話し上手」は嫌われない/相手にとって「気持ちのいい人」になる
言うべきことは、はっきり伝える/相手から信頼されるため、約束は必ず守る
信頼される人になるための気遣いを持つ/「あうんの呼吸」を大切にする
「言葉は通じるはずだ」と思わない/他人のせいにしない

3 仕事──限界を知り、やるべきことを絞る
脳の仕事はやめてはいけない/ちょっとした行動を変えてみる
大量の情報に流されない/自分の限界を知る
子どもは親を超えていくもの/やるべきことは3つに絞る
「答えのない問題」に答えを求めない

第4章 究極の「1つの習慣」──1日1ページ、ノートを書く
「書く」習慣の意味/「書く」習慣を定着させる3つのポイント
「築山式ノート」の特徴/継続した記録で得られる「積極的安定性」
「築山式ノート」の厳選15項目
1日付(脳幹)/2体重(脳幹)
3血圧(脳幹)/4睡眠(脳幹)
5歩数(脳幹)/6BMI(脳幹)
7食事の記録(脳幹)/8天気・気温(脳幹・大脳辺縁系)
9ToDoリスト(大脳辺縁系)/10音読(大脳新皮質)
11運動(大脳新皮質)/12外出(大脳辺縁系・大脳新皮質)
13コミュニケーション(大脳新皮質)/14外の世界のメモ(大脳新皮質)
15自分のためのメモ(大脳新皮質)
ノートの記録が途切れた時の対策マニュアル/「書く気になれない」場合はどうするか?
「百年大樹」を目指して

内容(「BOOK」データベースより)

60代を過ぎて老年期を迎えた脳は「鍛える」のではなく「守る」もの。ベストセラー『脳が冴える15の習慣』の著者が考えた厳選15項目を、「1日1頁、5分書くだけ」で、脳の機能は維持することができる。脳の三層構造「(1)脳幹:生命」「(2)大脳辺縁系:感情」「(3)大脳新皮質:理性」を理解して、感情・体調をコントロールする!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: NHK出版 (2018/7/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140885572
  • ISBN-13: 978-4140885574
  • 発売日: 2018/7/6
  • 梱包サイズ: 17 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,893位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう